- トップメニュー|検索

横浜市資源循環局

  1. ホーム
  2. 市民の方へ
  3. 食品ロス・生ごみの削減
  4. 考えよう!「食べること」「捨てること」〜いま私たちにできることは?〜
食品ロス削減フォーラムプレイベント参加者募集
タイトル内写真提供:ハンガー・フリー・ワールド、FAO/JonathanBloom

お知らせ

【10月16日:イベント・無料】    
映画「0円キッチン」上映会&トークセッション

10月16日の世界食料デーに、映画「0円キッチン」上映会を開催。
監督も参加するトークセッションを行います。
是非参加を!

“世界の食料の3分の1が捨てられている”
捨てられてしまう食材を救い出し、おいしい料理に変身させよう!」食材救出人のダーヴィドがヨーロッパ5カ国を巡る おいしく明るい” 食”の旅路。
映画のあとは、ダーヴィド・グロス監督と関根健次さん(映画「0円キッチン」配給会社代表:ユナイテッドピープル)によるトークセッションを開催します。

【日時】2017年10月16日(月)13:30〜15:30(開場13:00)

【場所】横浜市旭公会堂(横浜市旭区鶴ケ峰1丁目4−12 旭区総合庁舎内)

【申込】当日直接会場へお越しください。入場無料、定員先着400人(定員に達し次第締め切ります)

WORLD FOOD NIGHT2017
<主催:世界食料デー月間2017>

食の問題の解決に向けているすでに活動している方に情報提供してもらいながら、プレゼンターとイベント参加者、イベント参加者同士で自由に交流するネットワーキングイベントです。

【日時】2017年10月13日(金)19:00〜21:00(開場18:00)

【場所】3331ArtsChiyoda(東京都千代田区外神田6丁目11-14)

【詳細・問合せ】ハンガー・フリー・ワールド(「世界食料デー」月間2017呼びかけ団体)ホームページでご確認ください

映画「いただきます みそをつくる こどもたち」上映会&トークセッション

「子どもたちから元氣をもらう ピュア・ドキュメンタリー福岡市 高取保育園。そこには、まるでタイムトリップしたような懐かしい日本の子育てがありました。みそは、園児たち自らが、毎月、毎月、100キロ仕込みます・・・。」映画のあとは、VIN OOTA(オオタヴィン)監督と椿直樹さん(「濱の料理人」代表・「大ど根性ホルモン」オーナーシェフ)によるトークセッションを開催します。

【日時】2017年11月21日(火)10:00〜12:00(開場9:30)

【場所】横浜市情報文化センター情文ホール(横浜市中区日本大通11)

【申込】詳細が決まり次第、当ホームページでお知らせします

 

 

 

 10月は世界食糧デー月間(外部サイトへ)
10月の世界食料デーにむけ、世界食料デー月間と共催で様々な取り組みを行います(外部サイトへ)

 
10月16日は「世界食料デー」。

国連が定めた「世界の食料問題を考える日」です。日本では「世界食料デー」のある10月を「世界食料デー」月間とし、解決に向けて行動することをNGO/NPOや国際機関が一緒に呼びかけています。

「食べること」は誰にとっても、ただお腹を満たすだけではない大切な役割があるはずです。

心と身体に活力を与えたり、食材や料理を作った人と食べる人を結びつけたり・・・・。

一方で、「賞味期限が過ぎちゃった」「料理を注文しすぎて食べきれない」など、食べ物を「捨てること」は多くの人にとって日常の出来事となっていることも事実です。すべての人が食べられるだけの食料が生産されているにもかかわらず、今日も十分に食べられるかどうか不安を抱えている人たちが多くいる現状もあります。

今回のシンポジウムでは、飢餓、貧困、食品ロスなどに取り組む国連機関、NGO/NPO、企業、行政が集まり、すべての人が安心して食べられるようにするための活動や、食べ物のムダをなくすための取組を、さまざまな視点からご紹介します。10月の「世界食料デー」月間に、「食べること」や食べ物を「捨てること」について一緒に考えてみませんか。



「世界食料デー」月間2017 キックオフシンポジウムin横浜
考えよう!「食べること」「捨てること」
〜いま私たちにできることは〜


日 時:10月1日 日曜日 12:30〜15:30(受付12:00)
場 所:はまぎんホールヴィアマーレ(横浜市西区みなとみらい3-1-1)
参加費:無料 
定 員:200人
共 催:「世界食料デー」月間2017 横浜市資源循環局
申 込:終了

