- トップメニュー|検索
市民局

ラグビーワールドカップ2019™ファンゾーン運営業務委託について

新着情報

ラグビーワールドカップ2019™ファンゾーン運営業務委託についてからのお知らせ


 ラグビーワールドカップ2019™の開催期間中、開催都市は、試合会場とは別に大型スクリーンによる試合映像の放映(パブリックビューイング)やケータリング、ラグビーワールドカップのコマーシャルパートナーによるプロモーション活動、ラグビーの普及活動等が行われるファンゾーンを設置し、大会を盛り上げていくとともに、ラグビーの普及・啓発を行います。
 ファンゾーン運営業務委託に係る事業者の選定にあたり、次のとおり公募型プロポーザルを実施します。

■ 実施要領等、関係書類について

本プロポーザルの参加にあたっては、提出期限、提出方法、その他の項目について、次の関係書類を十分にご確認いただいたうえで、参加表明の手続及び提案書の提出をお願いします。

プロポーザルの手続き・
提案書の作成方法
業務の内容
その他プロポーザル関連資料

■提案書を提出できる事業者の参加条件

 参加の条件は、次に掲げる条件(1)または(2)のいずれかを満たしていることです。

(1)応募者の資格

 応募の資格を有する者は、次の項目すべてに該当するものとする。
ア 「平成29・30年度横浜市一般競争入札有資格者名簿(物品・委託)」(以下「名簿」という。)の営業種目「イベント企画運営等」の1位以上の登録が認められた者で、細目「A会場設営」、「B展示物作成」、「Cイベント企画」、「Dイベント運営」すべてに登録が認められている者。
イ 名簿の営業種目「広告」の登録が認められた者で、細目「Aテレビ・ラジオ」、「B新聞、雑誌」、「Cウェブ」、「Zその他」すべてに登録が認められている者。
ウ 名簿において所在地区分が「市内」、規模区分が「中小企業」で登録が認められている者。
エ 警備業法第4条に定める警備業の認定を受けている者。
オ 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当していない者。
カ 参加意向申出書の提出期限の日から受託者を決定する期日まで、横浜市指名停止等措置要綱の規定による停止措置を受けていない者であること。

(2)共同提案の場合の応募資格

 複数事業者による共同提案を行う場合は、次の項目すべてに該当するものとする。
ア 共同提案者全てが名簿に登録されていること。
イ 共同提案者は、前号ア、イ、ウ及びエに該当する事業者を含んだ構成とすること。なお、一者でその条件すべてを満たしている必要はない。
ウ 共同提案者全てが前号に掲げるオ及びカに該当すること。
エ 必ず幹事者を決め、幹事者の代表社印を押印した、本要領に定められる「参加意向申出書(第1号様式)」を提出すること。その際、幹事者の印は契約時に使用するものと同一とする。また、幹事者以外の共同提案者の代表者名を記載し、それぞれの代表者印を押印した、「参加意向申出書(共同提案)」(第2号様式)も提出すること。
オ 複数の共同提案に応募することはできない。また、共同提案を行う者が単独で提案を行うことはできない。

■プロポーザルの手続

 「受託候補者特定に係る実施要領」及び「提案書作成要領」を確認の上、「様式集」に掲載された様式を使用して、指定した提出先へご提出をお願いします。

<参加表明の手続>
提出期間 公告日から平成31年2月21日(木)午後5時まで(必着)
提出先 横浜市市民局ラグビーワールドカップ2019推進課
sh-rugby@city.yokohama.jp
提出方法 上記のメールアドレスに電子メールにて提出してください。また、提出後は必ず電話で到達確認を行ってください。
 
<質問書の提出>
提出期限 平成31年3月1日(金)午後5時まで(必着)
提出先 横浜市市民局ラグビーワールドカップ2019推進課
sh-rugby@city.yokohama.jp
提出方法 上記のメールアドレスに電子メールにて提出してください。また、提出後は必ず電話で到達確認を行ってください。

 

<提案書の提出>

提出期限 平成31年3月12日(火)午後5時まで(必着)
提出先 横浜市市民局ラグビーワールドカップ2019推進課
提出方法 持参、または郵送
(郵送の場合は、書留郵便とし、期限までに到着するように発送し、電話で到達確認を行ってください。)

 

■ヒアリングの実施

実施日 平成31年3月19日(火)(予定)
詳細については別途お知らせします。


■担当部課

〒231-0013 横浜市中区住吉町1-2(スカーフ会館ビル6階)
横浜市市民局ラグビーワールドカップ2019推進部ラグビーワールドカップ2019推進課