- トップメニュー|検索
記者発表一覧

  

【記者発表資料】

水道局北部方面配水管理課
電話: 045-542-0551
FAX : 045-542-0564
水道局菊名水道事務所
電話: 045-531-4181
FAX : 045-531-9933

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

港北区におけるバルブからの漏水の復旧に向けた給水ルートの変更作業について

 港北区において水道管に設置したバルブから、漏水が平成28年1月以降発生しています。現在は、仮設排水管を敷設して漏れた水を下水道管に流しているため、水道の利用や道路上への影響はありません。
 これまで、バルブの交換に向けて給水ルートを変更する検討を行ってきましたが、6月下旬から給水ルートの変更作業を行うこととなりました。この作業に伴い水道管内の水の流れる方向が変わるなどの理由から、濁り水が生じる可能性があります。
 水道を御利用の市民の皆様には大変御迷惑をおかけします。作業にあたっては細心の注意を払ってまいりますので、御理解と御協力をお願いいたします。

 

1 漏水の概要

(1)漏水発生日

平成28年1月22日(金)

(2)漏水場所

港北区樽町二丁目 菖蒲園前バス停付近(図1)
鶴見区、港北区、都筑区の一部の約13万戸に送水している口径1.8メートルの送水管から分岐した口径80センチメートルの水道管に設置したバルブ

図1 漏水場所と破損バルブの位置全体地図 図1 漏水場所と破損バルブの位置詳細
図1 漏水場所と破損バルブの位置

(3)対応経過

表1 これまでの対応経過

1月22日(金) ・ 5:00 漏水発生 <漏水量約200㎥/h(写真1)>
・11:20 応急措置(バルブ操作)により漏水量低減 <漏水量約13.5㎥/h>
・ガードマンによる24時間監視(1月26日まで)
1月26日(火) ・バルブの弁室に仮設排水管を敷設し、下水道管へ排水を開始したため、道路上への漏水がなくなる(写真2)
2月上旬から3月中旬まで ・応急措置として破損バルブの止水と防護等の検討
・応急措置後から破損バルブを交換するまでの対応方法を検討
3月15日(火)
3月16日(水)
・応急措置実施中に想定と異なる亀裂の状況が判明(図2)
・止水ができなかったため、破損バルブの交換時期を早めることとした
3月中旬から
6月上旬まで
・破損バルブの交換時期を早めるため、給水ルート変更の検討

 

写真1 漏水発生当初の状況 写真2 現在の状況
写真1 漏水発生当初の状況 写真2 現在の状況

 

想定していた亀裂 右矢印 判明した亀裂
想定していた亀裂   判明した亀裂
図2 破損バルブ状況図

 

2 破損バルブ交換に向けた給水ルートの変更に伴う御理解と御協力について

(1)給水ルートの変更

 破損バルブを交換するためには、口径1.8メートルの送水管を計画的に断水する必要があります。そこで、この送水管から給水している鶴見区、港北区、都筑区の約13万戸(図3の赤色破線で囲われた緑色の地域)について、送水管の断水を行う前に、隣接する別の地域から給水するようにルートの変更を順次行っていきます。その際、青色の水道管については洗浄が必要となります。

 

図3 給水ルート変更概要図
図3 給水ルート変更概要図

 

(2)水道管の洗浄と濁り水

 給水ルートの変更に伴い、一部の水道管では水の流れる方向が変わったり、速度が速くなります(図4)。
 そのため、このような地域では、水道管の内部を洗浄した上で給水ルートの変更を行いますが、場合によっては濁り水が発生する可能性があります。

給水ルート変更前 給水ルート変更後
給水ルート変更前 給水ルート変更後
図4 イメージ図

 

(3)変更作業期間

 給水ルートの変更は平成28年6月下旬から平成29年度当初にかけて順次実施していきます(表2)。
 なお、8月下旬以降の時期や地域の詳細については、現在検討中のため、決まり次第、水道局ウェブサイトで公表します。

 

表2 影響時期と地域(8月下旬以降は検討中)
表2 影響時期と地域(6月下旬から8月上旬まで) 表2 影響時期と地域(8月下旬以降)
※ 横浜市統計ポータルサイトより(平成28年3月31日現在)

 

(4)市民の皆様へのお知らせ

 給水ルートの変更作業は、1回から2回(1回につき数時間)を見込んでいます。変更作業は、可能な限り水の使用量の少ない深夜に行います。影響範囲の市民の皆様には、作業日の5日前から2日前までに「水道局からのお知らせ」(別紙)を投函し、作業への御理解・御協力を依頼します。

<依頼内容>

  • 水のくみおきとともに、万が一、濁り水が発生した場合はきれいになるまでしばらく流す
  • 受水槽をお使いの建物の場合は、受水槽へ濁り水が入らないようにバルブを閉止する
  • 増圧ポンプをお使いの建物の場合は、増圧ポンプ上流側のバルブを閉止する

 

3 給水ルート変更後のスケジュール

 給水ルート変更後は速やかにバルブ交換工事を行います。バルブ交換工事の期間中は濁り水の影響はありません。工事完了後は給水ルートを戻す作業を行いますが、濁り水の影響や詳細な時期は改めてお知らせします。

 


水道局噴水マーク 横浜市水道局北部方面配水管理課 - 2016年6月23日作成
ご意見・問合せ - su-hokubuhaisuikanri@city.yokohama.jp
電話: 045-542-0551 - FAX: 045-542-0564
© 1998-2016 City of Yokohama. All rights reserved.