- トップメニュー|検索
市民局

電子証明書について


 電子証明書とは? 

 住所、氏名、性別、生年月日のほか、暗号化したデータを復号するために必要な情報等が記載されており、これらの情報が申請者本人のものであることを神奈川県知事が証明したものです。
 なお、この証明書は、紙に印字するものではなく、住民基本台帳カードの中に格納されます。
 有効期間は3年です。(引越しによる住所変更など、申請者の住所、氏名等、電子証明書に記録されている情報に変更があった場合、有効期間内であっても失効します。)
 (使用する際は、ICカードリーダライタが必要となります。)


 電子証明書が利用できる手続きはどんなものがあるの? 

 現在、公的個人認証サービスの利用により、電子申請・届出が可能となる手続きについては、次のとおりです。


恩給関連手続

 恩給受給者の住所変更届出、恩給の支給郵便局の変更届等
 →平成16年2月16日から開始

○無線従事者免許関連手続
 無線従事者の免許の申請等
 →平成16年3月29日から開始

○社会保険関係手続(年金、医療保険など)
 年金受給権者現況届、健康保険被保険者家族療養費支給申請書等
 →平成16年3月29日から開始

○国税(法人税・消費税・所得税)の確定申告
 →平成16年6月1日から開始

○年金関係手続(国家公務員共済組合連合会)
 年金受給権者の申請等
 →平成16年7月1日から開始

○海技免状及び操縦免許証の申請
 →平成16年9月2日から開始

○このほか、一部の自治体などでも公的個人認証を利用した電子申請が開始されております。

※これら詳しい手続きについては、ご利用できる行政手続き等(公的個人認証ポータルサイト)のホームページをご覧ください。

 


戻る