- トップメニュー|検索
トップページ横浜市内の消防署都筑消防署 > お知らせ・イベント情報
 

・「防災救急フェア」を開催しました!new
・「はたらく車大集合withサマーコンサート」を開催しました!new
・平成30年度都筑区家庭防災員研修日程及び会場案内図について
・「ケガの予防対策」と「横浜市救急相談センター#7119」について
・「平成30年度全国統一防火標語」
・「平成30年度都筑区防災カレンダー」
・「車両火災に注意を!」
・「横浜市防災情報Eメール」で防災情報を!!
・「高齢者のご自宅へ消防職員が(防災)訪問します【申込制】
「住宅用火災警報器」の設置はお済みでしょうか?取付け支援があります【申込制】
・点検していますか?「住宅用火災警報器」
「平成30年度都筑区家庭防災員研修日程」について
「3.11東日本大震災」・・・・・その時、都筑区は?
未就学児童の消防署見学について
「住宅防火」に取り組みましょう!! 


      防災救急フェアを開催しました! 
         平成30年9月2日(日)10時〜13時まで都筑区総合庁舎区民ホール・区役所中庭及び福祉保健セ
        ンター1階において防災・救急フェアを開催しました。
          区民ホール・区役所中庭では防災用品の展示、非常時の食と口腔ケア、消防車両展示、子ども
        消防士体験、初期消火体験を実施し、区役所福祉保健センター1階では医療と薬の相談、健康講
        話、健康体操(ロコモ予防対策)、血管年齢測定、体成分測定、健康づくりなど様々なブースが出展
        しました。
          また、同時に開催した地震防災パネル展にも多くの方に足を運んでいただきました。
        
        防災備蓄品の試食子ども防火衣体験セントラルスポーツによる体成分測定
        ファイテンによる足のアーチ計測協和医科による胸骨圧迫測定住友生命による血管年齢測定
        健康体操




     はたらく車大集合withサマーコンサートを開催しました!   
        
                  平成30年8月5日(日)10時〜13時まで都筑区総合庁舎駐車場、都筑区総合庁舎前、都筑警察署
         駐車場で子どもたちが防火・防災と地域の安全・安心について考え・学べるイベント「はたらく車大集
                 合withサマーコンサート」を開催しました。
                  イベントでは、車両展示、ヒーローショー、サマーコンサートと盛りだくさんの内容で、多くの関係機
                 関(横浜市消防局航空隊、横浜市消防音楽隊、特別高度救助隊、都筑消防団、都筑区役所、都筑
                 警察署、都筑土木事務所、横浜建設業協会都筑区会、横浜市資源循環局、都筑郵便局、横浜市
                 交通局、自衛隊神奈川地方協力本部、米海軍日本管区司令部消防隊、大塚製薬、伊藤園、コカ・
                 コーラボトラーズジャパン)の協力を得て、連日の猛暑にもかかわらず、延べ8000人の方々が来場
                 し、多くの家族連れで賑わいました。
                  はたらく車大集合の実施と併せて都筑公会堂では、横浜市消防音楽隊によるサマーコンサート、
        ポートエンジェルス119によるステージドリル演技を披露し、こちらにも多くの方々が来場しました。

                 ショベルカーごみ収集車軽機動装甲車

        横浜市営バス米海軍日本管区司令部消防隊都筑警察署

                 救助工作車横浜市消防音楽隊サマーコンサート

                    

      車両火災に注意を!  
     

                  都筑区内車両火災の推移

                都筑区では、年平均4件ほどの車両火災が発生しており、本年も既に2件の車両
      火災が発生しています。
       自動車の不具合等が起因すると思われる火災が毎年発生していることから、定期
      的なメンテナンスを行うとともに、走行前にはエンジンルーム内をチェックしましょう!      

