- トップメニュー|検索
トップページ主な配置車両 > 耐熱救助車(スーパーファイター327)
耐熱救助車(スーパーファイター327)
耐熱救助車(スーパーファイター327)  全国初の耐熱救助工作車で、自衛噴霧装置により600度の熱に耐える機能や、車内陽圧による気密性などを生かして消防隊員が接近できない現場での活動を行えます。熱によってタイヤが溶けても走行できるコンバットタイヤを装備しています。
 この車両は、地震、風水害などの災害時における消防活動上の障害物等の排除や、人命救助活動、化学物質(毒、劇物)災害等の消防隊が接近不可能な災害に対して各種ガス検知器などを活用し、隊員の安全確保を図りながら人命救助、消火活動を行うことができる特殊消防車両です。
 愛称である「スーパーファイター327」は、車両の特性、性能からいかなる災害にもひるまぬ闘志や力強さのイメージを持ち、横浜市民327万人を守る意味から命名したものです。
《主要諸元》
・全長 8.11m
・全幅 2.28m
・全高 3.45m
・車両総重量 12,880kg
・乗車定員 6人
・駆動方式 四輪駆動
・登坂能力 45度
・耐熱性能 600℃

耐熱救助車(スーパーファイター327)
・6mmの熱間圧延鋼板とガラスウール等の断熱材により高温等の悪環境下での放水活動、人命救助が行えます。
車両内部 災害活動中の耐熱救助車
車両内部
災害活動中の耐熱救助車

トップページへ ページの先頭へ
横浜市消防局 〒240-0001 横浜市保土ケ谷区川辺町2-9
TEL.045(334)6789(番号案内) FAX.045(331)5221
1997-2009 City of Yokohama. All rights reserved.