- トップメニュー|検索

横浜市資源循環局

  1. ホーム
  2. 市民の方へ
  3. ごみと資源の分け方・出し方
  4. 粗大ごみ

粗大ごみ

 家庭から出されるもののうち、一番長い辺が、金属製品で30cm以上のもの、それ以外(プラスチック製品、木製品など)で50cm以上のものが対象です。
 事前申込みにより、有料で収集しています。 〔参考〕 粗大ごみ処理手数料表
 なお、市では収集できないごみもあります。 (市では収集できないごみの排出方法はこちら) 
 粗大ごみに関するよくあるご質問はこちらをご確認ください。「粗大ごみよくあるご質問(FAQ)」

粗大ごみの出し方

1.電話・インターネットでのお申込み  2.手数料の納付  3.粗大ごみを出す
粗大ごみを直接持ち込む場合  粗大ごみ手数料の減免  粗大ごみの持ち出し収集  お問合せ先

 
1. 「粗大ごみ受付センター」に電話、またはインターネットで申し込んでください。
  
(1)粗大ごみに出される品物の材質や大きさを事前に確認してからお申込みください。
  (2)お申込み時に収集日・手数料・出す場所などをお知らせします。

 粗大ごみ受付センター

◆電話でのお申込み・お問合せ 月〜土曜日(祝日を含む) 午前8時30分〜午後5時    
 一般加入電話などからは、
         0570−200−530 (ナビダイヤル)
 携帯電話やIP電話などの定額制や無料通話などの通話料割引サービスを利用される方は、
         045−330−3953

  ※ 間違い電話が大変多くなっています。番号をよくお確かめのうえ、おかけください。
  ※ 月曜日・火曜日や祝日の翌日は、電話が大変込み合います。
     混雑時も話し中にはなりません。長く呼び出していただいている電話から順におつなぎします。

  ※ サービスの品質向上を図るため通話内容を録音しています。
  ※ ナビダイヤルに係る注意事項は、こちらをご確認ください。

◆インターネットでのお申込み(年中無休)
             https://www.sodai.city.yokohama.lg.jp
  ※ 一覧にない品目については、粗大ごみ受付センターに電話でお申込みください。

◆聴覚・言語に障害のある方はFAXでのお申込みができます。 
   ご住所・お名前・FAX番号・出される品物の品目、材質、大きさ、個数などを記載してお送りください。
   (上記のほかに、確認が必要な事項がある場合は、折り返し質問をさせていただくことがあります。)
   受付センターより、処理手数料、収集予定日、排出場所などをご案内します。

        FAX 045−662−1225(聴覚・言語に障害のある方専用)   


  • 受付から収集までには、2週間程度かかります。
  • 粗大ごみに貼るシールに氏名を書きたくない場合は、記号やイニシャルに代えることができます。お申込みの際にご相談ください。
  • 粗大ごみに出される品物のうち、状態の良いものはリユース(再使用)する場合があります。あらかじめご了承ください。(リユース家具の提供のページはこちらです。)廃棄処分を希望する場合は、お申込みの際にお申出ください。
  • ノロウィルス・ロタウィルスに感染された方のおう吐物等が付着した粗大ごみは、感染拡大防止のため、適切な処理を行った上でお申込みください。適切な処理がされていない粗大ごみは収集できません。(詳しくは、こちら
  • PCBが使われている家電製品(昭和47年以前に製造された電子レンジなど)はメーカーに依頼し、PCBを除去してからお申込みください。
  • インターネット受付では、SSL3.0の脆弱性への対策のため、SSL3.0による接続を停止しています。これにより、お使いの環境によってはアクセスができない場合があります。アクセスできない場合は、ご利用環境の設定を「TLS」を利用する暗号化方式へ変更のうえ、再度、お試しください。
     <参考情報>
     ・SSL3.0の脆弱性対策について(https://www.ipa.go.jp/security/announce/20141017-ssl.html
     ・Internet Explorerをご利用の場合の設定方法は、こちらを参考にしてください。
   【ナビダイヤル(0570から始まる番号)に係る注意事項】
  • ナビダイヤル(0570から始まる番号)は、一部IP電話(050から始まる番号)等の環境によってはつながらない場合があります。ナビダイヤルにつながらない場合は、045−330−3953の番号又はインターネットでお申込みください。
  • ナビダイヤルの通話料金は、一般の固定電話にかけたときにかかる通話料金と同額です。(発信者のご負担となります。)
    なお、携帯電話やIP電話からナビダイヤルにかけた場合、各電話会社の設定する無料通話などの通話料割引サービスの対象外となり、通話料金が発生しますのでご注意ください。
  • ナビダイヤルは、受付センターにつながる前に案内メッセージが流れますが、この間の通話料金は発生しません。
粗大ごみを直接持ち込む場合

