- トップメニュー|検索
横浜市消防局
このページでは視覚障害をお持ちの方へ音声データをご用意しています。
トップページ横浜市内の消防署港北消防署 > お知らせ・イベント情報   


お知らせ・イベント情報
  港北消防署からのお知らせやイベントの開催情報をお知らせします。

   



「救急適マーク」を交付しています!


救急優良認定証(救急適マーク)
 平成20年10月1日に施行された横浜市救急条例により一定の防火対象物にAEDや応急手当に必要な資器材を整備することが定められました(資器材の整備は平成21年4月1日から施行) 。
 港北消防署では救急条例で定められた防火対象物でAED及び応急手当に必要な資器材等を設置し、かつ普通救命講習等を受講した従業員が営業時間中に常駐しているホテル等に救急優良認定証(救急適マーク)を交付しています。

救急適マークが交付されている施設(平成27年3月31日現在)
○ ウインズ新横浜
○ 新横浜プリンスホテル
○ 日産スタジアム
○ 新横浜グレイスホテル
○ 新横浜中央ビル
○ トレッサ横浜
○ 横浜アリーナ
 救急適マークが交付された施設内では、突然の心肺停止状態に陥った方が発生した場合でも救急隊到着前の迅速な救命活動を行える体制が整ったこととなります。
 今後も随時申請を受け付けるほか、対象を広げて地域の安全安心体制の構築を図っていきます。



「命の大切さ」を学ぼう!


 港北消防署では、自主事業として、港北消防署員・消防団員で協力し、区内の中学校に対し、普通救命講習等を行っています。
  当事業の目的は区内の中学生に命の大切さを理解してもらうとともに、消防団員や家庭防災員が指導に参加することにより、地域と中学生のコミュニケーションの向上を図ることです。 平成27年度は中学校10校(1,966人)に実施しました。

救命処置の重要性について
胸骨圧迫の実技
消防団の指導
消防職員の指導

平成27年度の実施状況◇(実施日順)
中学校名実施日受講者数
高田中学校 平成27年 7月1日 117人
武相中学校 平成27年 7月15日 33人
新田中学校 平成27年 11月6日 230人
大綱中学校 平成28年 2月24日 322人
日吉台中学校 平成28年 2月25日 312人
城郷中学校 平成28年 3月1日 211人
樽町中学校 平成28年 3月2日 253人
日吉台西中学校 平成28年 3月4日 157人
新羽中学校 平成28年 3月9日 126人
篠原中学校 平成28年 3月23日 205人
◆平成27年度 合計 10回 1,966人
                                      

 



平成28年中の港北区内の火災・救急件数(速報値)


  火災件数
種別 建物 車両 その他 合計  
件数 33
(30)
4
(5)
31
(23)
68
(58)
 
主な原因 放火
(疑い含む)
こんろ たばこ 溶接機・切断機 マッチ・ライター
件数 26
(17)
11
(8)
5
(6)
3
(1)
3
(0)

  救急件数
種別 急病 一般 交通 その他 合計
件数 9,870
(9,432)
2,599
(2,473)
885
(897)
1,375
(1,494)
14,729
(14,296)

( )内は平成27年中の件数です。

 

ペーパークラフトを作ってみよう!


  消防車と救急車のペーパークラフトをダウンロードして、作ってみよう!
はさみ・カッター・のりを使って作ります。
はさみやカッターを使うときは、注意して使うようにしましょう。
厚紙に印刷すると丈夫に作ることができます。

 第2消防隊ペーパークラフト  救急隊ペーパークラフト   はしご車隊ペーパークラフト
港北第2消防隊ペーパークラフト(PDF)港北第2消防隊ペーパークラフトを作ってみよう!(PDF:159KB) 港北救急隊ペーパークラフト(PDF)港北救急隊ペーパークラフトを作ってみよう!(PDF:226KB) 港北はしご隊ペーパークラフト(PDF)港北はしご車隊ペーパークラフトを作ってみよう!(PDF:452KB)


