- トップメニュー|検索
市民局

平成29年度第14回ヨコハマeアンケート集計結果+「その後」

ヨコハマeアンケート

横浜北線(高速道路)に関するアンケート

趣旨 横浜市では、交通混雑を緩和し安全で快適な街づくりを促進するとともに、市域のバランスある発展をめざし、幹線道路の整備と併せて、体系的な高速道路の整備を進めています。
このたび、平成29年3月18日に、横浜環状道路の一部である横浜北線が開通しました。
今回のアンケートでは、横浜北線及び出入口周辺の一般道路の利用状況等についてお伺いし、今後の道路整備における取組・施策検討の参考にさせていただきます。
また、横浜北線に引き続き、現在整備を進めている横浜環状北西線(第三京浜道路横浜港北ジャンクションと東名高速道路横浜青葉インターチェンジ・ジャンクションをつなぐ高速道路)についても併せてご意見をお伺いします。

<参考>
首都高速道路株式会社 横浜北線「きたせんがキタ!」
HP:http://www.shutoko.jp/ss/kitasen/
横浜市道路局横浜環状北西線建設課ホームページ
HP:http://www.city.yokohama.lg.jp/doro/hokuseisenkensetsu/
事業所管局課 道路局 横浜環状道路調整課
実施期間 平成29年11月2日(木)から11月16日(木)
対象者数 ヨコハマeアンケートメンバー 3,487人
 
 人数
10歳代 37人
20歳代 233人
30歳代 872人
40歳代 1,014人
50歳代 626人
60歳代 469人
70歳以上 234人
不明 2人
合計 3,487人
回答者数(回答率) 1,122人(32.2%)
 
 回答者数(回答率)
10歳代 5人(13.5%)
20歳代 39人(16.7%)
30歳代 192人(22.0%)
40歳代 310人(30.6%)
50歳代 253人(40.4%)
60歳代 214人(45.6%)
70歳以上 108人(46.2%)
不明 1人(50.0%)
合計 1,122人(32.2%)
Q1 横浜環状道路の一部を構成する横浜北線(首都高速道路横羽線生麦ジャンクションから第三京浜道路横浜港北ジャンクションをつなぐ高速道路)が平成29年3月18日に開通しましたが、横浜北線が開通したことを知っていましたか。(単一選択)(n=1,122)
知っていた 732
知らなかった 388
無回答 2
1,122
円グラフ

Q2 Q1で「ア 知っていた」と回答された方にお聞きします。横浜北線の開通をいつ知りましたか。(単一選択)(n=732)
計画段階や工事中(現場見学会など) 396
開通前後(新聞・テレビ報道、ホームページ、広報誌、開通記念イベントなど) 285
最近 50
無回答 1
732
円グラフ

Q3 これまでに横浜北線を利用したことはありますか。(ご自身での運転及びバス・タクシーなどに同乗でのご利用も含みます) (単一選択)(n=1,122)
ある 235
ない 887
1,122
円グラフ

Q4 Q3で「ア ある」と回答された方にお聞きします。横浜北線を利用してどちらに行かれましたか。(複数選択可)(n=235)
羽田空港 84
新横浜地区 77
横浜港 19
東京都心方面 91
アクアライン方面(千葉・房総など) 58
神奈川県南部方面(金沢・鎌倉・横須賀など) 25
神奈川県西部方面(平塚・小田原・静岡など) 10
棒グラフ

Q5 Q3で「ア ある」と回答された方にお聞きします。横浜北線の利用頻度を教えてください。(単一選択)(n=235)
ほぼ毎日 3
週に1回 8
月に1回 68
半年に1回 105
ほとんど利用しない 49
無回答 2
235
円グラフ

Q6 Q3で「ア ある」と回答された方にお聞きします。横浜北線を利用したときの感想をお聞かせください。(複数選択可)(n=235)
これまでより早く目的地に着けるようになった 146
走りやすく快適であった 120
目的地までのルートの選択肢が増えた 141
遠くまで出かける機会が増えた 9
第三京浜道路港北インターチェンジから横浜北線へ出入りできないので不便(※現在は新横浜出入口を利用しなければならない) 84
通行料金が高い 34
その他 15
棒グラフ
(その他の一部を紹介します)
  • 第三京浜分の通行料金が安くなった。
  • 自宅は港北ICが近いが、北線利用のためにわざわざ都筑ICまで行く。
  • ・馬場出入口の早期開通
    ・新横浜出入口の場所が利用しにくい(太尾新道沿いがよかった)。

Q7 Q3で「ア ある」と回答された方にお聞きします。横浜北線の出入口(岸谷生麦出入口、新横浜出入口)又は周辺の一般道路を利用した時の感想をお聞かせください。(複数選択可)(n=235)
入口まで混雑なく到着できた(又は出口から混雑なく目的地へ到着できた) 117
一般道路から入口、又は出口から一般道路までの標識、路面標示がわかりやすかった 30
一般道路から入口、又は出口から一般道路までの標識、路面標示がわかりにくかった 90
出入口周辺の新たな一般道路の整備に期待している 100
出入口又は周辺の一般道路を利用したことがない 17
その他 13
棒グラフ
(その他の一部を紹介します)
  • 看板や案内をわかりやすくしてください。

