- トップメニュー|検索
市民局

市民相談室 (横浜市役所1階)

■ 市民相談室からのお知らせ

  平成26年度市民法律講座の申込みは終了しましたが、まだ定員に余裕があります。受講希望の方は、講座当日、直接会場にお越しください。


  平成26年10月26日(日) 無料調停相談会が実施されます。詳細はこちら  
   

■ 相談空き状況 10月2日(木)午後4時現在

 〇…空きあり ×…空きなし ―…実施なし
法律などの専門相談

【場所:JR関内駅前 横浜市庁舎1階 市民相談室】
月 日曜日法律司法書士宅建人権公証
10月3日 ×
 10月6日  ×
 10月7日  ×
10月8日
10月9日
※10月10日(金)の予約は、10月3日(金)から受付けます。        
夜間法律相談

【場所:横浜市技能文化会館6階】
(毎月第3・4水曜)
月 日曜日夜間
10月15日
10月22日
※10月分の予約は、10月1日(水)から受付けています。
◆ 予約制 ◆
(交通事故相談、市政一般相談以外)
予約受付:平日8:45~17:15

電話 045-671-2306

■ 相談のご案内


 横浜市民を対象に弁護士、司法書士などの専門相談員による面接相談や市職員による市政に関する相談を行っています。
 この相談においては、契約書や答弁書等の書類の作成及びチェックなどは、行いません。
 また、担当した専門相談員に直接問題の解決や具体的な仕事を依頼することはできません。
 相談内容については、秘密を守り、一切公表しませんので、安心してご相談ください。また、相談の内容等について、相談後のお問い合わせにはお答えできません。
 なお、次の場合には、この市民相談室の相談をご利用いただくことはできません。
 ・法律相談と司法書士相談は、同一案件の繰り返しの相談の場合
 ・その他、弁護士職務規定や司法書書士倫理に定める規定に抵触する場合など

 交通事故相談など一部の相談を除き事前に予約が必要です。
 予約は1週間前の同じ曜日から電話及び市民相談室の窓口で承ります(祝日等の休庁日の場合は、翌日以降の平日から受付けます。)。
 法律相談と司法書士相談は、同一案件、一回限りのご相談とさせていただいておりますので、お聞きになりたい内容をおまとめになっておこしください。 
 
 手話通訳が必要な方や外国語通訳が必要な方が、相談をご利用になる場合には、以下の機関などで通訳を依頼してからご利用ください。
 手話通訳が必要な方   … 横浜ラポール
 外国語通訳が必要な方 … 横浜市国際交流協会(YOKE)通訳ボランティア担当(電話 045-664-4665)
種  別 実 施 日 時 相 談 時 間
(延長不可)
内  容 相 談 員
法律相談
(予約制)
月~金曜日
9:00~12:00
13:00~16:00
25分以内 法律問題全般 弁護士
夜間法律相談
(予約制)
毎月第3・ 第4水曜日
18:15~20:45
25分以内
司法書士相談
(予約制)
月~金曜日
13:00~16:00
25分以内 債務整理(140万以下)・相続・不動産登記・成年後見等 司法書士
宅地建物相談
(予約制)
毎週月曜日
10:00~12:00
13:00~16:00
35分以内 不動産の売買、賃貸契約等 宅地建物取引業協会会員
人権相談
(予約制)
毎週水曜日
13:00~16:00
40分以内 いやがらせ、人権侵害等 人権擁護委員
公証相談
(予約制)
毎月第1・第3金曜日
13:00~15:00
25分以内 遺言・任意後見契約・賃貸契約などの公正証書 公証人
交通事故相談 月~金曜日
9:00~12:00
13:00~16:00
示談の方法、保険金請求等 交通事故相談員
市政一般相談 月~金曜日
8:45~17:15
市政についての相談、問い合わせなど 市職員

※各専門相談員の職務、業務等が法律で定められている場合は、その範囲内での相談となります 。
※ご相談の案件によっては、専門相談よりも所管部署をご案内する場合があります。