- トップメニュー|検索

横浜市資源循環局

  1. ホーム
  2. 市民の方へ
  3. ごみと資源の分け方・出し方
  4. 古紙
 
「古紙」の出し方
 

お住まいの地域の資源集団回収にお出しください。
※「古紙」は雨の日でも出せます。

 
古紙の種類と出し方
種類 出し方
新聞

四つ折りにして、まとめてひもでしばってください。

雑誌・その他の紙

雑誌
週刊誌、漫画本、専門誌、単行本、百科事典、教科書、カタログなど
まとめてひもでしばってください。

※紙製以外の付録や皮や布、ビニール等の紙製以外の表紙は取り除いて「燃やすごみ」として出してください。

その他の紙
包装紙、パンフレット、メモ帳、シュレッダーした紙、お菓子などの紙箱、レシート、紙袋など
「新聞」「雑誌」「段ボール」「紙パック」以外の紙
紙袋(ない場合は中身のはっきりと確認できる透明または半透明の袋)に入れ、ひもでしばるなど中身が出ないようにしてください。

お知らせ
次のものは、リサイクルに支障を来す可能性があるため、
「古紙」としては出さず
「燃やすごみ」として出してください。


感熱発泡紙(点字などに使用する加熱すると盛り上がる紙)

汚れた紙
銀紙内側がアルミ貼りの紙パック
裏カーボン紙捺染紙(アイロンプリント紙など)
カップ麺の紙製容器ヨーグルト・アイスクリームの紙製容器
洗剤の紙製容器石けんの個別包装紙

段ボール

折りたたんでひもでしばってください。

※アルミでコーティングされたものやワックス加工されたものは「燃やすごみ」
※粘着テープは取り除いて「燃やすごみ」

紙パック

・水洗いして切り開き、乾燥させてください。
・大きさをそろえてひもでしばってください。

※内側がアルミ貼りのものは「燃やすごみ」

 

○関連情報

古紙のリサイクル