Q8 Q3で「イ ない」と回答された方にお聞きします。横浜北線を利用したことがない理由をお聞かせください。(複数選択可)(n=887)
移動手段は公共交通(電車、路線バス)が中心であるため 492
カーナビに未掲載なため 62
目的地と方向が異なるため 364
目的地までの所要時間が大きく変わらないため 44
通行料金が高いため 44
横浜北線の馬場出入口(現在工事中)が開通してないため 18
第三京浜道路港北インターチェンジで出入りできないため 26
横浜北線につながる一般道路が渋滞しているため 16
その他 59
棒グラフ
(その他の一部を紹介します)
  • きたせん というのを具体的には知らなかった。
  • 東名に繋がっていないため。
  • 利用する用事がない。

Q9 全員にお聞きします。横浜北線の開通により、大型トラックなどは一般道路から高速道路に転換することが期待されますが、周辺の混雑が緩和したと思いますか。(単一選択)(n=1,122)
はい 173
いいえ 140
どちらでもない 796
無回答 13
1,122
円グラフ

Q10 横浜北線の開通と出入口周辺の一般道路の整備により、住宅地における通り抜けが減少することが期待されますが、安全になったと思いますか。(単一選択)(n=1,122)
はい 234
いいえ 119
どちらでもない 757
無回答 12
1,122
円グラフ

Q11 突発的な事故や災害によって通行止めなどになった場合、横浜北線の開通により、多様な経路選択ができるようになりました。それにより、大規模災害時における迅速的かつ効率的な応急対策活動が可能となったことで安全な暮らしにつながると思いますか。(単一選択)(n=1,122)
はい 731
いいえ 41
どちらでもない 336
無回答 14
1,122
円グラフ

Q12 横浜北線の開通により、京浜臨海部と市内陸部との連絡が強化されたことで、輸送時間の短縮が図られました。横浜北線が今後、市内又は首都圏における経済の活性化に寄与することを期待しますか。(単一選択)(n=1,122)
はい 790
いいえ 33
どちらでもない 290
無回答 9
1,122
円グラフ

Q13 横浜北線に引き続き、横浜環状北西線(第三京浜道路横浜港北ジャンクションと東名高速道路横浜青葉インターチェンジ・ジャンクションをつなぐ高速道路)を、東京2020オリンピック・パラリンピックまでの開通を目指して整備しております。開通に向けたご意見をお聞かせください。(複数選択可)(n=1,122)
横浜都心部と東名高速道路が接続するので便利になる 686
早期開通を期待している 458
保土ケ谷バイパスや一般道路の混雑緩和を期待している 648
横浜市内や首都圏全体の活性化につながる 311
神奈川県西部、東京都、千葉県へ行きやすくなる 264
災害時における緊急輸送路としての役割を期待している 378
一般道路を通行する大型トラックの減少を期待している 404
その他 70
棒グラフ
(その他の一部を紹介します)
  • 排ガス減少による公害対策、地球環境対策に大いに資する事業と評価できる。
  • 目指すのは良いが、オリンピックは一過性のものであるので、そこをゴールにせず、安全な通路として提供できるときに提供すべき。
  • よくわからない。

Q14 最後に市内全般の道路整備についてお聞きします。横浜市内の高速道路及びその周辺に整備してほしい施設はありますか。(複数選択可)(n=1,122)
サービスエリア・パーキングエリア 368
道の駅 479
高速道路の出入口 334
特になし 286
その他 86
棒グラフ
(その他の一部を紹介します)
  • スマートインターチェンジ
  • 緑を増やして欲しい。
  • 横浜環状南線の開通が遅れているため、鎌倉街道、環状4号、国道16号の渋滞が発生しています。横浜環状南線の早期開通を望みます。

※ 構成割合は四捨五入をしているため、その合計が100にならない場合があります。

「平成29年度アンケートの集計結果」一覧へ

横浜北線(高速道路)に関するアンケートの「その後」

ありがとう

アンケートの回答を事業に反映した事例、又は反映する予定

 本アンケート回答結果は、本市の道路事業を進める際の参考にさせていただくとともに、今後、横浜北線の開通による整備効果等を検討する際の参考資料として活用させていただきます。

 

アンケートを実施しての感想

 今回のアンケートにより、多くの方に横浜北線及び周辺の都市計画道路をご利用いただいていることを改めて実感しました。また、高速道路の整備に関するご意見に加え、高速道路へ接続する都市計画道路の整備に対しての期待やご要望も多くあることなどが分かり、今後の道路行政を進めるにあたってとても参考になりました。

 

担当部署から登録メンバー様へのメッセージ

 多くの貴重なご意見をいただきありがとうございました。アンケート結果は、これからの道路整備における取組・施策検討の際に活用させていただきますので、今後ともご協力をお願いいたします。

「平成29年度アンケートの『その後』」一覧へ

アンケートの結果

メールバックナンバー

メンバー登録情報の取扱いに関するプライバシーポリシー

広聴相談課