- トップメニュー | 検索
トップページ > 消防局 > 消防局からのお知らせ > 洪水ハザードマップって何?


12月市民のみなさまへ消防局からのお知らせ



洪水ハザードマップって何?

大雨によって河川が増水し、堤防が決壊したりあふれたりする「はん濫」が発生した場合の浸水予測結果と浸水実績を基に、その範囲と程度、ならびに各地域の避難所を示し、市民の皆様の避難に役立つよう作成しました。



横浜市では、次の河川について、洪水ハザードマップを作成しています


○鶴見川水系洪水ハザードマップ
:鶴見区、港北区、緑区、都筑区、青葉区 

○帷子川水系洪水ハザードマップ:西区、保土ケ谷区、旭区 

○境川水系洪水ハザードマップ:戸塚区、栄区、泉区、瀬谷区 

○大岡川水系洪水ハザードマップ:南区、港南区、磯子区 

○宮川・侍従川水系洪水ハザードマップ:金沢区 









 

洪水ハザードマップはどこでもらえるの

洪水ハザードマップは区ごとに作成しており、各区役所で配布しています。
また、消防局「横浜市の危機管理」のWebページには、各区の洪水ハザードマップの電子データが閲覧できるようにしています。Webページでは、画面上で拡大表示して、マップをご覧いただけるようになっています。


「横浜市の危機管理」WebページURL
http://www.city.yokohama.jp/me/shobo/kikikanri/hmap/




トップページへ ページの先頭へ

2011年06月30日作成 - 2011年12月01日更新
横浜市消防局 危機管理課 |電話:045(671)3459 |FAX:045(641)1677
sy-kikikanri@city.yokohama.jp
© 2011-2011 City of Yokohama. All rights reserved.