- トップメニュー|検索
市民局

犯罪被害者等相談支援事業

神奈川県警等の犯罪・事故統計によると、平成26年の横浜市内における刑法犯罪認知件数は26,017件で、1日当たりおよそ71件の犯罪が起こっていることになります。また、交通事故による死傷者数も年間で12,881人となっています。

犯罪や交通事故による被害は、決して他人事ではありません。

横浜市では、平成24年6月から、犯罪被害者等支援のため、「横浜市犯罪被害者相談室」を開設し、犯罪被害にあわれた市民からの相談支援を行っているほか、犯罪の被害にあわれた方々への理解が深まるよう、さまざまな啓発事業を実施しています。

横浜市犯罪被害者相談室では

当相談室では、横浜市在住、在勤、在学で、犯罪被害にあわれたご本人、もしくはそのご家族からの、ご相談をお受けしています。

詳しくは、「犯罪被害にあわれたあなたへ」をご覧ください。


犯罪被害者等への理解を深めるために

 

  • 犯罪被害にあうということ
  • 犯罪被害者やその家族に生じるさまざまな問題(二次的被害について)
  • 被害者をさらに傷つけないために~二次的被害を与えない関わりを~
  • 被害者の助けになること
  • 犯罪被害者等支援に関する国等の動き
  • 犯罪被害者週間について
  • もっと知りたい方へ(講演会・広報・啓発活動)

犯罪被害者等の支援を行っている関係機関(リンク集)

<国・県>

<警察>

<司法関係>

<刑事施設・保護観察所>

<その他・民間支援団体等>

 PDF 形式の文書をご覧になるためには、Adobe® Reader® が必要です。 ご利用のパソコンに Adobe Reader がインストールされていない場合は、下記のリンク先ページから Adobe Reader (無料) をダウンロード、インストールしてご利用ください。

Adobe Reader を入手する Adobe Reader ダウンロードページへ

※ Adobe および Reader は、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社) の米国ならびに他の国における登録商標または商標です。