- トップメニュー|検索
トップページ組織危機管理室>大雨などによる土砂災害への備えについて

 
チェック1 日ごろの備え 〜もしもの時にそなえよう〜


 

 

☆土砂災害ハザードマップ上で自宅と避難所を確認しよう!
・自宅付近にがけ地がないかを確認しましょう(土砂災害ハザードマップはこちら
・自宅から避難所までの避難経路をマップに書き込みましょう。
 ⇒避難経路を考えるにあたって注意すること
  ・2箇所以上の避難所へ避難できるように複数の避難経路を確認しましょう。
  ・大雨による浸水または、土砂災害によって通行止めになるおそれのある道路は避けましょう。
マップ

☆避難時の持ち出し品を確認しましょう!
・避難時の持ち出し品は日ごろから準備し、すぐに持ち出せるようにしましょう。
・持ち出し品は、必要最小限にしましょう。(ラジオ・飲料水・懐中電灯・医薬品・ベビー用品など)
持出品

☆わたしたちのまちをみんなで協力して守りましょう!
・いざというとき、助けあうことができるよう、日ごろからご近所とのお付き合いを大切にしましょう。
・障害や高齢により、災害発生時に避難行動など臨機応変に対応することが難しい人たちの身の安全を守ために、地域で協力できる体制をつくっておきましょう。
・近隣の社会福祉施設に対する災害時の協力体制などを日ごろから地域で話し合いましょう。
・防災についての知識を身につけるため、防災訓練、避難訓練や講演会などを行いましょう。
・避難勧告などが出たときは、近隣にも声掛けをし、率先して避難しましょう。
助け合い
☆防災情報Eメールに登録しておきましょう!
・ご登録いただいたパソコンや携帯電話のEメールへ防災情報を提供しています。
 下記からご登録いただけます。
http://www.city.yokohama.lg.jp/somu/org/kikikanri/email/



チェック2 大雨が降ってきたら 〜こんな点に注意しよう〜



☆自分自身でこまめな情報収集を心がけよう!
 気象庁のホームページや横浜市のホームページでこまめに情報をご確認ください。
  ・気象庁ホームページ(気象情報)
  ・横浜市防災情報

 土砂災害警戒情報が出たら特に注意してください。
 土砂災害警戒情報についてはこちら(気象庁ホームページ)

情報収集


☆がけの様子に注意しよう!
 がけ崩れの前兆現象
 ・がけから小石がパラパラ落下する。
 ・斜面に新たな湧水が発生する。
 ・湧水の濁りが見られる。

前兆

上記のような前兆現象があったら、早めの避難行動を取ってください。

また、前兆現象の発生からがけ崩れの発生まで間が無い場合や、前兆現象がなくがけ崩れが発生する場合もあります。
危険を感じたら、早めの避難行動を取ってください。

☆無理せず安全な避難を心がけよう!
 避難するときは動きやすい服装で、2人以上での行動を心がけましょう。
 周囲が暗くなっていて、浸水が既に始まっている場合は、無理に外に出ず、自宅の2階など、安全を確保できる高い場所に留まってください。
2人以上で避難2階以上

☆安全な経路で避難しよう!
・避難時には、河川沿いやがけ沿いの道及び地下状道路は避けましょう。
・大雨により道路にある側溝やマンホールのふたが外れている場合があるので、十分注意して近寄らないようにしましょう。



チェック3 土砂災害警戒情報が出たら 〜命を守るための避難行動〜



☆避難情報

避難情報 危険度 皆さんの行動
避難準備情報 災害による人的被害の発生する可能性が高まった状況 お年寄り、子ども、障害のある人、病気の人など、避難に時間を要する方は、早めに自主的に避難行動を開始してください。
避難を支援する方も、支援行動を開始してください。
避難勧告 災害による人的被害の発生する可能性が明らかに高まった状況 避難所などへ避難行動を開始してください。
避難所への避難が困難な場合は、建物の2階以上(斜面と反対側の部屋)に緊急的に避難しましょう。
避難指示 切迫した状況であり、災害による人的被害の発生する可能性が非常に高いと判断された状況 避難所などへ直ちに避難してください。
避難所への避難が困難な場合は、建物の2階以上(斜面と反対側の部屋)に緊急的に避難しましょう。
屋内待避等安全確保措置指示 災害が発生した場合や、更に災害の発生が切迫していて、屋外で移動することが危険な状況 建物2階以上の安全を確保できる高い場所へ直ちに避難してください。
大雨等により既に浸水が始まっており、足元が見えない等の状況の場合など、状況によっては、あらかじめ指定した避難施設等の屋外に避難することで、かえって危険が及ぶ恐れがあります。
状況に応じて自宅等の屋内や近隣の建物の2階以上に避難して、安全を確保してください。


