- トップメニュー|検索
このページでは視覚障害をお持ちの方へ音声データを用意しています。
トップページ > 生活安心情報 > 住宅用火災警報器

 

 

 

11月9日3月1日住宅用火災警報器

「市内一斉点検の日」

 

住宅用火災警報器を点検しましょう。

住宅用火災警報器は「市内一斉点検の日」に限らず気付いたら点検するようにしましょう。 


住宅用火災警報器は、古くなると電子部品の
寿命や電池切れなどで火災を感知しなくなる
ことがあるため、設置後
10年を目安に取り替えましょう。    



秋の火災予防運動(119日から1115日まで)と春の火災予防運動(3月1日から3月7日まで)は、住宅用火災警報器点検強化キャンペーン期間です。



 

 1.なぜ必要なの?

 2.どこにつけるの?
 1戸建住宅編 2共同住宅編 
3.つける位置は?
 4.どんな警報器があるの?  5.どこで買えるの?  6.お手入れはどうするの?
 7.住宅用火災警報器に関する法令・資料  8.奏功事例  9.お問合せ先

 

 悪質な訪問販売にご注意ください!!



 消防局では取付け作業の支援を行っています。

 

 住宅用火災警報器の設置について(動画)

 住宅用火災警報器の維持管理について(動画)
 
教えてハマくん住宅用火災警報器編(動画)

 


住宅用火災警報器について動画で紹介しています

※この動画は港北消防署が作成したものです。

住宅用火災警報器について(動画)
 


住宅用火災警報器に関するお問い合わせは、お近くの消防署か消防局予防課へ 

情報作成者:予防部予防課
情報作成日:2018.10.26

 

 

トップページへ ページの先頭へ
横浜市消防局 〒240-0001 横浜市保土ケ谷区川辺町2-9
TEL.045(334)6789(番号案内) FAX.045(331)5221
1997-2011 City of Yokohama. All rights reserved.