- トップメニュー|検索
市民局

転入届(国外からの転入)

■国外から横浜市内の各区へお引っ越しをしたときの手続きです。
■お引越し先の区の区役所戸籍課登録担当で受け付けます。
 (市役所・行政サービスコーナーではお手続きできません)

<区役所での取扱時間>
 ■ 戸籍課登録担当窓口での受付
  月曜日~金曜日 8:45~17:00   第2・第4土曜日 9:00~12:00

<届出の際の注意事項>
 ■ 他都市や他機関に問合せや住民基本台帳ネットワークによる住民票コードや個人番号(マイナンバー)の確認が必要な場合につきましては、一部お取扱いできないことがあります。 

◎住所等は正しく届け出ていますか?

 ◎届出先・お問合せ:各区役所戸籍課
    市役所・行政サービスコーナーではお手続きできません。

対象
●国外からお引っ越しをした方
届出人
●本人
●世帯主または同一世帯の方
 同一住所にお住まいでも世帯が分かれる方は代理人と同じ扱いとなります。
●代理人(委任状が必要となります)
届出期間
●新しい住所に住み始めた日から14日以内(お引っ越し前にお届けすることはできません)
  • 14日目が区役所の閉庁日に当たるときは、翌開庁日が届出期間の末日となります。
届出先
●新しい住所の区の区役所戸籍課
必要なもの
【日本国籍をお持ちの方】
パスポート (転入する方全員分のパスポートが必要です。)
戸籍全部事項証明(謄本)及び戸籍の附票の写し
  • 横浜市内に本籍がある方は必要ありません。
【外国人住民の方】
在留カード又は特別永住者証明書(平成24年7月以前の外国人登録証明書)
パスポート
  • 在留カードが空港で発行されない場合は、在留カードを後日交付することが書かれたパスポートをお持ちください。 
  • 短期滞在の方や、3か月以下の在留期間が決定された方などは、住民基本台帳法の適用対象とならないため、住民登録ができません。(詳しくはこちらをご確認ください)

続柄を確認する書類

  • ※外国人世帯主と外国人世帯員の場合は、家族関係を確認する書類が必要です。(外国語の場合は翻訳者を明らかにした訳文を添付)
【共通】
●窓口に来た方の本人確認書類(詳しくはこちらをご覧ください) 
●代理人が届出される場合には委任状が必要です。 ●認印(転入届以外の手続きで必要になる場合があります)
マイナンバー制度の通知カードまたはマイナンバーカード(個人番号カード)…お持ちの方のみ
 (マイナンバー(個人番号)に関する手続きで必要となります)

■国外からの転入に伴うマイナンバー制度の手続きは、次のページも併せてご覧ください。