- トップメニュー|検索
市民局

新築・建替え時等の住所設定について

<区役所での取扱時間> 
  月曜日~金曜日 8:45~17:00   第2・第4土曜日 9:00~12:00

<注意事項>
 ■行政サービスコーナー・市役所では届出できませんのでご注意ください。

 ◎届出先・お問合せ先:各区役所戸籍課登録担当

新築・建替え時の住所設定

 住居表示実施地区では、建物の出入口の位置により住居番号を付け、住所を定めます。
 このため、建物の新築・改築を行った際は、建物のある区の戸籍課登録担当で建築物異動届を提出し、新住所の指定を受ける必要があります。

 ※住居表示実施地区かどうかの確認は、こちらのページを参照してください。
 ※住居表示実施地区以外では、地番を住所として使用することになります。(建築物異動届は不要)

  1. 届出人
    住居表示実施地区内の建築物の建築主、設計者、不動産業者、入居者のいずれの方でも可能です。
  2. 届出時期
    建築物を新築等した際
    ※宅地開発を伴う場合等は現地調査が必要となる場合がありますので手続は余裕をもって行うようにしてください。
    ※この手続がお済みでないと住所が決まらないため、転入(転居)の手続ができません。
  3. 届出先
    建築物の所在地の区役所戸籍課登録担当
    ※原則として郵送では届出できません。
  4. 必要なもの(建築確認申請の書類一式があればお持ちください)
    ・付近の見取図(案内図)
    ・配置図(玄関の位置がわかるもの)
    ・平面図
  5. 手数料
    無料
  6. 申請後の流れ
    「住居表示通知書」と「住居番号表示板」をお渡しします。
    ※住所設定に現地調査が必要な場合等は、後日郵送させていただく場合もあります。
  7. 申請書
    建築物異動届(PDF 52KB)
住居番号を付番・変更・廃止する必要がある場合
 住居表示実施地区内で、倉庫等の建築物だったため住所設定の必要がなかったものが、その後の用途変更(事務所等への変更)等により住所を必要とすることとなった場合やその逆に住所を必要としなくなった場合は、申出が必要です。
 また、同一の住居番号があり、枝番を付ける場合も申出が必要です。

 ※住居表示実施地区かどうかの確認は、こちらのページを参照してください。
 ※住居表示実施地区以外では、地番を住所として使用することになります。(申出は不要)

  1. 申出人
    住居表示実施地区内の建築物の所有者、管理者、占有者のいずれの方でも可能です。
  2. 申出時期
    従来の住居番号を変更する等の必要が生じた際
  3. 申出先
    建築物の所在地の区役所戸籍課登録担当
    ※原則として郵送では届出できません。
  4. 必要なもの(建築確認申請の書類一式があればお持ちください)
    ・付近の見取図(案内図)
    ・配置図(玄関の位置がわかるもの)
    ・平面図
  5. 手数料
    無料
  6. 申出書
    住居番号異動申出書(PDF 52KB)