市内4か所にある施設へ、粗大ごみをご自分で直接持ち込むことができます。
直接持ち込む場合、事前に粗大ごみ受付センター(電話番号はこちらです。)に電話で申し込んでください。
お申込み時に、搬入日時をお申出ください。搬入場所、手数料(市が収集する額と同額)をお知らせします。
 ※事前にお申込みがない場合には、搬入することはできません。

粗大ごみ手数料の減免

生活保護世帯、特定中国残留邦人世帯、身体障害1級または2級・精神障害1級・知的障害A1またはA2・重複障害(身体障害3級かつ知的障害B1)の認定を受けている方が属する世帯、福祉医療証の交付を受けているひとり親世帯、介護保険要介護4または5の認定を受けている高齢者(65歳以上)が属する世帯、粗大ごみを直接搬入することが困難な70歳以上のひとり暮らしの高齢者で福祉保健センター長が認めた方には、手数料を減免する制度があります。詳しくは粗大ごみ受付センター(電話番号はこちらです。)にお問合せください。
 ※粗大ごみのお申込みの際に減免の対象であることを申し出てください。
 ※手続きのため通常の受付から収集までの期間よりもお時間を要する場合がありますのでご了承ください。
 ※粗大ごみ処理手数料が免除となる個数は、全対象者、一世帯あたり年間4個(4月1日〜翌年3月31日)までとなります。

 粗大ごみの持ち出し収集

ひとり暮らしの高齢者や障害者、要介護認定者など、粗大ごみを持ち出すことができない方には、屋内から収集する制度があります。対象者やお申込み先等について詳しくはこちらをご覧ください。

 

2. 手数料を納めてください。
  
(1)お申込みの時に確認した手数料を市内の本市指定の金融機関、郵便局、コンビニ(※注)で納めてください。
  (2)領収書・収集シールを受け取ります。領収書は必ず、収集が終了するまで保管してください。

  • 一度納付された手数料は返還できません。また、破損・紛失した場合の収集シールの再発行はできませんので、ご注意ください。
  • 領収日付印のないものは無効です。受け取る際にご確認ください。
  • (※注)コンビニ取扱店:コミュニティストア、サークルKサンクス、スリーエフ、生活彩家、セブンイレブン、デイリーヤマザキ、スリーエイト、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、ローソン

3. 粗大ごみを出してください。
  
粗大ごみの見やすい箇所に収集シールをはって、収集日当日の朝8時までにお申込みの時に確認した場所に出してください。雨の日でも収集します。

  • 粗大ごみは可燃物、資源物、不燃物に分けて収集・処分しています。1回のお申込みでも品物の素材によって別の時間帯に収集する場合があります。
  • 収集車の火災事故が発生しています。ストーブ、ガステーブルなどは、灯油や電池を必ず抜いてから出してください。
4. お問合せ先 「粗大ごみ受付センター」
    お問合せの前に……「粗大ごみよくあるご質問(FAQ)」
◆電話 : 0570−200−530 (ナビダイヤル)
       または 045−330−3953
FAX : 045−662−1225 (聴覚・言語に障害のある方専用)
◆メールアドレス :  yokohama_sodai@yksodai-fip.jp (お問合せ用)

粗大ごみ受付センターのメールアドレスは、お問合せ用です。粗大ごみのお申込みは、このメールアドレスでは受付できません。お申込みは電話またはインターネットをご利用ください。(インターネット受付のページはこちらです。