- トップメニュー|検索
市民局

マイナンバーカードと電子証明書の有効期間について

マイナンバーカードと、マイナンバーカードに記録した電子証明書の有効期間が異なる場合があります。
ご注意ください。

1 マイナンバーカード、電子証明書の有効期間について 

 マイナンバーカード
発行時の年齢
マイナンバーカードの有効期間 利用者証明用電子証明書 署名用電子証明書
20歳以上の方 発行日から
10回目の誕生日まで
発行日から、
次のうちいずれか早い日まで
(1)5回目の誕生日
(2)マイナンバーカードの有効期間満了日
発行日から、
次のうちいずれか早い日まで
(1)5回目の誕生日
(2)利用者証明用電子証明書の有効期間満了日
(3)マイナンバーカードの有効期間満了日
15歳以上
~20歳未満の方
発行日から
5回目の誕生日まで
15歳未満の方 発行日から
5回目の誕生日まで

 例えば、20歳以上の方で、マイナンバーカード初回交付の場合、
  マイナンバーカードは、発行日から10回目の誕生日までですが、電子証明書は5回目の誕生日までとなっています。
  電子証明書の有効期限が、早く到来しますので、ご注意ください。

 ※電子証明書の有効期間の確認は、ご自宅のパソコンでも確認できます。詳しくは、こちらをご覧ください。


2 外国人住民の方のマイナンバーカードの有効期間について

区分 マイナンバーカードの有効期間(※)
永住者、高度専門職第2号
及び特別永住者
日本人と同様
(1の表を参照ください)
永住者、高度専門職第2号以外
の中長期在留者
発行日から在留期間の満了の日まで
一時庇護許可者又は
仮滞在許可者
発行日から上陸期間又は仮滞在期間を経過する日まで
出生による経過滞在者又は
国籍喪失による経過滞在者
カード発行日から出生した日又は日本の国籍を失った日から60日を経過する日まで

 ※在留資格や在留期間など個々の状況により、マイナンバーカードの有効期間が異なる場合があります。
  ご不明な点がありましたら、お住まいの区の区役所戸籍課窓口でお問合せください。


 ※次の場合、ご本人からの申請に基づき、マイナンバーカードの有効期間を変更することが可能です。
  (1)在留資格の変更又は在留期間の更新により、在留期間に変更が生じた場合(※1)(日本人の場合のマイナンバーカードの有効期間を超えない範囲で)
     新たな在留期間の満了の日にカードの有効期間を変更することができます。
  (2)在留期間の特例が生じる場合(※2)は、特例期間の満了日までカードの有効期間を延長することができます。
  
  ※1 3か月以下の在留期間が決定された場合及び短期滞在等の在留資格へ変更された場合を除きます。
  ※2 在留期間満了日前に在留資格の変更又は在留期間の更新の許可申請をし、満了日までに許可が下りなかった場合は、
     許可が下りるまでは、最長2か月まで、従前の在留資格により適法に在留することが可能とされています。



マイナンバー制度に関するお問合せ先
1 マイナンバー制度全般に関するお問合せ
  マイナンバー総合フリーダイヤル 0120-95-0178
  
  ・平日9時30分~20時00分

  ・土日祝9時30分~17時30分(年末年始 12月29日~1月3日を除く。)
  ・マイナンバーカードの紛失、盗難などによる一時利用停止については、24時間365日受け付けます。
  
   関連ホームページ:マイナンバーカード総合サイト

   
2 通知カード・マイナンバーカードの交付についてのお問合せ
  お住まいの区の区役所戸籍課
  
   区役所戸籍課連絡先ページは、こちらをご覧ください。