       国土交通省では、「自動車の不具合による事故・火災情報における車両事故に関
      する調査結果」を公表しており、これによると、原因が特定されたものでは、「点検・
      整備の実施方法」に起因するのが20.6%と最も多く、「特殊な使用等」と「社外品・後
      付装置」に起因するのがそれぞれ12.7%ずつと続いています。

  ☆緊急情報 エンジンルーム内にウエスなどの可燃物を置き忘れた
           などが原因となった
火災が発生しています!!

               エンジンルーム

       都筑区では昨年2月に中川中央で、本年1月には川和町で、エンジンルーム内に
      可燃物を置き忘れたことによる車両火災が発生しています。
       エンジンオイルなどが付着したウエスの最低発火温度は300〜350度で、エンジン
      や排気管などは走行を続けると容易に300〜350度に達し、発火する可能性が高く
      なります。
      
       同様の火災を防ぐために、次のことに留意してください。

      1 車の定期点検を行いましょう

      2 走行前にはエンジンルーム内を確認しましょう

      3 車を長期間使用しなかった場合は、小動物や鳥類に持ち込まれた小枝などがな
       いことを確認しましょう

      4 走行中に焦げた臭いを感じたときは速やかに安全な場所に停止しましょう
  

                          
           「平成30年度全国統一防火標語」
        ◆ 「忘れてない? サイフにスマホに火の確認」


       「平成30年度都筑区防災カレンダー」作成!!
        ◆ 第25回都筑区子ども展の防災ポスターの部入選作品を、防災啓発のため
         カレンダーとして活用させて頂いています。

        「平成30年度都筑区防災カレンダー(PDF:400KB)」


            「横浜市防災情報Eメール」で防災情報を!!
       
                  ◆ 災害への備えは、正確な情報を、いち早く知ることが大切です。
         横浜市防災情報Eメールでは、河川の水位情報や雨量情報など、身近に迫っている
        緊急情報をリアルタイムにお知らせします。
         あなたの御家族の安全を守るために、ぜひご登録ください。
        「配信情報」
        ◎横浜市からの緊急なお知らせ ◎天気予報、熱中症注意情報 ◎気象警報・注意報
        ◎震度情報、津波警報・注意報 ◎竜巻注意情報等・・・
       ※ 御利用方法や配信情報詳細は、横浜市危機管理室のホームページをご確認くださ
        い。)
         横浜市危機管理室、「防災情報Eメール」のページ
                                   
                       

 ケガの予防対策と横浜市救急相談センター#7119  
     
        近年、救急隊による傷病者の搬送が増加しており、中でもケガによるものは、他の原因に比べて
       増加率が高いことがわかりました。
          その危険性を事前に知ることでケガを防止しましょう。 

        救急搬送事例から見たケガの予防対策(PDF:6.26MB)


        急な病気やケガで受診の相談をしたいときは、「#7119」におかけください。
        ・受診できる病院・診療所を知りたいときは電話機の【1】を選択
        ・病院や診療所へ行くか、救急車を呼ぶか迷ったときは電話機の【2】を選択
        詳しい内容は、下記のPDF、動画をご覧ください。

        横浜市救急医療相談センター(#7119)(PDF:1143KB)

        ★「#7119」広報動画
        
        
      
     そのほかにも該当する病気やけがの症状を選択することで、緊急度や病院受診の必要性を判断で
       きるサービスとして、「
横浜市救急受診ガイド」をご紹介しています。
       
         「横浜市救急受診ガイド」(横浜市消防局ホームページ) 

                  「横浜市救急受診ガイド広報用チラシ(A4両面)(PDF:1.73MB)」

         「救急医療機関のご案内」(横浜市医療局) 
                                                                                     

        ◆ 「もしもの時に備え、救命処置(心肺蘇生法等)を覚えましょう!!」
          横浜市消防局では、動画や静止画で心肺蘇生の手順やAEDの使い方等を学べる
         スマートフォンのアプリ、「アプリで覚える救命処置の基礎」をご紹介しています。
           
