- トップメニュー|検索
トップページ横浜市消防団 > 南消防団


南消防団
南消防団からのお知らせ
・平成30年11月21日 更新しました。
第3回 消防団と区民のつどい
 〜あったかハートコンサート〜
(PDF:616KB)
                                               を開催します!

日時:平成30年12月9日(日)13時から15時まで


場所:みなみん(南公会堂)
 ※ 入場無料・観覧自由です



消防団員募集中!!!
 消防団員募集ポスター作成しました!(PDF:2.45MB)
  南消防団では、男女問わず新しい仲間を募集しています。あなたの力を地域防災リーダーとして生かしてみませんか!?女性の方も多数入団しています!
 まずは、お気軽にお問合せください(^^)
 お問い合わせ先:南消防署庶務課消防団係  電話 045-253-0119 




活動報告

   
震災対策訓練

 

[第一想定]救出・応急救護訓練
 


  


[第二想定]消火訓練


  






日時:平成30年2月18日(日) 
時間:9:00〜12:00
場所:横浜市消防訓練センター



【訓練の目的】

  震災等大規模災害時の消防団活動の充実・強化を図るため、ブラインド型の実戦訓練を行いました。






【第一想定】
  首都直下型地震が発生し、倒壊建物内に複数の要救助者が発生という想定のもと、救出・応急手当を行う訓練を実施しました。




【第二想定】
  震災発生に伴い木造専用住宅にて火災が発生、隣接建物に延焼拡大の危険有。加えて消火栓使用不能のため、新たに導入した低水位ストレーナーを使用し、河川より取水し放水するという想定で訓練を実施しました。
南消防団と区民のつどい〜第2回あったかハートコンサート〜











日時:
平成29年12月10日(日)

時間:13:00〜15:00
場所:南公会堂

 消防団と地域のつながりを深めると共に、消防団活動への理解と入団促進活動を図るため、南消防団で企画したイベントを実施しました。

  南中学校和太鼓部の演奏、Youth Theatre Japan弘明寺スタジオによるダンス披露、南消防団女性声楽隊の合唱を横浜市消防音楽隊とコラボレーションし実施しました。

 当日はたくさんの方に御来場いただき、大盛況のうちにコンサートを終えることができました。
平成29年度横浜市消防操法技術訓練会
  

 





日時:
平成29年10
月14日(土)
時間:9:00〜12:00
場所:横浜市消防訓練センター
 
  横浜市の20消防団の代表チームが一同に会し、操法訓練会が実施されました。

 当日は小雨降り注ぐ悪天候での開催となりましたが、南区からは第三分団が代表として出場し、見事上位入賞を勝ち取ることができました。









   
救助資機材取扱い訓練








日時:
平成29年9
月3日(日)
時間:9:00〜12:00
場所:六ツ川消防出張所

  消防団が保有する救助資機材の取扱い習熟のため、救助隊の指導のもと訓練を実施しました。
 
  鉄パイプや木を切断したり、車の牽引を行ったりとまさに実戦さながらの緊張感の中で訓練を行うことができ、非常に有意義な訓練となりました。





南消防団夏季訓練会












日時:
平成29年7
月9日(日)
時間:9:00〜12:00
場所:阪東橋公園  

  毎年夏に各分団が日頃の訓練の成果を発揮し、競い合う夏季訓練会が今年も開催されました。
 
 結索・礼式・ポンプ操法の3種目が実施され、平成29年度は第五分団が総合優勝を飾りました。









 【応急救護訓練











日時:平成29年5月28日(日)
     平成29年6月11日(日)
時間:9:00〜12:00
場所:南区役所


  南消防団の応急救護チームを対象に、スキルアップを目的とした応急救護研修を実施しました。
 
  震災時等における外傷患者への的確な応急処置を実施するため、座学及び実技講習を行いました。

 
 


 【遠距離送水訓練









日時:
平成29年5
月21日(日)

時間:9:00〜12:00
場所:中村川より取水し唐沢公園にて放水

  震災等で、消火栓が使用不能になることを想定し、河川より水をくみ上げ放水することを目的とした訓練を実施しました。
 
 遠距離のホース延長活動を実施することで、大規模災害時に必要不可欠な知識や技術を学ぶことができました。






 
 

南消防団の紹介

  平成22年4月1日 南区内の寿消防団と大岡消防団の二つの消防団が統合し、南消防団が誕生しました。
  寿消防団は大正11年に寿消防組として、大岡消防団は昭和14年に大岡警防団としてそれぞれ発足し、昭和23年3月7日消防組織法の施行による自治体消防の発足に伴い、横浜市の機関として南区に寿消防団・大岡消防団の2団が組織されました。
  歴史と伝統ある消防団を統合するために、複数年にわたり両消防団幹部で将来の消防団のあり方や、統一に向けての話し合いを重ねてきました。 この2つの消防団を統合することにより、区民の方々にとって分かりやすい消防団組織となること及び、指揮命令系統を一本化することができ、大規模災害発生時に迅速に対応することができます。
  今まで以上に区民の方々が安全安心を実感できるよう、更なる消防団組織の充実・強化を図っていきます。                                                   

 

南消防団の組織・団員数・管轄区域

南消防団の組織
<平成30年4月1日現在>
消防団本部 1本部
分団数 6分団
班数

20班

団員数

346人

女性消防団員数 65人
積載車 23台
器具置場 29棟
可搬式小型動力ポンプ 31台
南消防団の階級別人員構成

階  級 人 員
団  長 1人
副団長 2人
分団長(本部部長含む) 9(3)人
副分団長(本部部長含む) 12人
部  長 23人
班  長 43人
団  員 256人
合計 346人
 
南消防団の管轄区域
分  団
管 轄 区 域
第1分団
第1班
西中町・前里町・白金町・三春台・伏見町
第2班
南太田一〜四丁目
 第3班 
清水ケ丘・庚台
第2分団
第1班
高根町・白妙町・浦舟町・万世町
第2班
永楽町・真金町
第3班
中村町・八幡町・山谷
 第4班
平楽・唐沢
第3分団
第1班
花之木町・宿町・宮元町・共進町・蒔田町・榎町・東蒔田町・大岡一丁目(一部)
第2班
日枝町・南吉田町・山王町・吉野町・新川町・二葉町・高砂町
第3班
睦町・堀ノ内町
第4分団
第1班
井土ケ谷下町
第2班
井土ケ谷上町・井土ケ谷中町
第3班
永田北一〜三丁目・永田東一丁目(一部)・永田東二〜三丁目・永田台・永田みなみ台
第5分団
第1班
若宮町・通町・中島町・大橋町・大岡一丁目(一部)
第2班
弘明寺町・中里町
第3班
大岡一丁目(一部)・大岡二〜五丁目
第6分団
第1班
別所一〜七丁目・別所中里台
第2班
中里一〜四丁目
第3班
永田南一〜二丁目・永田山王台・永田東一丁目(一部)
第4班
六ツ川一〜四丁目
消防団員の募集について
トップページへ ページの先頭へ
横浜市消防局 〒240-0001 横浜市保土ケ谷区川辺町2-9
TEL.045(334)6789(番号案内) FAX.045(331)5221