- トップメニュー|検索
トップページ組織危機管理室津波、津波警報伝達システム

訓練放送の実施について


 総務省消防庁が、全国瞬時警報システム(Jアラート)を用いた全国一斉情報伝達訓練を実施します。
 横浜市でも、J−アラートを活用した津波警報伝達システム及び緊急警報伝達システムの屋外スピーカーから訓練放送が流れます。

 

【訓練実施日時】

平成25年9月11日(水) 午前11時00分ごろ と
  午前11時30分ごろ の 2回 実施します

【放送内容】

「これは試験放送です。」 (3回繰り返します)訓練放送イメージ

【放送場所】

津波警報伝達システム 設置場所はこちら
緊急警報伝達システム 戸塚区 俣野小学校、戸塚小学校、東戸塚小学校
舞岡小学校、舞岡中学校

【参考】

  • 総務省消防庁の報道発表はこちら
  • Jアラートとは
    地震・津波などの災害時に国から送られてくる緊急情報を人工衛星などを活用して瞬時に情報伝達するシステムです。
  • 津波警報伝達システムとは
    気象庁が発表した津波警報などを、総務省消防庁のJアラートを通じ受信し、津波浸水が予測される沿岸部を含む8区に設置した89か所の屋外スピーカーから放送するものです。
  • 緊急警報伝達システムとは
    国からのJアラートを通じた即時に対応が必要な情報と、本市からの避難勧告などの緊急情報を市民の皆様に伝達するシステムです。戸塚区の浸水想定区域内にある5拠点(俣野小、戸塚小、東戸塚小、舞岡小、舞岡中)に整備しています。


【お問い合わせ】

横浜市総務局情報技術課 電話 045-671-3454