- トップメニュー|検索
トップページ組織危機管理室横浜市の災害

ツイッターによる災害関連情報の発信について


横浜市では、災害関連情報をお知らせするため、Twitter(ツイッター)を利用しています。

ツイッターとは、140文字以内の短文情報を投稿・閲覧するインターネット上のコミュニケーションサービスです。(米国Twitter社が運営しています。)

インターネットを利用できる環境(パソコンやスマートフォン、携帯電話など)があれば、誰でも読むことが可能です。


運用ポリシー

アカウントURL http://twitter.com/yokohama_saigai
発信内容 横浜市全域、もしくは複数の区にまたがる広域的な災害が予測される場合の避難等に関する情報
横浜市全域、もしくは複数の区にまたがる広域的な災害による、災害対策本部体制下における災害等に関する情報
横浜市に関連した、気象特別警報、警報、注意報(大雪、雷注意報に関するもの)、大津波警報、津波警報、津波注意報等の発令、解除に伴う情報
運用管理責任者 総務局危機管理課長
発信者 通常時:総務局危機管理室職員
災害対策本部体制下:災害対策本部広報班(市民局広報課)、総務局危機管理室
フォローの有無 原則として行いません。
リプライ(返信)の有無 原則として行いません。
利用開始日 平成23年3月17日

閲覧方法

横浜市が発信した内容(ツイート)は、次のサイトで閲覧できます。 http://twitter.com/yokohama_saigai

横浜市へのご提案やご意見は、「市民からの提案」  よりお寄せください。

ツイッターそのものの利用方法について、不明な点は、Twitterヘルプセンターをご参照ください。

 

アカウントをお持ちの方は、ぜひ、フォローをお願いいたします。