- トップメニュー | 検索
トップページ > 消防局 > 消防団 > 横浜市消防団 旭消防団
■ 旭消防団からのお知らせ

行事予定
日程(平成29年度) 時間 行事
12月28日(木) 未定 市長激励巡視及び各分団激励巡視(旭区役所及び旭区内)
12月21日(木) 午後6時から 定例分団長会議(旭消防署会議室)
12月20日(水)から翌年1月4日(木)まで 年末年始消防特別警備(各分団受持区域)
12月17日(日) 午前9時45分から 消防団幹部地震対策特別講習(神奈川県消防学校)
12月7日(木) 午前10時から 消防団員幹部候補研修(神奈川県消防学校)
12月1日(金) 午前9時から 消防団員健康診断(さちが丘消防出張所)
11月29日(水) 午後3時30分から 消防団長会議(横浜市民防災センター)
11月28日(火) 午後2時から  女性消防団員定例会議(旭消防署会議室)
11月19日(日) 午前9時30分から 大規模団地火災防御訓練(若葉台団地)
11月18日(土) 午前8時30分から  消防団員幹部教育指揮幹部科「現場指揮課程」
(横浜市消防訓練センター)
11月16日(木) 午後6時から 定例分団長会議(旭消防署会議室)
11月12日(日) 午前9時30分から 遠距離送水訓練(旭プール)

11月12日(日)

午前9時から 消防団員意見交換会(横浜市消防局4階会議室)
11月11日(土) 午後1時30分から  防火・防災推進シンポジウム(横浜市民防災センター)

11月9日(木)から11月15日(水)まで

秋の火災予防週間(各分団巡回広報)

その他のお知らせ
消防団について知りたいこと、入団に関することなど、なんでもお尋ねください。
お問合せ先 横浜市旭消防署庶務課消防団係 電話・FAX 045-951-0119

        

 活動報告・最新情報(トピックス)

         

◆ 横浜市消防操法技術訓練会で旭消防団が最優秀賞を受賞しました。
実 施 日:平成29年10月14日(土)午前10時から
場    所:横浜市消防訓練センター

 

               
   
 
◆ 消防団員が相当数増員した消防団、女性消防団員の入団が多かった消防団に対して
 総務大臣から感謝状の贈呈がありました。
  また、それに伴い横浜市副市長への報告会を実施しました。
実 施 日:平成29年10月25日(水)午後2時から
場    所:総務省及び横浜市庁舎

消防庁提供

消防庁提供
◆ 旭消防団上級救命講習を実施しました。
実 施 日:平成29年8月27日(日)午前9時から
場    所:旭区役所新館大会議室
参加団員: 80名

             

◆ 区内各連合町内会で実施された防災訓練に参加しました。
放水訓練展示 状況報告
胸骨圧迫                              煙体験
バケツリレー                           消火体験

◆ 旭消防団小型ポンプ操法技術訓練会を開催しました。
実施日:平成29年7月2日(日)午前9時30分から
場  所:ポリテクセンター
成 績
最優秀隊   第一分団A班
優 秀 隊  第四分団A班
優 秀 隊  第四分団B班  
 
開会式  
第一分団
第二分団
第三分団
第四分団
第五分団

◆ 女性消防団員警防研修会を実施しました。
実施日:平成29年7月25日(火)午後1時から
場  所:若葉台スポーツ文化クラブ
避難誘導訓練
ロープ結索訓練

◆ 女性消防団員警防研修会を実施しました。
実施日:平成29年6月27日(火)午後1時から
場  所:若葉台スポーツ文化クラブ
チェーンソー操作 ジャッキによる救出

◆ 消防操法技術訓練会に向けての激励
実施日:平成29年6月23日(金)24日(土)
各分団が消防団長と消防署長より激励を受けました。
 


◆ 風水害対策地区本部運営訓練を実施しました。
実施日:平成29年6月18日(日)
消防団本部、各分団、各班の連携強化を図りました。
 

◆ 女性消防団員警防研修会を実施しました。
実施日:平成29年5月23日(火)午後1時から
場 所:若葉台スポーツ文化クラブ
可搬式小型動力ポンプ操作要領

 