           「アプリで覚える救命処置の基礎」(横浜市消防局ホームページ)
        
        ◆ 「傷病者の管理法」や「異物の除去(食物などの異物が口などに詰まった場合の処置)」
          等をご紹介しています。
           
           その他の応急手当の基礎実(横浜市消防局ホームページ)
        

 
     「高齢者のご自宅へ消防職員が(防災)訪問します」
     【申込制・随時実施】
    
    高齢者の火災被害を防ぐため、消防職員が高齢者宅を訪問し、火災予防
               のアドバイスなどを行います。

           訪問をご希望の場合は、お気軽にお申込みくだい。                   
 
       【対    象】  都筑区内の高齢者世帯(65歳以上の人で構成する世帯)
       【訪問時間】   平日10時〜16時、1軒あたり10分から15分程度
       【実施内容】    玄関先で、火災予防のポイントをお話しします。
                  ご希望がある場合は、コンロなどの調理器具、ストーブなどの暖房
                                         器具、喫煙の状況などを確認後、火災予防のアドバイスを行います。
             
                                   ※ 訪問する消防職員は、必ず制服を着用し、職員証を携帯
                                 します。

               
 自治会町内会と連携した訪問などのご希望がある場合は、都筑消
                    防署予防課へ御相談ください。 
       
       【申込方法】     ※ ご本人、または、ご本人からの同意がある場合は担当のケアマネー
                       ジャー又は民生委員からの申し込みが可能です。
                
                                   ※   平日8時45分〜17時に、都筑消防署予防課予防係まで、御来署または
                      お電話にて、お申し込みください。
                
                                   ※ 安心して(防災)訪問を受けていただくため、できる限り、訪問当
                                      日は、ケアマネージャー又は民生委員との同行ができるようご配慮く
                                      ださい。             

     「住宅用火災警報器」の設置はお済みでしょうか?
     住宅用火災警報器一例
     ※ 住宅用火災警報器について
     
     1 「住宅用火災警報器」相談窓口の御案内
       都筑消防署と区内の各消防出張所に、「住宅用火災警報器」の相談窓口を設置しています。
       「住宅用火災警報器」については、都筑消防署または消防出張所に御相談ください。

     2  「住宅用火災警報器」取付け支援の御案内
         「住宅用火災警報器を購入したけれど、取付けができない」とお困りの高齢者世帯などを対象に、
        取付けをお手伝いします。

      ●支援内容● 申込者がお持ちの住宅用火災警報器の取付けを消防職員が行います。
               ただし、取り付ける住宅用火災警報器・取付け金具・部材等は申込者が御用意ください。
      
      ●対象世帯● 取付け作業を実施することが困難な高齢者や障がい者世帯などのうち、取付け支援を
               希望する世帯です。
       
      ●募集期間●  期間:随時
      
            ●受付時間●  平日8時45分から17時00分まで

            ●お申込み● 消防署・消防出張所に設置する住宅用火災警報器相談窓口へお越しいただくか、また
              はお電話、FAX等でお申し込みください。FAXの際はPDFFAX送信用受付票(PDF:90KB)
              を御送信ください。
               

      【お申込み・お問合せ(FAX番号同じ)】
        都筑消防署      045−945−0119 茅ケ崎中央32−1
       北山田消防出張所 045−591−0119 北山田1−1−66
             川和消防出張所   045−931−0119 川和町1221
       佐江戸消防出張所 045−936−0119 佐江戸町366−4
       仲町台消防出張所 045−943−0119 仲町台5−1−46



