- トップメニュー|検索

横浜市資源循環局

  1. ホーム
  2. トップページ
  3. 駐日アフリカ各国大使館が横浜市の廃棄物処理施設を見学されました!

廃棄物分野でアフリカの発展に貢献

駐日アフリカ各国大使館が横浜市の廃棄物処理施設を見学されました!


  平成29年4月12日(水)、ジンバブエ共和国大使タイタス・メリスワ・ジョナサン・アブ−バスツ閣下、マラウイ共和国大使グレネンガー・キドニー・ムスリラ・バンダ閣下をはじめとする駐日アフリカ各国大使館16か国19名が、伊藤忠彦環境副大臣とともに、「鶴見工場」及び「鶴見資源化センター」の視察、「3R夢カー」見学にいらっしゃいました。

 視察後、場所を市庁舎に移し、
林市長との面会、市会(梶村議長、佐藤日本アフリカ友好横浜市会議員連盟会長及び草間同事務局長)との面会も行われました。 
 

  参加者の皆様から、
「今回の視察を通じ、アフリカでごみとされているものが資源、お金になることを学んだ。」
「アフリカは技術移転を必要としている。」
「モザンビークで開催される「アフリカのきれいな街プラットフォーム」設立準備会合に期待している。」
「廃棄物管理の分野で、手を携えて進んでいきたい。」
などの発言がありました。

 今回の視察は、アフリカのごみ問題解決に向けて、
25日から27日にモザンビークマプト市で開催される「アフリカのきれいな街プラットフォーム」設立準備会合に先駆けて行われたものです。
 資源循環局では、廃棄物分野における国際協力として、海外諸都市の廃棄物課題や具体的なニーズの把握を進め、これまでのごみ処理に関する経験を活かし積極的な支援を行っていきます。

工場見学の様子          選別センター見学の様子
        鶴見工場視察の様子           3R夢カー見学の様子                       鶴見資源化センター視察の様子 

               林市長面会
市会面会
                市会面会

記者発表資料はこちら (PDF形式、313KB)