◆ 消防団員の基礎的諸能力訓練を各分団で実施しています。
 
チェーンソー操作 エンジンカッター操作

 

◆ 旭区消防操法技術訓練会(平成29年7月2日(日))に向け各分団にて訓練が始まりました。
 

 

◆ 女性消防団員警防研修会を実施しました。
実施日:平成29年4月25日(火)午後1時から
場 所:若葉台スポーツ文化クラブ
 
訓練礼式 ロープ結索

 

◆ 旭消防団辞令交付式及び新入団員研修を実施しました。
実施日:平成29年4月16日(日)
場 所:旭区役所新館大会議室及び旭消防署
 
辞令交付式 新入団員研修

 消防団の紹介
 旭消防団は、明治42年11月の神奈川県令第82号をもって、「都岡消防組」として設立されました。その後、昭和14年4月警防団令の公布により、「都岡警防団」、「二俣川警防団」が設置され、昭和22年に消防組織法が制定されたのに伴い、横浜市消防団条例が公布され、保土ケ谷警防団、二俣川警防団が解団統合され「保土ケ谷消防団」となりました。昭和44年10月「旭区」設立に伴い、保土ケ谷消防団より分離独立して、現在の「旭消防団」が誕生しました。
 旭消防団では、平成9年度から女性消防団員の採用が始まり、現在129人の女性消防団員が活躍しています。
 また、区内全域に24箇所の器具置場、23台の積載車、33台の可搬式小型動力ポンプ、その他人命救助用資機材等を配置し、日夜区内の防火・防災活動に従事しています。


 旭消防団の組織・団員数・管轄区域
             <平成29年10月1日現在>  
旭消防団の組織           旭消防団の階級(補職)別人員構成  
消防団本部 1本部         階級 人員
分団数 5分団         団長    1人
班数 23班         副団長 3人
団員数 661人         分団長 9人
女性消防団員数(内数) 129人         副分団長 16人
積載車 23台         部長 37人
器具置場 24棟         班長 145人
可搬式小型動力ポンプ 33台         団員 450人
            661人


    旭消防団の管轄区域  
分団 管轄区域 
第一分団

第1班  今川町、四季美台
第2班  今宿町、今宿1・2丁目、中尾1・2丁目、本村町、二俣川1・2丁目、中沢1丁目〜3丁目、東希望ケ丘
第3班  さちが丘、柏町(東部)、善部町の一部
第4班  
第5班  中希望ケ丘、南希望ケ丘、柏町(西部)、善部町の一部
     
第二分団
 
第1班  桐が作、左近山の一部
第2班  市沢町、左近山の一部
第3班  三反田町、小高町、左近山の一部
第4班  本宿町、南本宿町、大池町、万騎が原
     
第三分団 第1班 今宿南町
第2班 今宿東町、今宿西町
第3班 上白根町、上白根1丁目〜3丁目
第4班 白根町、中白根1丁目〜4丁目、白根4丁目の一部、白根5丁目、白根6丁目の一部、白根7丁目の一部、白根8丁目
第5班 白根1丁目〜3丁目、白根4丁目の一部、白根6丁目の一部、白根7丁目の一部
第6班 鶴ケ峰本町1丁目〜3丁目
     
第四分団 第1班 上川井町の一部、若葉台1丁目〜4丁目
第2班 上川井町の一部
第3班 川井宿町、川井本町
第4班 都岡町
第5班 下川井町、矢指町、金が谷
第6班 笹野台1丁目〜4丁目、金が谷1・2丁目
     
第五分団 第1班 鶴ケ峰1・2丁目
第2班 西川島町の一部、川島町の一部
第3班 川島町(猪子山)の一部、西川島町の一部






1997年 公開| 2017年11月13日 更新
横浜市消防局 横浜市旭消防署 |電話:045-951-0119 |FAX:045-951-0119
sy-asahi@city.yokohama.jp