- トップメニュー|検索
水道局の取り組み
安心・おいしい水への取り組み
災害対策
ISO9001
水道GLP
道路内老朽給水管改良促進事業
鉛製給水管の解消
子供たちが水道水を飲む文化を育む事業
石綿セメント水道管
全国初! 水まわりの相談コーナー
環境保全の取り組み
老朽管更新の取り組み
道志水源の保全
国際貢献の取り組み
技術開発の取り組み
公民連携の取り組み
水道のPR
水のマイスター制度
インターネット水道モニター
その他

  

鉛製給水管の解消

 鉛製給水管は、水道が普及し始めたころから、昭和20年代まで、柔らかく加工や修理が容易なため、口径25mm以下の水道管として広く使われていました。しかし、鉛製給水管は漏水が多く、健康に影響があることから、横浜市は、昭和53年度から鉛管の使用を全面的に廃止しました。
 水道局は、より一層安全で良質な水道水の供給、漏水の未然防止、災害に強い水道の構築などを目的に、お客さま所有の給水管に使用されている鉛製給水管を解消する取り組みを行っております。

宅地内鉛管改良工事助成制度の事業終了のお知らせ

 「宅地内鉛管改良工事助成制度」は、宅地内に使用されている鉛製給水管改良の推進及びお客さまの改良工事費用の負担の軽減を目的に、平成16年から導入してきました。
 この事業が開始から10年経過し、事業が進捗したことに伴い申請件数が年々減少していること、また、「パイプイン・エコ工法」(水道メーターの満期取替えに伴い実施)により改良が進んだことから、事業継続について検討し、平成27年度をもって事業を終了しました。


事業終了日

 平成28年3月31日



パイプイン・エコ工法

 掘削せずに鉛製給水管を改良するパイプイン・エコ工法について。

▲ このページのTOPへ


水道局噴水マーク 横浜市水道局給水維持課 - 2011年2月24日作成 - 2016年4月11日更新
ご意見・問合せ - su-kyusuiiji@city.yokohama.jp
電話: 045-633-0174 - FAX: 045-664-6739
© 1998-2016 City of Yokohama. All rights reserved.