- トップメニュー|検索

横浜市資源循環局

  1. ホーム
  2. 市民の方へ
  3. ごみと資源の分け方・出し方
  4. パソコンの出し方(家庭系パソコンの取り扱いについて)


パソコンの出し方(家庭系パソコンの取り扱いについて)

 家庭で使用しているパソコン(本体・ディスプレイ)は、製造メーカーによる自主回収・リサイクルが法律で義務づけられています。不用になったパソコンはメーカーが自主回収します。(PCリサイクルマークのない2003年10月以前に販売されたものも対象となります)

 自作パソコンや日本から撤退してしまった海外メーカーのパソコンなど、回収義務者が存在しないパソコンもリサイクルの対象となり、一般社団法人パソコン3R推進協会が回収を行っています。

 なお、プリンタ、スキャナ、キーボードなどの周辺機器やワープロはこの対象になりませんので、一番長いところが50センチメートル以上の場合は「粗大ごみ」、50センチメートル未満の場合は「燃やすごみ」として収集します。

 また、横浜市でも、平成28年5月1日よりパソコンを小型家電リサイクルとして回収を開始しました。横浜市からのお知らせ パソコンの回収を始めました!(PDF:365kb)

PCリサイクルマーク
【排出方法】
お持ちのパソコンのメーカーがわかる場合 yajirushi.gif(217 byte)
直接メーカーに回収の申込をしてください。
自作パソコン・日本から撤退してしまった海外メーカーのパソコンなど、回収義務者が存在しない場合 yajirushi.gif(217 byte)
一般社団法人パソコン3R推進協会(TEL 03-5282-7685)へお申し込みください。
※パソコンのメーカーがわからない場合は、上記にお問い合わせください。
小型家電リサイクルとして排出する場合 yajirushi.gif(217 byte)
小型家電回収拠点一覧

回収ボックスの投入口(30cm×15cm)に入る長さ30cm未満のパソコンが対象です



※なお、本サイト内に掲載しているリンク先サイトの内容は、各々のリンク先サイトに帰属するものであり、横浜市がその内容を保証するものではありません。 
 本サイト内に掲載しているリンク先サイトのご利用は、リンク先サイトに記載されている利用条件等に従ってご利用ください。また、リンク先サイトの利用によって発生したあらゆる損害については、横浜市がその責任を負うものではありません。  一般社団法人パソコン3R推進協会