- トップメニュー|検索

トップページ 試験講習案内 > 平成30年度自衛消防業務講習のご案内

平成30年度自衛消防業務講習のご案内

 

1 受講対象者

(1) 自衛消防業務新規講習
  次のいずれかに該当する方で、初めて自衛消防業務講習を受講する方
  横浜市内の建物で自衛消防組織の統括管理者となる方
  横浜市内の建物で自衛消防組織の業務ごとの班長となる方
  横浜市内の建物で横浜市火災予防条例第68条の2に規定する防災センターの要員となる方
(2) 自衛消防業務再講習
    次のいずれかに該当する方で、最後に自衛消防業務新規講習又は自衛消防業務再講習を受講した日以後における最初の4月1日から5年以内の方(既に5年を経過している場合は、新規講習を受講してください。)
  横浜市内の建物で自衛消防組織の統括管理者となっている方
  横浜市内の建物で自衛消防組織の業務ごとの班長となっている方
  横浜市内の建物で横浜市火災予防条例第68条の2に規定する防災センターの要員となっている方

 2 自衛消防業務が対象となる建物について
  
以下の用途及び規模に該当する場合は、対象となります。

【用途】
共同住宅、格納庫等及び倉庫以外すべての用途
【規模】
 
1 階数が11以上で延べ面積1万平方メートル以上の防火対象物
2 階数が5以上10以下の防火対象物で延べ面積2万平方メートル以上の防火対象物
3 階数が4以下で延べ面積5万平方メートル以上の防火対象物
4 延べ面積1,000平方メートル以上の地下街
※ 複合用途の場合は、共同住宅、格納庫等及び倉庫部分を除いた規模















3 日程
    
  受付開始日は、4月4日(水)8:45〜です。                               

 

自衛消防業務新規講習

自衛消防業務再講習  

講習受付開始日 

 5月
第1回

8日(火)、9日(水)

第1回

16日(水)

4月4日(水) 

第2回

14日(月)、15日(火)

第2回

29日(火)

6月
第3回
12日(火)、13日(水)
第3回
11日(月)
第4回

27日(水)、28日(木)

第4回

14日(木)

7月

第5回

9日(月)、10日(火)

第5回

20日(金)

第6回

26日(木)、27日(金)

8月

第7回

 8日(水)、9日(木)

第6回

16日(木)

9月

第8回

18日(火)、19日(水)

第7回

13日(木)

第9回
26日(水)、27日(木)

11月

第10回

12日(月)、13日(火)

第8回
9日(金)
10月2日(火)
第11回
27日(火)、28日(水)
第9回
29日(木)

12月

第12回
4日(火)、5日(水)

第10回

 11日(火) 

第13回

13日(木)、14日(金)

1月

第14回

8日(火)、9日(水)

第11回

18日(金)

 第15回

29日(火)、30日(水)

2月

 第16回

4日(月)、5日(火)

  第12回

8日(金)

1月15日(火)

 第17回

18日(月)、19日(火) 

第13回

26日(火

3月 

 第18回

14日(木)、15日(金)

第14回 1日(金)
第15回 8日(金)

※ 各講習の空席状況は「web予約」ページでご確認いただくか、各消防署へお問い合わせください。


4 受講申請手続き


  お申し込み方法は、2通りです。
  なお、講習各回の7日前又は定員に達した時点で締切となりますのでご注意ください。 

 (1) 
消防署の窓口で申請
   
   
受講申請書に必要事項を記載のうえ、最寄りの消防署予防課予防係でお申し込みください。

   なお、受付時間は平日の8時45分から17時までです。

  
 「受講申請」のダウンロード

(2) 横浜市消防局のホームページから申請
 
 「Web予約」から必要事項を入力してください。


5 講習科目の一部免除

  次の講習の既修者については、重複する講習科目(7時間)が免除されます。ただし、受講手数料及び効
 果測定は免除されませんのでご注意ください。
  また、受講申請は消防署の窓口のみとなりますので、資格を証明する修了証等をご持参ください。横浜市
 消防局のホームページから申請された場合は、一部免除が適用されませんのでご注意ください。
  なお、免除者は、講習開始時間及び講習終了時間が異なりますので、受講申請時ご確認ください。
 (1) 甲種防火管理新規講習
 (2) 防災管理新規講習
 (3) 甲種防火管理新規講習及び防災管理新規講習を併せて実施する講習

