- トップメニュー|検索
水道局の取り組み
安心・おいしい水への取り組み
環境保全の取り組み
老朽管更新の取り組み
道志水源の保全
道志水源林
道志水源林プラン
道志水源林ボランティア
道志の森インストラクター制度
水のふるさと道志の森基金
公益信託道志水源基金
生活排水処理事業への助成
NPO・ボランティア団体等の道志水源保全活動に対する助成制度
水源エコプロジェクト W-eco・p(ウィコップ)
国際貢献の取り組み
技術開発の取り組み
公民連携の取り組み
水道のPR
水のマイスター制度
インターネット水道モニター
その他

  

道志水源林

 水源林は、雨水をたっぷりと吸収し、良質な地下水に浄化するとともに洪水を調整したり土砂の流出や渇水を防ぐ機能(水源かん養機能)を持っています。
 横浜市の水源、道志川が流れる山梨県南都留郡道志村。丹沢山塊を北側に越えた村に、横浜市水道局が保有する広大な水源林があります。道志村は降雨量が多く、また豊かな森林にも恵まれており、そこで育まれた道志川の水質は極めて良好です。
 大正5(1916)年に横浜市が山梨県から山林を購入して以来、100年余にわたり、道志水源林は「赤道を越えても腐らない」と賞賛された道志川の水を横浜市民に安定して送り続けるため、重要な役割を果たしてきました。

水源林の働き(水源かん養機能)

道志水源林の現況

 横浜市が所有する水源林の面積は2,873ha、これは道志村の総面積7,957ヘクタールの約36%にあたります。
 ヒノキを中心とした人工林が762ha、ブナなどの広葉樹やモミ・ツガなどの針葉樹の天然林が1,799ha、沢すじやがけ地等が312haあります。

道志の山々、道志川

道志水源林の現況
[拡大図はこちら]

人工林の保護育成

 道志水源林の約27%を占める人工林は、植林後の手入れが不十分だと保水能力が低下するため、下草刈り、間伐等、森林の保護育成作業を行い、針葉樹と広葉樹が混生する「針広混交林」を目指し管理しています。

リンク集

▲ このページのTOPへ


水道局噴水マーク 横浜市水道局浄水課 - 2011年2月24日作成 - 2017年3月13日更新
ご意見・問合せ - su-josui@city.yokohama.jp
電話: 045-633-0178 - FAX: 045-663-8820
© 1998-2017 City of Yokohama. All rights reserved.