- トップメニュー|検索
トップページ組織管理課新市庁舎整備に関する検討について
 

新市庁舎建設 現場の状況(航空写真)

 




最新の状況
 航空写真平成31年1月  平成31年1月28日撮影

 行政棟は、外壁パネルを23階から25階にかけて設置しました。また、2月から塔屋部分の鉄骨工事を行う予定です。
 議会棟は、屋根面にコンクリートを打ち、外壁パネルの設置も進めています。
 地下では、地下2階の躯体工事、地下1階の間仕切り工事などを進めています。
過去の状況
航空写真平成30年12月

 平成30年12月19日撮影

 行政棟は30階から32階部分の鉄骨工事を行い、最上階まで完了しました。タワークレーンも最上階までクライミングし、残りの塔屋部分の鉄骨工事を行っていきます。外壁パネルは18階から22階にかけて、設置を行いました。
 議会棟は屋根まで鉄骨工事が完了し、屋根面のデッキを敷きこみました。
 地下では、引き続き地下2階の躯体工事、地下1階の設備配管工事などを中心に進めています。

航空写真平成30年11月

 平成30年11月20日撮影

 行政棟は27階から29階部分の鉄骨工事を完了し、並行して床工事や耐火被覆工事、間仕切り工事などを進めています。また、14階から17階にかけて、外壁パネルの設置を行いました。
 議会棟は8階上の屋根まで鉄骨が組み上がってきました。
 地下では、掘削工事が概ね完了し、地下2階の躯体工事、地下1階の設備配管工事などを中心に進めています。

航空写真平成30年10月

 平成30年10月28日撮影

 行政棟は24階から26階部分の鉄骨工事を概ね完了し、並行して床工事や耐火被覆工事、間仕切り工事などを進めています。また、9階から13階にかけて、外壁パネルの設置を行いました。
 議会棟は4階から6階の鉄骨工事を行いました。
 地下では、地下2階部分の掘削工事、躯体工事、地下1階の耐火被覆工事、設備配管工事などを引き続き進めています。

航空写真平成30年9月

 平成30年9月23日撮影

 行政棟は18階から20階部分の鉄骨工事を完了し、並行して床工事や耐火被覆工事を進めています。また、5階から8階には外装パネルが設置されました。
 議会棟は4階から6階の鉄骨工事を進めています。
 地下では、地下2階部分の掘削工事や地下1階の耐火被覆工事、設備配管工事などを引き続き進めています。

航空写真平成30年8月

 平成30年8月21日撮影

 行政棟は12階から14階部分の鉄骨工事を完了し、床工事を進めるとともに、15階から17階の鉄骨工事を開始しました。また、3階から4階には外装パネルが一部設置されました。
 議会棟は免震階の床工事を進めるとともに、免震装置を設置しました。
 地下では、地下2階部分の掘削工事や地下1階の耐火被覆工事、設備配管工事などを進めています。

航空写真平成30年7月

 平成30年7月23日撮影

 行政棟は9階から11階部分の鉄骨工事を完了し、床工事を進めるとともに、12階から14階の鉄骨工事を開始しました。
 議会棟は1階から2階の鉄骨工事を完了し、免震装置を取付ける基礎工事などを行っています。
 地下では、地下2階部分の掘削工事や地下1階の床工事などを進めるともに、耐火被覆工事を開始しました。

航空写真平成30年6月

 平成30年6月22日撮影

 行政棟の6階から8階部分の鉄骨・床工事を進めるとともに、敷地北側の議会棟でも、地上鉄骨工事を開始しました。
 また、地下2階部分の掘削工事と地下1階部分の鉄骨・床工事などを引き続き行っています。

航空写真平成30年5月

 平成30年5月22日撮影

 地上では、3階から5階部分の鉄骨・床工事などを進めてきました。
 地下では、地下2階部分までの掘削工事を開始しました。また、地下1階部分の鉄骨・床工事などを引き続き行っています。

航空写真平成30年4月

 平成30年4月23日撮影

 地上では、3階床下の免震装置の設置を完了し、3階部分の鉄骨・床工事などを進めています。
 また、大岡川沿いの面には外壁材(PC板)を一部設置しました。
 地下では、掘削工事を行いつつ、地下1階部分の鉄骨・床工事などを引き続き行っています。

航空写真平成30年3月

 平成30年3月24日撮影


 現場では、先行床を起点として地上では鉄骨工事、地下では掘削工事・躯体工事などを行ったほか、3基目のタワークレーンの組み立てを行ってきました。
  4月には、引き続き地上では鉄骨工事、地下では掘削工事・躯体工事などを行うほか、免震装置の設置を行う予定です。

航空写真平成30年2月

  平成30年2月21日撮影
 
 現場では、1階先行床工事、地上鉄骨工事、先行床の下にある土の掘削工事等を行ってきました。

航空写真平成30年1月

平成30年1月28日撮影
 
 現場では、杭・構真柱工事、鉄骨・1階先行床工事、先行床の下にある土の掘削工事等を行いました。杭・構真柱工事のうち場所打ち杭は、1月末までに118本全ての施工を完了しています。

航空写真平成29年12月

  平成29年12月21日撮影

 現場では、建物の基礎となる杭・構真柱工事、鉄骨・1階先行床工事、2台目のタワークレーンの組み立てを行いました。場所打ち杭は、12月末までに112本(118本中)を施工しています。

航空写真平成29年11月

  平成29年11月22日撮影

 現場では、これまで行ってきた建物の基礎となる杭・構真柱工事、鉄骨・1階先行床工事に加え、11月にはタワークレーンの1台目の組み立てを行いました。場所打ち杭は、11月末までに92本(118本中)を施工しています。

航空写真平成29年10月

  平成29年10月27日撮影

 現場では、8月から行っている建物の基礎となる杭・構真柱工事に加えて、10月からは鉄骨・1階先行床工事が始まりました。場所打ち杭は、10月末までに66本(118本中)を施工しています。

航空写真平成29年9月

 平成29年9月25日撮影

 現場では8月から引き続きクレーンや掘削機などの建設機械が入って、建物の基礎となる杭・構真柱工事等を行っています。
 約120本施工する場所打ち杭のうち9月末までに40本を施工しました。

航空写真平成29年8月

平成29年8月22日撮影

 現場ではクレーンや掘削機などの建設機械が入って、建物の基礎となる杭・構真柱工事等を行っています。
 約120本施工する場所打ち杭のうち8月末までに15本を施工しました。

航空写真平成29年7月

平成29年7月21日撮影

 現場では8月の着工に向けた準備を行っていました。
※写真:竹中・西松建設共同企業体提供