- トップメニュー|検索

横浜市資源循環局

  1. ホーム
  2. 市民の方へ
  3. 生ごみのリサイクル
  4. 生ごみ
 
コンポスト容器の使い方(例)
 
 
  1. コンポスト容器の使い方、設置日当たりや水はけの良い場所に設置します。
    約30cm土を掘り、容器を10cm程度地中に埋め固定します。掘った時に出た土は容器のまわりに取っておきます。
   
 
    コンポスト容器の使い方、水切り
  1. 台所から出る生ごみや、乾燥した落ち葉、雑草等をよく水切りをして投入します。
    水分が多いと「発酵・分解」が遅くなったり、臭いが強く出ることがあります。
    また、生ごみを細かく刻んでおくと空気に触れやすく分解速度は早くなります。
   
  コンポスト容器の使い方、土をかぶせる
  1. 生ごみを投入したら、その上に土をかぶせます。
    土は水分調整、臭いの吸着、発酵促進を手伝います。
   
  コンポスト容器の使い方、かきまぜる
  1. 土の中の微生物等が、生ごみを「発酵・分解」してたい肥化していきます。
    たい肥化するには、投入したものの内容や状態によっても異なりますが、数か月程かかります。
    適度に容器の中身をかき回して空気を送り込んでください。
   
  コンポスト容器の使い方、ねかせる
  1. 中身が一杯になったら容器を取り、たい肥化しているところから使用します。
    たい肥化していない部分は、土やビニール等をかぶせて、たい肥化するまでねかしておきます。
    ※容器を2台設置し交互に使用すると便利です。
   
  コンポスト容器の使い方、たい肥できた「たい肥」は、花壇や家庭菜園などに利用できます。
   
利用上の注意事項
   
 
  • 生ごみコンポスト容器には、微生物が分解できないものは入れないでください。
入れられるもの 台所から出る生ごみ(調理くずや魚の骨、残飯等)、落ち葉、雑草(乾いた物)等の有機物
入れられないもの ビニール、ガラス、プラスチック類、貝類等
  • 必ず土の上に置いてください。(コンクリート、アスファルトの上での使用はさけてください。)
  • うじ、はえ等の虫や悪臭が発生した場合は、土や乾いた落ち葉を入れる等、水分調整を行ってください。
    うじ、はえ等の虫は生ごみを好みます。水分を少なめに保つことで発生抑制ができます。
  • 微生物のための栄養成分を豊富に含んでいる米ぬかを加えることも発酵促進に効果的です。
  • 発酵を促進させたり、臭いや虫の発生を防止するための微生物調整剤が市販されています。必要に応じてお使いください。
   
 
 
トップメニュー > 資源循環局 > 環境事業 > 家庭用コンポスト > コンポスト容器の使い方(例)