- トップメニュー|検索
水道局の取り組み
安心・おいしい水への取り組み
環境保全の取り組み
老朽管更新の取り組み
道志水源の保全
国際貢献の取り組み
技術開発の取り組み
公民連携の取り組み
水道のPR
水のマイスター制度
インターネット水道モニター
その他

  

 横浜水道 安全・安心 パートナー(燃料供給)

断水時に活躍する給水車
断水時に活躍する給水車

 水道局では、多くの市民の命の水であり、生活になくてはならない水道水をお届けするため、地震災害等に備えて大規模停電発生時に不足する浄水場等の非常用発電設備に必要な燃料や、断水時に水道水を運搬する給水車等に必要な燃料を確保しなければなりません。
 このようにいざという時に必要な燃料を確保することを主な目的として、燃料を取り扱っている事業者様に「横浜水道 安全・安心 パートナー(燃料供給)」として御登録・御協力いただいています。

 

<目次>

 1 登録事業者様の御紹介

 2 緊急時の燃料供給協力の概要

 3 水道施設等における燃料の必要性

 4 パートナー登録への御案内

 5 参考資料


1 登録事業者様の御紹介

 緊急時における燃料供給協力の趣旨に御賛同いただき、現在42者の燃料を取り扱う事業者様に「横浜水道 安全・安心 パートナー(燃料供給)」に御登録をいただいています。

登録事業者様一覧

株式会社アセント(平成25年4月登録) 有限会社阿部石油(平成26年4月登録)
岩岡商事株式会社(平成26年4月登録) 株式会社神奈川アポロイル(平成25年4月登録) 
株式会社金子商会(平成25年6月登録) 久良岐屋商事株式会社(平成25年4月登録)
久良岐屋石油株式会社(平成25年4月登録) 國際油化株式会社(平成25年4月登録)
株式会社広栄商会(平成25年4月登録) 株式会社サンオータス(平成25年4月登録)
三和石油株式会社(平成25年4月登録) 山和石油株式会社(平成25年4月登録)
株式会社新横浜サービスステーション(平成25年4月登録) 株式会社伸和石油(平成25年4月登録)
第十興産株式会社(平成25年6月登録) 有限会社太陽住宅設備(平成25年4月登録)
太陽石油株式会社(平成26年4月登録) 大洋石油株式会社(平成26年4月登録) 
株式会社高善商店(平成25年4月登録) 有限会社千歳石油商会(平成25年4月登録)
鶴見油脂株式会社(平成25年4月登録) 巴商事株式会社(平成26年4月登録)
株式会社西川商店(平成26年4月登録) 日新商事株式会社(平成25年11月登録)
有限会社二宮石油商会(平成25年6月登録) 橋本産業株式会社(平成25年4月登録)
株式会社東戸塚石油(平成26年2月登録)  株式会社藤岡商店(平成25年4月登録)
双葉石油株式会社(平成25年4月登録) 株式会社豊和石油(平成25年6月登録)
株式会社星(平成25年6月登録) 株式会社三浦商会(平成25年10月登録)
株式会社豊商会(平成25年4月登録) 横浜マリン石油株式会社(平成26年4月登録)
横浜油材株式会社(平成25年4月登録)  有限会社吉田商店(平成25年4月登録) 
株式会社渡商会(平成26年4月登録)   

 

 ※上記の他にも、社名の掲載を希望されない登録事業者様が5者いらっしゃいます。

 ※掲載は五十音順です(敬称略)。

 ※リンク先のホームページの内容等につきましては、運営されている事業者様にお問い合わせください。

 

2 緊急時の燃料供給協力の概要

(1) 緊急時に供給協力可能な場所・油種等の項目を、事前にご登録いただきます。

   具体的な場所は、

   ・水道局各事業所(自家発電設備)

   ・店頭給油(車両)

   ・水道局本庁舎(自家発電設備)

