災害時安否情報システム(災害時の安否確認)
横浜市危機管理室

安否情報検索(「J-anpi」)

検索方法

  

お名前で検索

全てひらがなを入力すると、かな名での検索ができます
(例)「あんぴ たろう」
※J-anpiに登録された情報、及び Google パーソンファインダーが提供する情報を一括して検索できます。
  

電話番号で検索

ハイフンを除いて半角数字で市外局番から入力してください
※J-anpiに登録された情報、及び 通信キャリアが提供する災害用伝言板の情報を一括して検索します。
  

地域防災拠点での安否情報(災害時安否情報システム)

 横浜市では、大規模災害発生時に、地域防災拠点(震災時避難場所)での被災者の安否情報を災害対策本部で収集して、管理する災害時安否情報システムを平成18年4月から運用しています。
 収集した情報のうち、安否情報の問い合わせに対応できるよう、本人から公表の同意をいただいた情報(氏名、年齢、安否状況等)については、災害伝言板や、各団体が提供する安否情報とともに、あわせて検索できるよう、「J-anpi」(安否情報まとめて検索)で情報が検索できるようになっています。
 ※本ページ上部の検索窓からも検索できます。
  

主な安否確認の手段

 災害発生時は、被災地への電話が集中し、通信回線が大変混雑し、一時的な大量の通話を扱うことができなくなるため、つながりにくい状態になります。
 こうした通信の混雑の影響を避けながら、家族や知人との間での安否の確認や避難場所の連絡等をスムーズに行うため、以下のようなサービスが運営されています。
 日頃から災害時の家族との連絡方法を事前に決めておくとともに、利用方法を確認しておきましょう。
  

災害用伝言ダイヤル(171)

電話から安否情報を録音・確認できます。
災害用伝言ダイヤルは、災害発生後にNTT東日本・NTT西日本がシステムを稼動し、音声による安否確認や集合場所の連絡などに利用することができます。
利用方法
  

災害用伝言板(web171)

パソコンやスマートフォン等から固定電話番号や携帯電話・PHS番号を入力して安否情報の登録、確認を行うことができます。
利用方法
  

災害用伝言板

携帯電話・PHSのインターネット接続機能で、被災地の方が伝言を文字によって登録し、携帯電話・PHS番号をもとにして全国から伝言を確認できます。
利用方法(NTTドコモau(KDDI)ソフトバンクワイモバイル
  

Google パーソンファインダー

名前による安否情報の登録や検索ができます。
利用方法
  

先頭に戻る