- トップメニュー|検索
はまっ子どうし
取扱店リスト
ご注文方法
レシピ紹介
パートナー商品
ダウンロード

  

「はまっ子どうし The Water」の販売と連動したAPEC横浜開催でのカーボン・オフセット事業

 カーボン・オフセットとは、自身の温室効果ガス排出量について認識し、可能な限り削減努力を行ったのち、どうしても削減できない量の全部または一部を、他の場所で実現した削減・吸収量でオフセット(埋め合わせ)することをいいます。
 皆様のご協力により、平成22年に実施した2010年日本APEC横浜開催(以下、APEC横浜開催)の期間中(平成22年11月7〜14日)の会議場と周辺ホテルでの電力・ガス・地域熱供給・水道の使用に伴う温室効果ガス排出量616t-CO2を、横浜市オフィシャル・ウォーター「はまっ子どうしThe Water」の販売本数に応じて1本につき1kg-CO2のクレジットを購入してカーボン・オフセットしました。

 

カーボン・オフセット取組み図
カーボン・オフセット取組み図

 

 「はまっ子どうし The Water」の対象期間(平成22年7〜11月)の販売本数(約76万2千本)により762t-CO2分のクレジットを購入し、日本政府の償却口座へ移転することで、京都議定書における日本政府の温室効果ガスの削減義務に貢献しました。
 クレジットの調達については独立行政法人 国際協力機構(以下、JICA)の協力を得てカーボン・オフセットを行いました。

 JICA は、温室効果ガス排出権削減事業を通じて途上国開発にも貢献するべく、世界銀行炭素基金(地球温暖化防止と開発途上国の持続的開発を促進するために2000年に世界銀行が設立した基金)を海外投融資の出資を通じて支援し、クリーン開発メカニズム(CDM)プロジェクト等により発行された京都メカニズムクレジット(CER等)を取得しています。カーボン・オフセットにJICAの保有するクレジットが利用される取のは、今回が日本発の取り組みとなります。

 

※上記の取組と連携して、環境絵日記実行委員会(横浜市資源リサイクル事業協同組合、富士ゼロックス株式会社、日本財団CANPANプロジェクトにより構成)が、「はまっ子どうし The Water」と同様に、横浜市内の小学生等による「環境絵日記」の応募作品1枚につきに1kg-CO2を購入して、APEC横浜開催でのカーボン・オフセットを実施しました。
 「環境絵日記」の応募作品数(約1万5千枚)による15t-CO2分のクレジットの購入については、環境実行委員会が費用負担しています。
 全体として、APEC横浜開催の期間中の会議場と周辺ホテルでの電力・ガス・地域熱供給・水道の使用に伴う温室効果ガス排出量616t-CO2のカーボン・オフセットのために、「はまっ子どうし The Water」購入分(762t-CO2)と「環境絵日記」応募分(15t-CO2)を合わせて、合計777t-CO2のクレジットを購入し、日本政府の償却口座へ移転しました。

 

 

「はまっ子どうし The Water」購入によるカーボン・オフセットで使用したクレジットの詳細

クレジットの認証プログラム(制度)名 クリーン開発メカニズム(CDM) (京都メカニズムの一つ)
クレジットの調達状況 平成23年2月22日に調達
クレジットの無効化方法 独立行政法人国際協力機構(JICA)が所有するCERを直接、日本政府の償却口座に移転
プロジェクト名 NorthWind Bangui湾プロジェクト (国連CDM理事会登録番号:0453)
プロジェクト実施国・実施地域 フィリピン・Bangui湾
プロジェクトタイプ 風力発電
プロジェクト概要 本プロジェクトではクリーン開発メカニズム(CDM)プロジェクトのひとつであり、フィリピン北部のBangui湾に設置されている33MWの風力発電により年間約5.7万トンのCO2を削減している。
プロジェクト期間 2005年〜2012年(クレジット発行期間)
プロジェクトの排出削減・吸収量 推定削減総量:397,516 トン
年平均削減量:56,788トン

 

 

排出量算定に関する係数及び根拠文書

エネルギー種別 排出係数 根拠文書名
電力 0.000324 [t-CO2/kWh] 環境省 報道発表資料 「平成21年度の電気事業者ごとの実排出係数・調整後排出係数等の公表について(お知らせ)」
ガス 0.00229 [t-CO2/m3] 東京ガス 「都市ガスのCO2排出係数」
地域熱供給(蒸気) 0.057 [t-CO2/GJ] 環境省 「算定・報告・公表制度における算定方法・排出係数一覧(改正後)」
地域熱供給(冷水) 0.057 [t-CO2/GJ]

環境省 「算定・報告・公表制度における算定方法・排出係数一覧(改正後)」

水道(下水処理におけるGHG排出量を含めず) 0.00036 [t-CO2/m3] 環境省 「カーボン・オフセットの対象活動から生じるGHG排出量の算定方法ガイドライン (ver.1.1)」
水道(下水処理) 0.000479 [t-CO2/m3] CFP関連データ収集整備事業事務局(社団法人産業環境管理協会) 「カーボンフットプリント制度試行事業用CO2換算量データベース(暫定版)ver.2.01(エクセル版)」

 

 

カーボン・オフセット認証制度

カーボン・オフセット認証ラベルのデザイン
カーボン・オフセット認証ラベル

 今回の「はまっ子どうし The Water」の販売と連動したカーボン・オフセット事業は、環境省の設定した基準に基づいて、適正なカーボン・オフセットが行われていると認められたため、気候変動対策認証センターからカーボン・オフセット認証ラベルを取得しました。

 認証取得者:横浜市
 認証番号:4CJ-1000059

 カーボン・オフセット認証ラベルの詳細については、気候変動対策認証センターのウェブページをご覧下さい。

 

 


水道局噴水マーク 横浜市水道局公民連携推進課 - 2013年4月1日作成 - 2016年4月1日更新
ご意見・問合せ - su-kouminrenkei@city.yokohama.jp
電話: 045-633-0157 - FAX: 045-681-6572
© 1998-2016 City of Yokohama. All rights reserved.