- トップメニュー|検索

     横浜市トップページ > 水道局トップページ  > 事業の紹介 > 横浜市の水道事業 > 横浜水道の歴史

横浜市水道事業
水道事業概要
経営形態
横浜水道の歴史
水道局の予算・決算
各種方針・プラン
西谷浄水場再整備事業
川井浄水場再整備事業
水道事業ガイドラインに基づく業務指標
水道事業工業用水道事業統計年報
水道関連法令
組織一覧
手続きについて

  

横浜水道の歴史

横浜水道の歩み

1 近代水道の創設

2 第1回・第2回拡張工事

3 関東大震災と太平洋戦争による被害

4 戦後の復興、高度経済成長期の水需要増加への対応

5 宮ケ瀬ダムの本格稼働〜現在

 

横浜水道アーカイブス

 横浜水道の歴史、文化財、施設に関連する写真です。 

 

創設当時の吉田橋からの散水風景 創設当時の横浜市水道局の庁舎 創設時の水道管 獅子頭共用栓
創設当時の消火栓の放水
(吉田橋上)
横浜水道事務所 最古の水道管 獅子頭共用栓


 

西谷浄水場計量器室 引地水道橋 セラロッカ  道志川水源
西谷浄水場濾過池整水室上屋
3号棟ほか(登録有形文化財)
引地川水道橋 川井浄水場(セラロッカ)の
膜処理装置
横浜市の水源の一つ道志川

 

沿革〜横浜市と近代水道の歩み〜

事柄
1859(安政6)年 横浜開港
1887(明治20)年 横浜に日本初の近代水道完成(三井取水所、野毛山浄水場)
10月17日給水開始
1889(明治22)年 横浜市誕生(4月1日) 
1890(明治23)年 水道条例制定 横浜市に水道移管
1897(明治30)年 道志川から取水開始
1901(明治34)年〜
1915(大正 4)年
第1回〜第2回拡張工事完成
(野毛山浄水場増強、川井・西谷浄水場、鮑子取水所、青山沈でん池)
1916(大正5) 山梨県から道志村内の山林約2,780haを購入し、水源林の管理を開始
1923(大正12)年 関東大震災
1937(昭和12)年〜
1941(昭和16)年
第3回拡張第1期・第2期工事完成
(西谷浄水場増強、青山沈でん池増強、鮑子取水口改造)
1942(昭和17)年 人口100万人を超える
1945(昭和20)年 太平洋戦争 終戦
1947(昭和22)年 相模湖完成
1954(昭和29)年〜
1965(昭和40)年
第4回〜第6回拡張工事(西谷浄水場増強、相模原沈でん池、鶴ヶ峰・小雀浄水場、寒川取水施設の整備)
1959(昭和34)年 横浜開港100年
1965(昭和40)年 津久井湖完成
1968(昭和43)年 人口200万人を超える
1971(昭和46)年〜
1980(昭和55)年
第7回〜第8回拡張工事完成(小雀・西谷浄水場及び導水管増強、港南台他各配水池築造)
1978(昭和53)年 丹沢湖完成
1986(昭和61)年 人口300万人を超える
1987(昭和62)年 近代水道創設100周年
2001(平成13)年 宮ケ瀬湖完成
2003(平成15)年 「はまっ子どうし」発売開始
2004(平成16)年 山梨県道志村と友好・交流に関する協定を締結
2009(平成21)年 「特定非営利活動法人道志水源林ボランティアの会」設立
2009(平成21)年 横浜開港150周年
2010(平成22)年 鶴ヶ峰浄水場廃止
2014(平成26)年 川井浄水場(セラロッカ)竣工
2014(平成26)年 大環状線整備完了
2015(平成27)年 西谷浄水場創設100周年
2015(平成27)年 小雀浄水場創設50周年
2016(平成28)年 道志水源林100年

 

 

▲ このページのTOPへ


     横浜市トップページ > 水道局トップページ  > 事業の紹介 > 横浜市の水道事業 > 横浜水道の歴史

水道局噴水マーク 横浜市水道局総務課 - 2011年2月24日作成 - 2016年11月29日更新
ご意見・問合せ - su-somu@city.yokohama.jp
電話: 045-633-0130 - FAX: 045-664-6774
© 1998-2016 City of Yokohama. All rights reserved.