- トップメニュー|検索
トップページ組織危機管理室>備蓄
 〜備蓄品〜
飲料水 1人3日分で9ℓが目安です。(例)3人家族の場合3人×9ℓ=27ℓ
食料品 クラッカーなど調理せずに食べられるもの、缶詰(缶切りが不要なもの)など
※食物アレルギーのある方は、自分に適したものを備蓄するようにしましょう。
トイレパック 家庭のトイレなどに設置して使用する「凝固剤」と、「処理袋」のセットです。ホームセンターなどで購入できます。
 
 
 〜非常持出品〜
懐中電灯
ランタン     
  予備電池も用意しましょう。
携帯ラジオ AM、FM両方聞けるものを用意し、予備電池は多めに用意しましょう。
貴重品         現金、預貯金通帳、印鑑、健康保険証
その他 紙皿、紙コップ、救急医薬品(ばんそうこう)、常用薬、携帯電話充電器、ウェットティッシュ、生理用品、ビニール袋、タオル、軍手、食品用ラップ

 



項目 こんな家庭にはこんな非常持出品も

乳幼児のいる家庭で用意するもの
ミルク、ほ乳びん、離乳食、スプーン、
おむつ、おしりふき、着替え、
ベビー毛布、おんぶひも、乳幼児のおもちゃ

要介護者のいる家庭で用意するもの
着替え、おむつ、障害者手帳、補助具等の予備

妊婦のいる家庭で用意するもの
さらし、脱脂綿、ガーゼ、母子手帳、新生児用品

項目 過去の大地震経験者から学ぶ 〜被災時にあってよかったもの〜

 過去の大地震では、断水が起きたため、生活用水(洗濯、入浴、洗面)やトイレ、飲食用の水で困った人が多くいました。そこで、水の備蓄はもちろん、水を運ぶポリタンクや台車、身体をふくウェットティッシュが特に役立ったと言われています。
 また、停電やガスの不通によって、食事や家族間の連絡で困った人も多くおり、懐中電灯や携帯ラジオ、携帯電話用充電器、乾電池、卓上コンロも重宝されました。
 さらに、女性については、生理用品などの備蓄も役立ったと言われています。
 自分そして家族の性別や年齢を考慮し、必要な備蓄を行いましょう。