- トップメニュー|検索
市民局

通知カード 再交付について


通知カードを紛失や焼失などした場合、通知カードの再発行が可能です。
お住まいの区役所戸籍課にて、手続きを承ります。
(申請受付後、住民票の住所あてに郵送となります。)

 ※自宅外で紛失された場合は、再発行の手続きの前に、警察署で遺失物届の手続きを行ってください。
  通知カードの再発行手続きの際、警察署で発行される受理番号の控えが必要となります。

1 手続きに必要なもの

・通知カードを再発行する本人の本人確認書類
   A 官公署で発行した顔写真付きの本人確認書類 1点
     運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード(顔写真付き) 、身体障害者手帳、在留カード、
     運転経歴証明書(交付年月日が、平成24年4月1日以降のものに限る。)等、官公署が発行した資格証明書等で顔写真付きのもの
   B Aの書類がない場合は、次の書類 2点
     健康保険被保険者証、介護保険被保険者証、年金手帳、生活保護受給者証、社員証、学生証など

・通知カードの紛失、焼失等を証明する書類
   A 自宅外で紛失された場合は、再発行の手続きの前に、警察署で遺失物届の手続きを行い、警察署の連絡先と遺失物届の受理番号を控えてきてください。
   B 火災で焼失等した場合は、消防署又は市が発行する罹災証明書
   C 自宅内で紛失された場合は、手続きの際、記入いただく「通知カード再交付申請書」に、紛失の経緯をご記入いただきます。

・【代理人の方が手続きされる場合は、次の書類も追加でご用意ください】
  代理人の本人確認書類
   A 官公署で発行した顔写真付きの本人確認書類 1点

     運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード(顔写真付き) 、身体障害者手帳、在留カード、
     運転経歴証明書(交付年月日が、平成24年4月1日以降のものに限る。)等、官公署が発行した資格証明書等で顔写真付きのもの
   B Aの書類がない場合は、次の書類 2点
     健康保険被保険者証、介護保険被保険者証、年金手帳、生活保護受給者証、社員証、学生証など

・【代理人の方が手続きされる場合は、次の書類も追加でご用意ください】
  代理人の代理権を証明する書類

   A 法定代理人の場合(申請者本人が、未成年の方、成年被後見人の方)
     戸籍謄本(横浜市内に本籍がある方、本人(15歳未満の者)と法定代理人とは同一世帯で親子関係にあることが住民票で確認できる場合は不要です)、登記事項証明書など資格が確認できるもの
   B 法定代理人以外の代理人の場合
     委任状
委任状の見本はこちら

2 再交付手数料

  500円



3 再交付について

再交付する通知カードは、地方公共団体システム機構(J-LIS)で作成され、住民票の住所あてに郵送されます。そのため、再交付の手続きから受取までは約1か月かかります。



マイナンバー制度に関するお問合せ先
1 マイナンバー制度全般に関するお問合せ
  マイナンバー総合フリーダイヤル 0120-95-0178
  
  ・平日9時30分~20時00分

  ・土日祝9時30分~17時30分(年末年始 12月29日~1月3日を除く。)
  ・マイナンバーカードの紛失、盗難などによる一時利用停止については、24時間365日受け付けます。
  
   関連ホームページ:マイナンバーカード総合サイト

   
2 通知カード・マイナンバーカードの交付についてのお問合せ
  お住まいの区の区役所戸籍課
  
   区役所戸籍課連絡先ページは、こちらをご覧ください。