イベント 〜港北区消防出初式〜


 平成29年港北区消防出初式

 1月初旬の土曜日に、新春を飾る消防出初式を開催しました。
 平成29年は、消防団員や消防職員の日頃の訓練成果を披露する「消防総合演技」をはじめとして、上空に向けての一斉放水や消防車両の展示などを行いました。
 なお、港北区消防出初式は 皆様による協賛をいただいて開催しています。


■ 平成29年港北区消防出初式の実施報告

平成29年は、晴天のもと 多くの方にお越しいただきました。

1 日時     2017年1月7日(土) 11時00分から  港北区消防出初式 プログラム
 出初式プログラム表紙
2 場所    日産スタジアム駐車場
3 内容    ・お囃子・獅子舞(岸根囃子連)
 ・式典
 ・まとい振込み・梯子乗り演技(神港鳶職組合)
 ・徒歩・車両分列行進(消防団)
 ・マーチングバンド演技(小机小学校)
 ・鼓隊演奏(尚花愛児園)
 ・消防隊等の総合演技、
  一斉放水(消防署・消防団)
 ・消防車両等の展示(特別高度救助部隊等)
港北区消防出初式 岸根囃子連
 はじめに、港北区の郷土芸能を受け継ぐお囃子と獅子舞が披露されました。
 岸根囃子連は、一昨年には横浜文化賞の社会貢献部門を受賞された、地域の行事に欠かせない存在です。 
 神港鳶職組合
 神港鳶職組合により、昔の町火消しの情緒を今に伝える 重さ15kgを超えるまといの華麗な振り込みと、梯子乗り演技が披露されました。

出初式 式典、徒歩・車両行進
 式典では消防功労者や消防団員等への表彰を行いました。 その後、消防団員と消防団車両が、分団ごとに隊形を整えて順に行進する分列行進を行いました。

 出初式 小机小学校マーチングバンド演奏、愛児園鼓隊演奏
 昨年12月の「マーチンバンド全国大会の小学校の部」で金賞を受賞した小机小学校のマーチングバンドと、尚花愛児園の鼓隊による、素晴らしい演奏が披露されました。

港北消防出初式 家庭防災員演技
 
 阪神淡路大震災の際、消火栓が使用できない中でも大きな効果を上げたバケツリレー消火。
 家庭防災員により、8Lバケツを使用したバケツリレーの初期消火訓練が披露されました。

 家庭防災員制度は、自助から始まり、地域防災の担い手にもつなげる 防火、救急、地震・風水害等に関する研修制度です。くわしくはこちら

出初式 消防防総合演技
 消防防総合演技では、消防団員や消防職員が、日頃の訓練成果を披露しました。
 震災、交通事故、火災発生時を想定して、実際に消防車や救急車も出動しました。


←震災を想定した訓練では、消防団員がエンジンカッターを使って鉄扉を切断し、閉じ込められた人々を救助しました。
 その後、煙が上がった鉄扉や倒壊建物に放水する消火活動を実演しました。
 港北消防出初式 総合訓練
 女性で構成された港北消防団第八分団を中心に、震災を想定した 救助・救命処置訓練も行われ、当日はテレビニュースの取材も入りました。 倒壊した建物の下敷きとなった人を、油圧ジャッキを使って持ち上げて救出したあと、人工呼吸や心臓マッサージなどを行いました。
港北消防出初式
 交通事故を想定した演技では、実際に2台の走行車両を正面衝突させ、事故車両に取り残された人を助け出しました。
 綱島特別救助隊が出動し、乗用車の窓枠の柱(ピラー)を切断して、車の天井を外し、車内から負傷者を救助しました。

港北消防出初式 一斉放水

 フィナーレは、上空に向けての一斉放水です。
晴天のもとの一斉放水で、空に虹がかかりました。
出初式 車両展示
 終了後は、消防車両が展示されました。
 来場者が消防車両に乗ったり、記念撮影をすることができ、子どもたちにも人気です。
 スーパーレンジャー(略称SR)と呼ばれる、特別高度救助部隊の車両には行列ができていました。

  
 
トップページへ ページの先頭へ
横浜市消防局 港北消防署
〒222-0032 港北区大豆戸町26-1(港北区総合庁舎内)
TEL/FAX. 045(546)0119