- トップメニュー|検索
市民局

公開フォーラム「コミュニティカフェがその価値を発揮するために」を開催(市民活動支援センター自主事業)

「コミュニティカフェ」という新たなスタイルの地域拠点が、横浜市内につぎつぎと生まれています。敷居を低く、誰でも立ち寄れて、困った時にも利用してほしいと、運営者は独自のやり方を手探りで進めています。市内で早期に開設したカフェの中には、エリアマネジメント、ネットワークづくり、相談機能など、中間支援機能とも言える役割を、地域で果たしているところも出てきました。

この事業では、コミュニティカフェが「地域の中の中間支援」として果たしている役割や意義を「見える化」することを目的として取り組んできました。3か年の事業を踏まえて、今後を展望するフォーラムです。ぜひご参加ください。 

※横浜市市民活動支援センター自主事業とは

この事業は、「中間支援組織の機能強化」をテーマに、市民活動団体から事業提案を募集し、実施しているものです。平成27年度から、市民活動団体である横浜コミュニティカフェネットワークからの提案事業「カフェ型中間支援機能の創出・強化・普及」事業を実施しています。 

【開催概要】 

日時:平成30年1月19日(金)

13時30分~16時30分(開場13時)

場所:BankART Studio NYK 横浜市中区海岸通3-9

対象:コミュニティカフェ実践者、行政職員、関心のある方。

参加費:2000円(資料代含む)

主催:横浜コミュ二ティカフェネットワーク、横浜市市民局

 

詳細・申込についてはこちらをご覧ください。

「コミュニティカフェがその価値を発揮するために」 チラシ

※本事業は平成27年度から、横浜市市民活動支援センター自主事業として横浜市と協働で実施しています。