6 講習場所
  横浜市消防訓練センター(横浜市戸塚区深谷町777)
  

7 講習時間及び受講手数料(非課税)
  
横浜市火災予防条例第69条の2の規定により、受講手数料が必要です。講習日前日までにお近くの金融
 機関で納付してください。納付の確認ができない場合は、受講できませんのでご注意ください。
  なお、既納の受講手数料は、返還いたしませんのでご了承ください。  
 講習会名称       受付時間 
講習時間 
受講手数料 
自衛消防業務新規講習 1日目:8時30分〜
2日目:9時00分〜
1日目:8時50分〜17時00分
2日目:9時20分〜16時30分
35,000円 
自衛消防業務再講習 8時30分〜
8時50分〜15時00分
20,000円 

 

8 受講に際しての注意事項
 (1) 講習には、受講票、領収証及び筆記用具を持参して下さい。
 (2) 講習の開始時刻を過ぎると講習会場へ入室することができませんので、ご注意下さい。
 (3) 「自衛消防業務新規講習」は、連続した2日間の講習を受講する必要がありますのでご注意ください。 
 (4) 消火訓練等の実技がありますので、タオル等をご用意いただくとともに、支障のない服装での参加をお願い
  します。
 (5) 講習会場には、駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用下さい。
 (6) 受講申請は、講習日の7日前又は定員に達した時点で締め切りとなります。
 (7) 講習会場周辺は飲食店やコンビニエンスストア等がありませんので、昼食はあらかじめ各自でご用意いただ
  くか、講習会当日の受付時にお申し込みください。(ただし、食事代(570円予定)は各自での負担となります。)

9 問い合わせ

受付場所
       所在地
         電話  
         FAX
横浜市鶴見消防署
横浜市鶴見区鶴見中央三丁目20番1号
045-503−0119
横浜市神奈川消防署
横浜市神奈川区広台太田町3番地の8
045-316−0119
横浜市西消防署
横浜市西区戸部本町50番地11号
045-313−0119
横浜市中消防署
横浜市中区山吹町2番地の2
045-251−0119
横浜市南消防署
横浜市南区浦舟町2丁目33番地
045-253−0119
横浜市港南消防署
横浜市港南区港南四丁目2番10号
045-844−0119
横浜市保土ケ谷消防署
横浜市保土ケ谷区川辺町2番地の9
TEL:045-334−6696
FAX:045-334−6699
横浜市旭消防署
横浜市旭区鶴ケ峰一丁目4番地の12
045-951−0119
横浜市磯子消防署
横浜市磯子区磯子二丁目1番3号
045-753−0119
横浜市金沢消防署
横浜市金沢区泥亀二丁目9番1号
045-781−0119
横浜市港北消防署
横浜市港北区大豆戸町26番地の1
045-546−0119
横浜市緑消防署
横浜市緑区中山町93番地の1
045-932−0119
横浜市青葉消防署
横浜市青葉区市ケ尾町33番地の1
045-974−0119
横浜市都筑消防署
横浜市都筑区茅ケ崎中央32番地1号
045-945−0119
横浜市戸塚消防署
横浜市戸塚区戸塚町4,144番地
045-881−0119
横浜市栄消防署
横浜市栄区桂町301番地
045-892−0119
横浜市泉消防署
泉区和泉中央北五丁目1番1号
045-801−0119
横浜市瀬谷消防署
横浜市瀬谷区二ツ橋町190番地
045-362−0119
 
情報作成者:予防部予防課
情報作成日:2018.3.26

 

トップページへ ページの先頭へ
 
横浜市消防局 〒240-0001 横浜市保土ケ谷区川辺町2-9
TEL.045(334)6789(番号案内) FAX.045(331)5221