- トップメニュー|検索
記者発表一覧

  



「上手に使おう横浜の水」

【記者発表資料】

水道局経営企画課
  電話:045-633-0144
     FAX:045-663-6732


 


 

 

「スイドウおしゃべり広場」を開催します!

インフラ老朽化の波は水道にも!?ある日突然、蛇口から水が出なくなったら。。。
〜みんなで、「水道」について考えてみませんか〜

 中央自動車道「笹子トンネル」の天井崩壊事故をきっかけに、生活を支えるインフラの老朽化問題が注目されています。高度経済成長期に大量に造られた橋や道路、学校などが一斉に寿命を迎え、維持管理や改築に莫大な費用が必要となるからです。水道も例外ではありません。
 そこで、インフラ老朽化問題の第一人者である根本祐二東洋大学教授をお迎えし、この問題について分かりやすく解説していただきます。あわせて横浜市水道局での取組をご紹介した上で、参加者の皆様同士で「水道」について、あれこれおしゃべりする場を設けました。
 日々の生活に欠くことのできない「水道」をよりいろいろな視点から考えていただく機会になればと思っています。

 

日時

 平成25年3月25日(月)14時30分〜17時15分

会場

 アプローズ(横浜メディア・ビジネスセンター1F)

参加料

 無料

参加資格

 横浜市内在住、在勤、在学の方

定員

 100人(先着順)

申込み方法

 (1)電話(2)FAX(3)Eメールのいずれかの方法で「行事名、氏名、電話番号」をお知らせください。

 

 (1)電話 045-633-0144

 (2)FAX 045-663-6732

 (3)Eメール su-keieikikaku@city.yokohama.jp

 

 【申込み先】水道局経営企画課までお申込みください

 【申込み期限】平成25年3月22日(金)

主催

 横浜市水道局経営企画課

会場案内図

 会場案内図

 

〈アクセス方法〉

 JR関内駅北口より徒歩5分
 みなとみらい線馬車道駅7番出口より徒歩5分
 横浜市営地下鉄関内駅より徒歩4分

 

プログラム

 

第1部 講演 【テーマ】インフラ老朽化の現状と課題について

 (1)日本の社会インフラの現状と課題について 【講師】根本祐二氏(東洋大学経済学部教授)

 

 (2)横浜市の水道インフラの状況について(管路更新を事例として)【説明者】横浜市水道局

 

第2部 意見交換会

 【ファシリテーター】沼田真一氏(ビッグバン・ヌマ株式会社 代表取締役)

 

 ※グループ形式による意見交換会となります。
 ※当日取材をご希望の際は、受付にお申込みください。事前に御連絡いただければ幸いです。

 

 

 


水道局噴水マーク 横浜市水道局経営企画課 - 2013年3月6日作成
ご意見・問合せ - su‐keieikikaku@city.yokohama.jp
電話: 045-633-0144 - FAX: 045-663-6732
© 1998-2013 City of Yokohama. All rights reserved.