 点検していますか?「住宅用火災警報器」

   住宅用火災警報器は、設置した後の「点検」も重要です。定期的に点検を実施しましょう。

   ◆ 点検方法
     住宅用火災警報器の「警報停止ボタン」を押す。または、「引き紐」を引っ張るなど、点検方法は警報器
    によって異なります。取扱説明書を確認して、年に1〜2回は、点検しましょう!
     また、ほこりや汚れが付くと正常に火災を感知できなくなることがあります。定期的に清掃しましょう。

jyukeikitenken

    ●正常なら、音声や「ピー」音が鳴ります。

    ●ボタンを押しても(紐を引いても)作動しないときは、以下の対応を取りましょう。
     ・電池は、きちんとセットされているか確認してください。
     ・電池がセットされているのに鳴らない場合は、「電池切れ」「警報器本体の故障」が考えられます。
      取扱説明書を確認するか、メーカーに問い合わせしてください。

                                  
 ■ 
「平成30年度都筑区家庭防災員研修日程」について  

PDF平成30年度都筑区家庭防災員研修日程及び会場案内図(PDF:654KB)

【様式】都筑区家庭防災員自主活動補助金申請書等(Word:23KB)
PDF【記入例】都筑区家庭防災員自主活動補助金申請書等(PDF:149KB)

     毎年、都筑区内の各自治会・町内会から、多くの方が研修受講者として推薦され、約140名の方が
   研修を受講しています。テキストによる講義の他、 「防火(消火器の取扱い方法等)」「地震風水害
(災害図上訓練「DIG」等)」・「救急(心肺蘇生法等)」について必要な知識技術を身に付けています。
                      
       〔横浜市民防災センターにおいて実施した研修より〕
      平成28年度家防員研修地震シミュレーター 災害シアター  救急 
         【地震シミュレーター】       【災害シアター】        【心肺蘇生法・AED取扱い訓練】

「3.11東日本大震災」・・・・・その時都筑区は?

          地震発生後の区内の状況です。
          長時間にわたる停電、市営地下鉄の不通により駅構内には家路に急ぐ帰宅者等の人が溢れ
       また、携帯電話の輻輳で家族に連絡が取れず公衆電話への長い列が発生しました。

     ★発災後、消防地区本部により被災状況確認

       tikuhonbu1  tikuhonbu2

 

     ★区内のほとんどが停電となり闇夜。信号も点かずに交通渋滞発生!! 

       soto1 soto2

    

                         soto3

 

      ★市営地下鉄、センター南駅構内では、家路へ急ぐ区民、唯一の通信手段となった公衆電話で

      家族へ連絡する行列や列車運行開始まで待つ人々で溢れていた。       

      tikatetu1  tikatetu2

      tikatetu3  tikatetu4   

      

    ★帰宅困難者のために公会堂を開放し休んでいただきました!

      kitaku1  kitaku2      

      kitaku3  kitaku4          

 

   「未就学児童の消防署見学について」
 
         都筑消防署(本署・出張所)では、子どもたちが安心して消防車を見学できます。
         幼年期の子どもたちからも親しまれる消防署を目指します。

        <見学できる日は、次のとおりです>

☆  見学できる日:毎月第4水曜日 午前10〜11時
   (但し、休日又は消防署に特別な行事がある時は、変更をお願いする場合があります。)
  なお、この時間帯以外に見学希望の場合はご相談ください。                        

    また、個人等少人数での見学は随時受け付けておりますので、お気軽に声をかけてください。                                  
    ただし、災害対応や業務の都合でお断りする場合もありますので、その際はご了承ください。  

☆  担当  :都筑消防署予防課予防係   TEL 945-0119

                                 misyuugaku

  

    「住宅防火」に取り組みましょう!!

   火災原因として最も多いものは「放火(疑いを含む)」となっています。
     自宅の周りに燃えやすい物を放置しないようにするとともに、お住まいの住宅から火災を起こさないために
    もう一度火の元を確認し、住宅防火に取り組みましょう!!

※ 火災を防ぐには・・・

※ 初期消火の方法

※ 119番通報のかけ方

※ 火災からの避難


 

トップページへ ページの先頭へ
横浜市消防局 〒240-0001 横浜市保土ケ谷区川辺町2-9
TEL.045(334)6789(番号案内) FAX.045(331)5221