- トップメニュー|検索
記者発表一覧

  

 

【記者発表資料】
水道局国際事業課
電話: 045-633-0160
FAX : 045-681-6572
上手に使おう横浜の水



横浜ウォーター(株)がナイジェリア国連邦首都区の無収水削減プロジェクトを受託しました! 〜 アフリカ地域での初プロジェクト 〜

 横浜ウォーター株式会社は、このたび、八千代エンジニヤリング株式会社と連携し、独立行政法人国際協力機構(JICA)が実施する「ナイジェリア国連邦首都区無収水削減プロジェクト」を受託しました。横浜市が設立した横浜ウォーター株式会社は、上下水道に関するノウハウを生かした事業展開を進めています。横浜市も研修員の受入などを通じて活動を支援し、アフリカの水事情の改善に貢献してまいります。


 ※無収水とは:水道管からの漏水などにより、料金徴収の対象とならなかった水のことです。


事業概要

 本事業では、横浜ウォーター(株)が有する漏水調査をはじめとした無収水削減対策のノウハウを活かし、ナイジェリア国の連邦首都区で給水事業を担う水道公社の能力強化を図り、現在約38%と高い無収水率の削減を目指します。

 具体的には、無収水率の定期的な測定・管理の実施や、効果的な対策や作業手順を確立するとともに、本邦研修を通じて人材育成に寄与します。


活動期間

JICAアフリカ研修・漏水調査(平成25年実施)
JICAアフリカ研修・漏水調査(平成25年実施)

 平成26年11月〜平成30年3月


参加企業

 八千代エンジニヤリング株式会社

 横浜ウォーター株式会社


事業内容

  • 無収水の測定、管理支援
  • 無収水削減活動の管理、実施支援
  • 無収水削減戦略計画の策定支援
  • OJTやワークショップ形式による担当者への技術移転
  • 本邦研修 など

水道局とアフリカのつながり

 平成20年5月に横浜で開催された第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)を契機として、JICA及び横浜ウォータ(株)と連携して、アフリカからの研修員を受け入れています。昨年までに25カ国から74人の上水道技術者が研修に参加しています。




水道局噴水マーク 横浜市水道局国際事業課 - 2014年11月11日作成
ご意見・問合せ - su-kokusaijigyo@city.yokohama.jp
電話: 045-633-0160 - FAX: 045-681-6572
© 1998-2014 City of Yokohama. All rights reserved.