- トップメニュー|検索
市民局

季刊誌「横濱」各号のご案内

第29号(2010年夏号)

7月3日発売
特集
幕末・明治 横浜の目撃者たち

偉人・賢人が見た横浜
佐久間象山

  横浜でぺリーに出会った
勝海舟
  幕末期、神奈川台場を設計
岩崎弥太郎
  横浜を起点に生涯を海運業に捧げた
伊藤博文
  志士として横浜を疾駆し、横浜・金沢で帝国憲法を起草
アーネスト・サトウ
  
幕末、日本語で直接意見を交わした
福沢諭吉
  横浜の町で大ショック。蘭学から英学発心へ
ハインリッヒ・シュリーマン
  トロイア発掘前、激動の幕末横浜を見聞
エミール・ギメ
  日本の宗教芸術と文化に魅せられた
孫文
  横浜を拠点に活動した中国革命の父

ジャーナリストが見た横浜
五雲亭貞秀
  異文化交流の場として横浜を描き続けた
フェリーチェ・ベアト
  横浜で全盛期を迎えた世界的写真家
ジョセフ・ヒコ
  遭難から9年後に帰国。日本最初の民間邦字新聞を発行
チャールズ・ワーグマン
  日本最初のマンガ雑誌『ジャパン・パンチ』創刊
五姓田芳柳
  『横浜絵』の創始者
フランシス・ホール
  開港期の横浜・日本の姿を見た新聞社特派員
ジョルジュ・ビゴー
  欧米化政策を急ぐ日本人を辛辣に描いた
新聞小政
  ジャーナリストではないが、錦絵になった新聞売り
エリザ・R・シドモア
  やさしいまなざしで日本人に接した旅行作家
「新聞」の担い手たち
  邦字新聞の黎明
三宅磐
 オピニオン・リーダーとして横浜の市民意識を高めた

<連載>

林市長のほっとTIME
ゲスト桂歌丸さん
(落語家・落語芸術協会会長)

第24回 買い者・荻野アンナの「商店街は面白い」
伊勢佐木町商店街5・6・7丁目(中区)編
 ラッキー・タヌキ・イセザキ

連載・横浜の底力21 山崎洋子
「忘れてもらっちゃ困る!Y150で魅せた市民力」

横浜ジャズ7 柴田浩一
平岡正明の遺産

横浜港物語19
文学に描かれた港の風景4
国際観光基地計画と公園ふ頭

横浜のまちづくり 5 国吉直行
横浜まちづくりの父 田村 明

挑戦者たちの軌跡~ハマの老舗企業~ 8
株式会社大川印刷

みりょ区なっと区まち自慢6
緑区 横浜のフルーツ地帯を行く

町の記憶・世代別に語る我が町の原風景20
鶴見区花月園

横濱の秘めたる歴史
前川謙三 「関東大震災」を記録した写真家の生涯

横浜の四季「夏~秋」
三溪園/早朝観蓮会、朝顔展、夏の古建築公開、観月会、
アロハヨコハマ2010、神奈川新聞花火大会、 
ヨコハマ・ハイスクール・ミュージックフェスティバル、
旭ジャズまつり、Vest Pocket Jazzあらかると、  
横濱ジャズプロムナード、
「印象派とエコール・ド・パリ」展、国慶節、雙十節
 


林市長と桂歌丸さん
林市長と桂歌丸さん

 写真:29号表紙表紙

岩崎弥太郎
岩崎弥太郎
日本郵船歴史博物館提供

  福沢諭吉 福沢諭吉
国立国会図書館蔵
                       

チャールズ・ワーグマン
チャールズ・ワーグマン     出典:『追弔記念洋風美術家小伝』

襟に「新聞小政」と染め抜いた印半纏姿の安藤政次郎 横浜開港資料館蔵
襟に「新聞小政」と染め抜いた印半纏姿の安藤政次郎 横浜開港資料館蔵


米軍将校用住宅がある山下公園(横浜港物語から)米軍将校用住宅がある山下公園(横浜港物語から) 1952(昭和27)年前後、横浜みなと博物館蔵


「荻野アンナの『商店街は面白い』」から
近所の人が入れ替わり立ち替わりやってきては一杯飲んでいく、明るい酒店&立ち飲み屋さんの「甘粕屋酒店」「荻野アンナの『商店街は面白い』」から