- トップメニュー|検索
水道局の取り組み
安心・おいしい水への取り組み
環境保全の取り組み
老朽管更新の取り組み
道志水源の保全
国際貢献の取り組み
技術開発の取り組み
公民連携の取り組み
水道のPR
水のマイスター制度
インターネット水道モニター
その他
水質試験の受託
お客さま意識調査
情報提供依頼(RFI)
水道局懲戒処分の標準例
事業評価の制度
専門アドバイザー制度
横浜市水道事業の将来を考える懇談会
よりよい水道局をめざして(職員による改善の取り組み)
管路研修施設の貸出
川井最終処分場の管理状況

  

横浜市水道事業の将来を考える懇談会

目的

 本市の水道事業は、平成18年7月に策定した「横浜水道長期ビジョン・10か年プラン」と、その実施計画である中期経営計画(平成24年度‐27年度)に基づき、事業経営を行っています。
 現行ビジョンの策定から9年目を迎え、人口減少社会の到来や東日本大震災の経験など、水道事業を取り巻く環境は大きく変化しています。国では、昨年3月に「新水道ビジョン」が策定され、本市においても今年度から、20〜30年後を見据えた新たなビジョンの検討に着手しています。
 検討を進めるにあたり、将来像に関する有識者やお客さまの声も幅広くいただくため、「横浜市水道事業の将来を考える懇談会」を開催します。

会員の構成

 各分野の専門的知見に基づき助言をいただく横浜市水道局専門アドバイザーに加えて、水道利用者などの立場から意見をいただける方を会員としました。

 

開催予定期間

 平成26年6月から平成28年3月まで

懇談会の記録

第1回(開催日:平成26年6月10日)

第2回(開催日:平成26年7月31日)

第3回(開催日:平成26年9月4日)

第4回(開催日:平成27年1月20日)

第5回(開催日:平成27年6月2日)

第6回(開催日:平成27年8月19日)

※PDF(Portable Document Format)をご覧になるには「Adobe Acrobat Reader」(無料)が必要です。
下のアイコンよりダウンロードして下さい。

 

▲ このページのTOPへ


水道局噴水マーク 横浜市水道局経営企画課 - 2014年7月17日作成 - 2015年9月24日更新
ご意見・問合せ - su-keieikikaku@city.yokohama.jp
電話: 045-633-0143 - FAX: 045-663-6732
© 1998-2015 City of Yokohama. All rights reserved.