- トップメニュー|検索
市民局

マイナンバーカード 記載事項(住所・氏名など)に変更があったとき


お引越しやご結婚などにより、マイナンバーカードに記載のある住所、氏名、生年月日、性別に変更があったときには、
区役所窓口で、マイナンバーカードの追記欄に変更した内容を記載します。
マイナンバーカードをお持ちの方は、お引越しの手続きの際などに、必ずマイナンバーカードをお持ちください。
(変更があったときから、14日以内に手続を取ってください)

1 手続きに必要なもの

(1)本人、または同一の世帯の方 が手続きをされる場合

必要なもの 説明
マイナンバーカード 手続きの際、カード交付時に設定した数字4桁の暗証番号(住民基本台帳用)の入力をお願いしています
【同一世帯の方が手続きされる場合】
同一世帯の方の本人確認書類

A 官公署で発行した顔写真付きの本人確認書類 1点
  運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード(顔写真付き) 、身体障害者手帳、在留カード、
  運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)等、官公署が発行した資格証明書等で顔写真付きのもの

B Aの書類がない場合は、次の書類 2点(氏名・住所もしくは氏名・生年月日が記載のある書類)
  健康保険被保険者証、介護保険被保険者証、年金手帳、生活保護受給者証、社員証、学生証など


(2)法定代理人の方 が手続きされる場合
   (住所などを変更する本人が未成年の方、成年被後見人の方で、手続きの際、ご本人も窓口に一緒にお越しください。法定代理人が同一世帯の方の場合は除きます)

必要なもの 説明
住所等を変更する該当者の
マイナンバーカード
手続きの際、カード交付時に設定した数字4桁の暗証番号(住民基本台帳用)の入力をお願いしています
住所等を変更する該当者の
本人確認書類2点

2点のうち1点は、官公署が発行した顔写真付きの本人確認書類
(例:マイナンバーカード、運転免許証、パスポート、身体障害者手帳、在留カード、運転経歴証明書(交付年月日が、平成24年4月1日以降のものに限る。)など)

法定代理人の方の
本人確認書類2点

2点のうち1点は、官公署が発行した顔写真付きの本人確認書類
(例:マイナンバーカード、住民基本台帳カード(顔写真付き)、運転免許証、パスポート、身体障害者手帳、在留カード、運転経歴証明書(交付年月日が、平成24年4月1日以降のものに限る。)など)

法定代理人の代理権を証明する書類

戸籍謄本、成年後見登記事項証明書など資格が確認できるもの


(3)任意代理人の方 が手続きされる場合
   (任意代理人の場合、申請後に文書を郵送し、住所等を変更する該当者本人への手続き確認「文書照会」を行うこととなっています。
     申請日の当日に手続きが完了しませんので、ご注意ください。詳細については、区戸籍課までお問合せください。)

■申請時

必要なもの 説明
住所等を変更する該当者の
マイナンバーカード
申請時に限り、省略できます。
委任状 委任状の見本はこちら
任意代理人の方の
本人確認書類
官公署が発行した顔写真付きの本人確認書類を必ずご用意ください。
(例:マイナンバーカード、運転免許証、パスポート、身体障害者手帳、在留カード、運転経歴証明書(交付年月日が、平成24年4月1日以降のものに限る。)など)


■回答書持参時(文書照会後、再度区役所にお越しいただく際)

必要なもの 説明
住所等を変更する該当者の
マイナンバーカード
 -
文書照会でお送りした、
照会書兼回答書及び委任状
 - 
住所等を変更する該当者の
本人確認書類2点

2点のうち1点は、官公署が発行した顔写真付きの本人確認書類
(例:マイナンバーカード、運転免許証、パスポート、身体障害者手帳、在留カード、運転経歴証明書(交付年月日が、平成24年4月1日以降のものに限る。)など)

法定代理人の方の
本人確認書類2点

2点のうち1点は、官公署が発行した顔写真付きの本人確認書類
(例:マイナンバーカード、住民基本台帳カード(顔写真付き)、運転免許証、パスポート、身体障害者手帳、在留カード、運転経歴証明書(交付年月日が、平成24年4月1日以降のものに限る。)など)

住所等を変更する該当者本人が、手続き窓口にお越しになることが困難であることを証明する書類

※診断書、障害者手帳(注)、施設の入所証明書など

注:障害者手帳をお持ちの方へ
  障害者手帳をお持ちであっても、その手帳の記載内容から、ご本人が病気や身体の障害その他やむを得ない場合であって、区役所にお越しになることが難しいと認めることができないケースでは、任意代理人による手続きはできません。


2 手続き窓口

 住民票の住所がある区の区役所戸籍課
 (引越しによる住所変更の場合は、新住所のある区の区役所戸籍課)

3 注意事項

(1)マイナンバーカードの継続利用について
   横浜市外から転入された場合は、マイナンバーカードの継続利用(横浜市においても利用する)の手続きが必要となります。
   (なお、手続きで必要なものは、マイナンバーカードの記載事項変更手続きと同じです)
   継続利用手続きをとらず、転入届出日から90日を経過した場合はカードが失効してしまいます。
   また、転入してから14日以降に転入の届け出を行った場合、転出予定日から30日以上経過して転入の届け出を行った場合は継続利用は受け付けできません。ご注意ください。

(2)署名用電子証明書について

   住所や氏名等の変更により、署名用電子証明書は自動的に失効します。引き続き、署名用電子証明書を利用する場合は、改めて発行手続きが必要です(手数料200円※H30.3.31までは無料)。
   ※手続きで必要なものは、マイナンバーカードの記載事項変更手続きと同じですが、原則、ご本人様からの申請をお願いしています。
   ※同一世帯の方が代理で手続きをする場合、任意代理人の方が手続きをする場合は、「文書照会」を行います。申請日の当日に手続きが完了しませんので、ご注意ください。詳細については、区戸籍課までお問合せください。

(3)利用者証明用電子証明書について
   利用者証明用電子証明書には、住所や氏名の情報が記録されていないため、マイナンバーカードの有効期間まではそのままお使いいただけます。
   なお、マイナンバーカードの継続利用の手続きを取らず、転入届出日から90日を経過した場合は、カードの失効とともに、利用者証明用電子証明書も失効します。ご注意ください。

(4)その他
   マイナンバーカードに住所等の変更内容を記載する追記欄の余白が足らない場合は、カードの再発行が必要となります。この場合、別途再発行の手続きを行います(本人の顔写真を再度ご用意いただきます。再発行手数料は無料)。詳細は区戸籍課へお問合せください。


【参考】
引っ越しの際は「マイナンバーカード・通知カードの住所変更手続」もお忘れなく!(総務省チラシ)


マイナンバー制度に関するお問合せ先
1 マイナンバー制度全般に関するお問合せ
  マイナンバー総合フリーダイヤル 0120-95-0178
  
  ・平日9時30分~20時00分

  ・土日祝9時30分~17時30分(年末年始 12月29日~1月3日を除く。)
  ・マイナンバーカードの紛失、盗難などによる一時利用停止については、24時間365日受け付けます。
  
   関連ホームページ:マイナンバーカード総合サイト

   
2 通知カード・マイナンバーカードの交付についてのお問合せ
  お住まいの区の区役所戸籍課
  
   区役所戸籍課連絡先ページは、こちらをご覧ください。