- トップメニュー|検索
市民局

住民基本台帳カードがマイナンバーカードにかわります

 

住民基本台帳カードの新規作成を希望される方はご注意ください

  社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の施行により、住基カードの運用が変更されます。

  これから住民基本台帳カードをお作りになる場合は、変更点をよくご理解いただいた上で申請されるようお願いします。


1 住民基本台帳カードがマイナンバーカードに引き継がれます

     平成28年1月以降、マイナンバーカードの交付が開始されます。このカードは、これまでの住基カードの機能を
    引き継ぐものとなります。
     氏名、住所、生年月日、性別、個人番号、顔写真、有効期限等が記載されます。カードの大きさは住民基本
    台帳カー
ドと同等です。 


2 平成28年1月以降は住民基本台帳カードの新規発行は行いません

     マイナンバーカードの交付開始に伴い、住民基本台帳カードの新規発行は終了します。平成28年1月以降はマ
   イナンバー
カードのみを発行します。平成28年以降に既存の住基カードを更新することはできません。引き続き
   カード
が必要な場合はマイナンバーカードに変更となります。


3 マイナンバーカードを取得するときには住基カードを廃止・回収します

      住民基本台帳カードとマイナンバーカードを両方所有することはできません。マイナンバーカードを交付する際に住
   民基本台帳カードを回収します。



4 住民基本台帳カードは平成28年1月以降も有効期間まではそのまま使えます
 
    これまで発行した住民基本台帳カードは有効期限まではそのままお使いになれます。住民基本台帳カードを
   利用する目的(本人確認資料など)によってはすぐにマイナンバーカードに切り替える必要はありません。
     現在、住民基本台帳カードを利用した公的個人認証(電子証明書)を使用しており、継続利用を希望する場合
   は、カードの有効期限内であっても電子証明書の有効期限(現行3年)に達した時点で個人番号カードに切り替
   える必要があります。


5  電子証明書が標準搭載されます

        マイナンバーカードには、e-Taxなどで使用する電子証明書が標準搭載されます。この電子証明書は、平成28
      1月発行分から有効期間が5年間(現在検討中)に変更になります。


住民基本台帳カード・マイナンバーカードの比較

   住民基本台帳カード  マイナンバーカード
 様式  
■顔写真入りイメージ


■顔写真なしイメージ


■表面イメージ※5


■裏面イメージ※5
 
 申請  区役所窓口   郵送(現在検討中)
 交付   区役所窓口
  (1)即日交付※1(1回来庁)
  (2)申請受付後に文書照会※2(2回来庁)
 区役所窓口(1回来庁)(現在検討中)
 発行  平成27年12月まで   平成28年1月から
 手数料   500円(電子証明書は別途手数料500円)  無料
 パスワード   あり  あり
 有効期間   ■住民基本台帳カード  取得から10年※3
  ■電子証明書 3年※4
  ■マイナンバーカード
  20歳以上 10回目の誕生日
  20歳未満 5回目の誕生日
 ■電子証明書
  5年

※1 本人が来庁。本人確認用資料に条件あり
※2 代理人も可だが、2回の内1回は本人が来庁。本人確認用資料、代理人の扱い等に条件あり
※3 マイナンバーカードと重複所有は不可
※4 平成28年1月以降は更新不可
※5 出典 内閣官房 社会保障改革担当室/内閣府 大臣官房 番号制度担当室 「マイナンバー 社会保障・税番号制度 概要資料」

■  お問合せ
 
〈マイナンバー制度について〉 マイナンバーコールセンター 0570-20-0178(全国共通ダイヤル)
                月~金曜日9時30分~17時30分
                (土日祝日・年末年始を除く)
                IP電話等でつながらない場合は03-6441-3457へおかけください