- トップメニュー|検索

横浜市資源循環局

  1. ホーム
  2. 市民の方へ
  3. その他
  4. 焼却工場業務車両を使って工場発電をPRしております

焼却工場業務車両を使った工場発電のPRについて
側面デザイン

側面には、ごみの収集から焼却・発電までをイラストで紹介
メッセージは、「ごみを燃やして発電した電気で走っています 資源循環局○○工場」


 

 市内のごみ焼却工場(鶴見、旭、金沢、都筑工場の4工場)の業務用連絡車(乗用車)には、電気自動車を使用しています。
 みなさんは、焼却工場で、ごみを焼却する時に発電を行っていることをご存知でしょうか?
 (参考)焼却工場での発電実績はこちらから
 
 工場で発電される電気を活用して、工場の業務車両(電気自動車)を走らせることは、温室効果ガスの発生抑制にもつながり、地球温暖化の防止にもつながると考えています。
 そこで、このたび、工場発電による電気を使用した車両であることを、車両側面を使ってイラストとメッセージでPRすることをはじめました。

 デザインの企画から施工まで、今回全て職員手作りにより行いました。
 ごみの収集から焼却・発電までをイラストをつかって紹介するとともに、
メッセージは、「ごみを燃やして発電した電気で走っています 資源循環局○○工場」とし、発電している場所(工場名)もお知らせしています。

 みなさんの街でも見かけることがあるかもしれませんね。


 鶴見工場をバックにデザインの施工が完了した車両

資源循環局鶴見工場にデザインの施工が完了した車両が勢揃い!

ミーオとイーオ
業務用連絡車に乗るときは安全運転!交通事故防止にも取り組みます!