【プログラム】
12:30 開会
12:45 基調講演「食料ロスと廃棄〜食料安全保障の観点から〜」
    チャールズ・ボリコ 国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所長
13:05 事例紹介
   ○「アジア・アフリカの食の現状と課題解決」
     佐藤真美 ハンガー・フリー・ワールド 海外事業マネージャー地域開発担当
   ○「国内の貧困問題とフードバンク」
     芝田雄司 セカンドハーベスト・ジャパン パントリーコーディネーター
   ○「市民活動としてのWEショップ」
     森田夕紀 WE21ジャパン事務局長
   ○「食品ロス削減に向けた企業の取組」
     東乘照幸 株式会社セブン&アイホールディングス 総務部 資源・リサイクルオフィサー
   ○「食品ロス削減に向けた横浜市の取組」
     尾仲富士夫 横浜市資源循環局長
13:55 休憩
14:10 パネルディスカッション
15:15 「世界食料デー」月間のご紹介
15:30 終了

「世界食料デー月間」2017 キックオフシンポジウムin横浜ちらし(PDFファイル2,046KB)




考えよう 〜いま私たちにできることは〜

FAO駐日連絡事務所長チャールズ・ボリコさん基調講演「食料ロスと廃棄〜食料安全保障の観点から〜」
    チャールズ・ボリコ 国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所長

コンゴ民主共和国出身。キサンガニ大学で学士(心理学)及び修士(産業心理学)を取得。首都キンシャサにある商科大学で3年間教鞭を執った後、1990年に来日、名古屋大学大学院国際開発研究科で博士号を取得。1997年より国際連合食糧農業機関(FAO)に勤務、ニューヨーク連絡事務所、ローマ本部での勤務を経て2013年8月、FAO駐日連絡事務所初の外国人所長として着任。母国のカトリック大学で客員教授として教鞭も執る。

<好きな食べ物:野菜、果物、ヨーグルト>

ハンガー・フリー・ワールド佐藤さん
特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド
海外事業マネージャー・地域開発担当 佐藤真美さん

徳島県出身。教育学、国際関係学を学んだ後、NPO/NGO活動に携わる。主にアジア地域で、ジェンダー、教育、保健医療分野でのアドボカシー、地域開発活動に関わり、2016年8月より現職。
<好きな食べ物:唐辛子ふりかけ>

セカンドハーベスト・ジャパン 芝田さん
セカンドハーベスト・ジャパン パントリーコーディネーター 芝田雄司さん

埼玉県出身。2009年1月からセカンドハーベスト・ジャパンの活動に参加。2011年3月〜2014年7月、宮城県石巻で被災者への食料支援活動。2014年8月から東京オフィスに戻り、パントリー業務に従事。フードセーフティーネット構築に向け奮闘中。

<好きな食べ物:パイナップル>

WE21ジャパン 森田さん
特定非営利活動法人WE21ジャパン 事務局長 森田夕紀さん

明治学院大学国際学部卒業。2007年にWE21ジャパンに参加、2017年より現職。神奈川県内にあるチャリティショップ「WEショップ」の広報担当、フィリピン・ベンゲット州の先住民族の人びととの民際協力活動に携わる。

<好きな食べ物:タイ料理のガパオライス>

株式会社セブン&アイHLDGS.藤乘さん
株式会社セブン&アイHLDGS. 総務部 資源・リサイクル 藤乘照幸さん

千葉県出身。1997年にイトーヨーカ堂に入社、店勤務を経て2001年より本部総務部に勤務。資材調達、店舗清掃管理業務を経て、2014年よりグループ全般の適正処理、3Rの推進業務の窓口として従事。

<好きな食べ物:日本蕎麦>

横浜市資源循環局長 尾仲
横浜市資源循環局長 尾仲富士夫

神奈川県出身。1982年に横浜市役所に入庁。道路局や環境創造局、栄区長などを経て、2016年に資源循環局長に着任。市内で発生している「食品ロス」の削減を重点課題と位置づけ、今回のシンポジウムを開催。

<好きな食べ物:カレーライス>