- トップメニュー|検索
トップページ横浜市消防団 > 伊勢佐木消防団
 
伊勢佐木消防団
 
 
 〈消防団活動の紹介〉
 
 
      
         ようこそ!!伊勢佐木消防団です!               大規模災害を想定した訓練 

    
         安全運転講習会(夜間走行訓練)           イセザキモールでのAED普及活動

   水難訓練  
          中消防署と連携した水難訓練          事業所団員(幼稚園)によるAED取扱訓練

    女性消防団員3団合同訓練
         石油系事業所視察研修会              女性消防団員3団合同震災対策訓練             

 

消防団員募集中!!

 
伊勢佐木消防団からのお知らせ

  毎月20日

  毎月27日

 

団本部会議実施

幹部会議(各分団副分団長以上)実施

 

 
 
伊勢佐木消防団の紹介

 伊勢佐木消防団は、明治27年5月横浜市に3組(伊勢佐木・石川・山手)217人の消防組が編成されたことにはじまり、昭和23年3月7日には消防組織法の施行をうけ横浜市消防団がスタートしたもので、明治27年から数えて122年の歴史を有しています。
 伊勢佐木消防団では、平成9年度から女性消防団員の入団がはじまり、現在では39人の女性団員が在籍しAEDの普及活動を行うなど重要な役割を担っています。
 現有勢力は、器具置場10棟、可搬式小型ポンプ積載車6台、可搬式小型ポンプ10台を配し1本部、3箇分団、消防団長以下135人が地域防災の担い手として、昼夜を問わず活躍を続けています。
伊勢佐木消防団の組織・団員数・管轄区域

伊勢佐木消防団の組織
<平成29年8月1日現在>
消防団本部 1本部
分団数 3分団
班数 8班
団員数 135人
女性消防団員数 (内数) 39人
積載車 6台
器具置場 10棟
可搬式小型動力ポンプ 10台
伊勢佐木消防団の階級別人員構成

階  級 人 員
団  長 1人
副団長 2人
分団長 6人
副分団長 6人
部  長 21人
班  長 19人
団  員 80人
 
伊勢佐木消防団の管轄区域
分  団 管 轄 区 域
第1分団 第1班 内田町、桜木町1〜3丁目、花咲町1〜3丁目、野毛町1〜4丁目、宮川町1〜3丁目
第2班 日ノ出町1〜2丁目
第3班 初音町1〜3丁目、黄金町1〜2丁目、英町、赤門町1丁目
第2分団 第1班 伊勢佐木町1〜3丁目、翁町1〜2丁目、末広町1〜3丁目、長者町2〜9丁目、羽衣町1〜3丁目、万代町1〜3丁目、福富町仲通、福富町西通、福富町東通、不老町1〜3丁目、蓬莱町1〜3丁目、吉田町
第2班 末吉町1〜4丁目、若葉町1〜3丁目
第3班 曙町1〜5丁目、伊勢佐木町4〜7丁目、富士見町、山田町、山吹町、弥生町1〜5丁目
第3分団 第1班 石川町1〜 5丁目、打越
第2班 扇町1〜4丁目、寿町1〜4丁目、千歳町、長者町1丁目、松影町1〜4丁目、三吉町、吉浜町
 
伊勢佐木消防団の管内特性

 伊勢佐木消防団は、伊勢佐木町、野毛町、日ノ出町及び黄金町等を管内に持ち、北側は西区、東側は加賀町消防団、西側は南区、南側は山手消防団と接し、総面積約2平方キロメートルとなっています。
  鉄道は、南北にJR根岸線、東西に京浜急行線、市営地下鉄線は管内中心部を東西に通っており、交通の便はとても良く、通勤・通学をはじめ、観光客も多く利用しています。
  道路網は、国道16号線が中央部を東西に走っており、主要地方道横浜駅根岸線が南北に通っているなど、車でのアクセスも良いですが、時間帯によっては交通渋滞がしばしば見られます。
  この地域には、伊勢佐木町通りを中心にモール化した商店街をはじめ、歓楽街、飲食街、簡易宿泊街、住宅街で構成され、多数の中高層建物が立ち並んでいます。
  また、戦後間もない頃より発展してきた野毛町では野毛大道芸が催されるなど、多くの観光客が集まる横浜の中心部の一角となっています。
消防団員の募集について
トップページへ ページの先頭へ
横浜市消防局 〒240-0001 横浜市保土ケ谷区川辺町2-9
TEL.045(334)6789(番号案内) FAX.045(331)5221
1997-2016 City of Yokohama. All rights reserved.