☆情報収集
横浜市では、避難勧告・指示等を市民の皆様にお伝えする際は、次のような手段でお知らせしています。

・防災情報Eメール
 ご登録いただいたパソコンや携帯電話のEメールへ防災情報を提供しています。
 下記からご登録いただけます。
 http://www.city.yokohama.lg.jp/somu/org/kikikanri/email/

・「緊急速報メール」による情報提供
 対象エリアにある、緊急速報メールに対応した携帯電話に対し、情報が配信されます。お使いの携帯電話が対応しているかは、下記から ご確認ください。
  http://www.city.yokohama.lg.jp/somu/org/kikikanri/kinkyumail/

「テレビ神奈川」のデータ放送による情報提供

・「ホームページ」や「Twitter」による情報提供
  横浜市危機管理室のホームページや、Twitterを通じ、避難指示等を配信します。
  (危機管理室Twitter)
  http://www.city.yokohama.lg.jp/somu/org/kikikanri/saigai/twitter.html

・テレビ、ラジオ等による情報提供

・広報車等による情報提供

 広報車や消防車等による呼びかけなどを実施します。

☆自主避難
 土砂災害については、前兆から崩壊まで、時間的余裕がない場合も多いことから、普段と違う前兆現象が確認された場合は、避難勧告等を待つことなく直ちに自主避難を開始してください。


 

 

「土砂災害警戒情報」の発表とともに避難勧告を一斉に発令する対象区域(即時勧告対象区域)

  横浜市では、平成2610月の台風18号を教訓に、崖崩れが発生した場合に人家に著しい被害を及ぼす可能性がある崖地をあらかじめ抽出し、その周辺地域に対して、「土砂災害警戒情報」の発表とともに「避難勧告」(以下「即時勧告」という)を発令することとしました。
 
避難勧告が出されていない地域が安全ということではありません。大雨や台風の際には、防災情報に注意して、自らの判断で早めに避難行動をとるようにしてください。


  ◆避難勧告の対象となる区域及び選定基準については次のとおりです。

 
   対象となる区域(googleマップで表示)    (←ここをクリック)
   ◇対象となる区域の一覧(テキスト形式の一覧) (←ここをクリック)
   
対象となる区域の選定基準 (←ここをクリック)
   


 ◆今後の更新計画
  地質の専門家による、崖地の現地調査結果を基に対象区域を更新します。

[調査が終了した区]
      
26年度調査済     :西区、南区、磯子区
     27
年度(前期)調査済 :保土ケ谷区、金沢区
   27年度(後期)調査済 :中区、港南区、緑区、都筑区


   今後、29年度まで崖地の現地調査を実施し、随時、即時勧告対象区域の更新を行う予定です。

 
調査年度 調査対象区(予定)
平成28年度(前期) 港北区、栄区
平成28年度(中期) 鶴見区、神奈川区、旭区                   
平成28年度(後期) 戸塚区
平成29年度 青葉区、泉区、瀬谷区

  


◆市役所・区役所からのお願い◆


 
・ 大雨、暴風、大風雪など注意が必要な天候のときは、危険を伴うため、不要不急の外出は控えてください。
・ 市役所や区役所が主催するイベントなどについては、大雨、暴風、大風雪時には、原則中止となります。
・ 大雨、暴風、大風雪時には、災害対応業務を行うことになり、限られた人員で通常業務を行うことになります。そのため、区役所窓口では、お待たせする時間が長くなる、即日処理できない事務があるなど、市民の皆様にご迷惑をおかけしてしまう場合があります。あらかじめご承知おきください。
 

◆お問合せ◆


 

 

内 容 部 署 名 電 話 番 号 電子メールアドレス

 

避難勧告・避難指示などに関すること

 

総務局緊急対策課  045-671-4556
(平日9:00〜17:00)

so-kinkyu@city.yokohama.jp

 

崖地の現地調査に関すること 

 

建築局建築防災課 045-671-2948

kc-kenchikubousai@city.yokohama.jp


リンク がけ防災について(横浜市建築局建築防災課)