   ・ 他都市派遣

   の4区分となっています。

 

(2) 緊急時に燃料が必要となった場合、水道局から登録事業者様に供給協力をお願いします。

 

(3) 登録事業者様に、供給可能な範囲(燃料の在庫がある場合又は調達の見込みがある場合など)で燃料を供給していただきます(この登録制度において、供給協力は義務ではありません。)。

 

3 水道施設等における燃料の必要性

浄水場・配水ポンプ場等の非常用発電設備に必要な燃料

 災害に伴う大規模停電発生時においても、水道水を御家庭にお届けするためには、浄水場や配水ポンプ場等の運転を維持する必要があります。このため、水道局では、市内の3か所の浄水場及び7か所の配水ポンプ場に非常用発電設備を整備しています。

 このなかで、市内で最も大きい小雀浄水場の非常用発電設備では、停電発生から約40時間以降に燃料の補給が必要となります。

給水車・復旧関係車両の燃料

 水道局では、災害時の応急給水に備えて給水車を19台、その他車両を約400台保有しています。このほか、東日本大震災の被災地の仙台市では、各地から応援により約60台以上の給水車が集まった実績があります。

 水道局では、日頃から災害時の燃料不足に備え、燃料を1/4消費した時点で給油するよう努めていますが、復旧が長期に及び、深刻な燃料不足が発生した場合、これらの車両にも給油が必要となります。

水道局事務所等の非常用発電設備に必要な燃料

 水道局は市内外の広いエリアにわたって複数の事務所等を有しており、災害時においても業務を継続するために事務所間での連携を取ることが必要です。そのため通信設備を設置するとともに復旧の拠点となる事務所等に非常用発電設備を整備しており、これらの設備に燃料の補給が必要となります。

4 パートナー登録への御案内

 平成25年4月にスタートした、「横浜水道 安全・安心 パートナー(燃料供給)」には、お蔭様をもちまして、多くの事業者様に御登録・御協力していただいています。この制度の募集は随時行っておりますので、趣旨に御賛同いただける事業者様には是非とも御協力いただければ幸いです。

 なお、御協力いただける場合は資料を御確認の上、「横浜市水道局 緊急時燃料供給協力事業者 登録御申出書」に必要事項を記入し、Eメールで送信もしくは郵送してください。

募集対象

 ・ 横浜市一般競争入札有資格者名簿に登載(種目:燃料)されている事業者様

 ・ 上記のほか、横浜市内に本社を有し燃料の供給が可能な事業者様

募集先

 横浜市水道局経理課(横浜市中区山下町23番地)   電話 045-633-0152 FAX 045-663-6732

 

5 参考資料

(1) 横浜市水道局 緊急時燃料供給協力事業者 登録御申出書 Word 45KB)

(2) 横浜市水道局 緊急時燃料供給協力事業者 登録御申出書(記入見本) Word 52KB)

(3) 横浜市水道局 緊急時燃料供給協力事業者登録要綱 PDF 193KB)


 

 

 Word 文書をご覧になるためには、Microsoft® Word や OPenOffice.org 等の、Word 文書に対応したソフトウェアが必要です。
 ご利用のパソコンの OS が Windows2000 以降の場合は、次のリンク先より Word Viewer (無料) をダウンロード、インストールすることに
より、Microsoft Word がインストールされていないパソコンでも Word 文書の表示および印刷ができます。
 Microsoft ダウンロードセンター:Word Viewer

 

 ※PDF(Portable Document Format)をご覧になるには「Adobe Acrobat Reader」(無料)が必要です。
左のアイコンよりダウンロードして下さい。

▲ このページのTOPへ


水道局噴水マーク 横浜市水道局総務課 - 2013年3月22日作成 - 2016年9月16日更新
ご意見・問合せ - su-somu@city.yokohama.jp
電話: 045-633-0130 - FAX: 045-664-6774
© 1998-2016 City of Yokohama. All rights reserved.