- トップメニュー|検索
記者発表一覧

  

  



上手に使おう 横浜の水

 【記者発表資料】

 水道局国際事業課
  電話: 045-633-0160
  FAX : 045-681-6572


  

 

 

 

横浜ウォーター株式会社が埼玉県秩父地域の持続可能な水道事業経営をサポートします!
〜中長期施設維持管理計画策定業務委託契約を締結〜

 横浜ウォーター株式会社(横浜市中区相生町6-113、社長:五十川 健郎)は、秩父広域市町村圏組合(管理者:久喜 邦康 秩父市長)と「中長期施設維持管理計画策定業務委託」にかかる契約を締結しました。
 横浜ウォーター株式会社は、上水道に関するノウハウをいかし、横浜市と連携して秩父地域の持続可能な水道事業経営をサポートします。
 

 

事業の概要

名称

中長期施設維持管理計画策定業務委託

 

契約相手

秩父広域市町村圏組合

 

期間

平成28年9月1日から平成29年3月17日

 

内容

・水道施設の効率的な維持管理手法の検討

・民間企業に対するサウンディング※

・水道施設の中長期運転維持管理計画(素案)の策定

・設備の更新計画の推進にかかる手法検討

・設備台帳システムの基本構想の検討

※サウンディング…案件の内容・公募条件等を決定する前段階で、民間事業者の意向調査・直接対話を実施すること。



 

秩父広域市町村圏域
 給水人口;104,311人
 一日平均給水量;41,925立方メートル
(秩父広域市町村圏組合ホームページより)

秩父地域の地図 



◆ 秩父広域市町村圏組合について

 ・秩父広域市町村圏組合は、秩父地域5市町(秩父市(ちちぶし)・横瀬町(よこぜまち)・皆野町(みなのまち)・長瀞町(ながとろまち)・小鹿野町(おがのまち)) のゴミ処理や消防業務などを行う一部事務組合です。同地域では、平成28年4月1日から、水道事業を統一し、組合事務のひとつとして経営しています。
 ・面積は埼玉県の約4分の1に相当し、点在する水道施設の管理には多くの労力が必要となっており、民間委託やICTなどを活用し効率的に施設を維持管理する事が求められています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


水道局噴水マーク 横浜市水道局国際事業課 - 2016年9月1日作成 - 2016年9月8日更新
ご意見・問合せ - su-kokusaijigyo@city.yokohama.jp
電話: 045-633-0160 - FAX: 045-681-6572
© 1998-2016 City of Yokohama. All rights reserved.