- トップメニュー|検索
記者発表一覧

  

【記者発表資料】

水道局保全課
電話: 045-633-0174
FAX : 045-664-6739

上手に使おう 横浜の水

 

 

 

 

 

「災害時給水所」新標識デザインを決定しました〜約12,000人の市民の皆様にご投票いただきました〜

 横浜市は、発災時に市民の皆様が飲料水を確保できる施設として、災害用地下給水タンク等の「災害時給水所」を市内全域に整備しています。
 これまでも、防災訓練や様々な広報媒体を通じて、市民の皆様に「災害時給水所」について、お知らせしていますが、平成26年度に実施した「水道に関するお客さま意識調査」(概ね3年毎に実施)では、「災害時給水所」の「具体的な場所を知っている」と回答した方の割合は、14.2%と非常に認知度が低い状況です。
 そこで、このたび、「災害時給水所」の認知度向上を目的として、「災害時給水所」を表す標識の新しいデザインを決めるお客さま投票を実施し、投票結果により、新しいデザインを決定しました。
 多くの市民の皆様の視点を反映した新標識を、来年度から災害用地下給水タンクに順次設置していきます。

 

1 新デザイン

デザイン

新デザイン

コンセプト

  • 水が得られることを表すシンプルなデザイン
  • 人型の配置による親近感
  • 緊急性や災害時を表す

 

新デザイン標識設置イメージ図

既存の標識 新標識イメージ
既存の標識 新標識イメージ

 

2 お客さま投票結果の概要

投票期間

平成27年10月5日(月)から11月6日(金)

投票結果

投票総数

12,491票

 

投票内訳

 案1  案2  案3
8,298票 2,336票 1,857票
66% 19% 15% 

 

投票方法内訳

 投票方法内訳の円グラフ

抽選結果

 全ての投票者から抽選でプレゼントする、横浜水缶及び給水リュックの当選者30名様の発表は、発送をもってかえさせていただきます。(住所、氏名、電話番号まで記入いただいた方に限ります)

 

※12,000人を超えるお客さまに投票していただきました。また、投票期間中に開催された区民まつり等では、投票総数の約5割となる、6,000人あまりのお客さまに直接投票していただき、多くのご意見を伺うことができました。誠にありがとうございました。

 

3 新デザインの標識を設置する災害時給水所

 新デザインの標識は、発災直後から「災害時給水所」として利用可能な、「災害用地下給水タンク」に、平成28年4月以降、順次設置していきます。
 「災害用地下給水タンク」は、横浜市内に、概ね半径1キロメートル圏内を目安に、134基設置しています。

 災害用地下タンクイメージ図
災害用地下給水タンクイメージ図

 

【参考】「災害時給水所」

施設の種類 設置数 想定使用開始時期 操作者 「災害時給水所」標識等での表示方法
災害用地下給水タンク 134か所 発災直後から 共助(市民の皆様) 標識
配水池 23か所 発災初期から 公助(水道局職員) 給水が可能となった時点で、のぼり等を設置します。
緊急給水栓 358か所 発災後概ね4日目以降 公助(水道局職員)

 

4 新デザインの活用方法等

 新デザインは、「災害時給水所」の標識として、「災害用地下給水タンク」に設置するほか、災害用パンフレット等、様々な広報媒体にも使用し、災害時の飲料水確保場所を、市民の皆様に広く周知していきます。
 この機会に、お住まいの地域で発災直後から「災害時給水所」となる「災害用地下給水タンク」の場所をご確認ください。

 

 


水道局噴水マーク 横浜市水道局保全課 - 2015年11月25日作成
ご意見・問合せ - su-hozen@city.yokohama.jp
電話: 045-633-0174 - FAX: 045-664-6739
© 1998-2015 City of Yokohama. All rights reserved.