- トップメニュー|検索

横浜市資源循環局

  1. ホーム
  2. 市民の方へ
  3. 食品ロス・生ごみの削減
減らそう!食べ物のもったいない

メニュー

基礎編

食品ロスの種類
冷蔵庫10・30運動
使い切りレシピ
〔外部リンク〕
食品ロス削減啓発動画
使い切り動画


お役立ちリンク

水切り
生ごみブレンドプロジェクト

〔外部リンク〕
消費者庁クックパッド
もったいない!食品ロスを減らしましょう〜大切な食品を捨てない取り組み/政府インターネットテレビ
食べもののムダをなくそう
 プロジェクト

食品ロスとは?

 食品ロスとは、例えば食べ残しや、安売りなどで大量に買ったが食べきれなかった食品(手つかず食品)、野菜の皮を厚くむき過ぎたものなど(過剰除去)といった、本来食べられるのに廃棄される食品のことです。

なぜ食品ロスの削減が必要なの?

 農林水産省の調査によると、日本では年間約1,700万トンの食品廃棄物が出されています。このうち、まだ食べられるのに捨てられた、いわゆる「食品ロス」は年間約621万トン(平成26年度農林水産省推計)。
 これは、世界全体の食料援助量約320万トン(平成26年)の約2倍に匹敵する量です。

 大切な資源の有効活用や環境負荷への配慮から、食品ロスを減らすことが必要です。

横浜市ではどれくらいの食品ロスが出ているの?

 横浜市の家庭から出される燃やすごみの中には、年間約8万7,000トンもの食品ロスが含まれており、これは市民一人当たり年間約23キロになる量です。

 例えば、
 食品ロス23キロをおにぎりに換算すると...約230個分         


 さらに、食品ロス23キロをお金に換算してみると...一人当たり年間約1万7,000円分もの食料が捨てられている計算になります。

 このように、食品ロスの問題は様々な「もったいない」を含んでいます。

      食材を捨てることはお金を捨てていることにつながっています
食品ロスを減らすには?

 食品ロスを出さないために、まずはご家庭にある食料の在庫の把握からはじめてみましょう!

 このページでは、「買い物」「調理」「保存」といった、食品ロスが出がちなシーンに合わせて出来ることのほか、冷蔵庫10・30運動など冷蔵庫の中身を定期的にチェックする日を決める取組の紹介もしています。

 いきなり、ここに記載されていることすべてを実践する必要はありません。
 
 「食べ物のもったいない」について少し意識してみるだけでも、生活は3R夢(スリム)になりますよ!