- トップメニュー|検索
トップページ組織危機管理室>【募集】災害用備蓄食料「水、保存用ビスケット」を法人・団体の皆様へ無償配布します!

災害用備蓄食料の有効活用について

 賞味期限間近の災害用備蓄食料(水、保存用ビスケット)を無償配布いたします。
 これまで賞味期限間近の備蓄食料は、地域での防災訓練で使用いただくことや、肥料や飼料に資源化することで有効活用を行ってきましたが、さらに広く横浜市の備蓄食料を知っていただき、防災啓発を図るため、法人・団体の皆様へ無償配布を行います。

配布物資の概要

配布物資 賞味期限 配布対象数 内容 1箱あたり ダンボールの寸法 1箱重さ
平成30年1月15日 約5万缶 350ml缶 24缶 縦27cm×横41cm×高さ13cm 約9kg
保存用ビスケット 平成30年3月31日 約5万食 5枚入り・ゴマ風味
原材料:小麦粉、砂糖、ショートニング、ごま、食塩、イースト、膨張剤
60食 縦27cm×横37cm×高さ19cm 約5kg



水缶詰





対象者

 横浜市内の法人・団体(NPO、社会福祉法人、企業、自治会・町内会等)


申込受付期間

平成2911月9日(木)から1122日(水)まで

※先着順に受付け、配布物資がなくなり次第、終了します。


引渡期間

平成291124日(金)から1130日(木)まで(土・日を除く)


引渡場所

 南部方面備蓄庫(横浜市金沢区富岡東2−2−10

※詳細の地図は日程の決定連絡の際にメールにて送付いたします。
※敷地内に駐車スペースがございます。


申込方法 

1.以下の条件を全て満たすことを確認します。
ア.転売しないこと
イ.水は10箱(1箱あたり24缶)以上、保存用ビスケットは4箱(1箱あたり60食)以上で申し込むこと
ウ.自ら引渡場所に受け取りに来ること
エ.賞味期限内に食べ(飲み)きり、賞味期限を過ぎたものは適切に処分すること

2.ダウンロードした申込書に必要事項を記入し、メールまたは郵送で提出します。その後、危機管理課から日程の決定の連絡をいたします。

申込書(Excel.35KB) 

送付先メールアドレス so-kikikanri@city.yokohama.jp  件名を【災害用備蓄食料 提供申込】としてください。
郵送先 231-0017 横浜市中区港町1−1 「横浜市総務局危機管理課宛」

問合せ先

横浜市総務局危機管理課 電話:045−671−4358