- トップメニュー|検索

横浜市資源循環局

  1. ホーム
  2. 市民の方へ
  3. 分別収集について
  4. 分別収集の推進事業

○分別収集した資源物のリサイクル

横浜市が分別収集した資源物がどのようにリサイクルされたかを紹介します。一部の品目は資料化の流れを映像で確認できます。

品目 概要 品目 概要
プラスチック製容器包装 プラスチック原料として利用されたほか、アンモニアなどの化学原料などに再生されました。 燃えないごみ グラスウールや金属原料などに再生利用されました。
缶 アルミ缶や建築資材などに再生利用されました。 スプレー缶 アルミ缶や建築資材などに再生利用されました。
びん ビンの材料や路盤材などに再生利用されました。 乾電池 亜鉛、鉄など金属原料として再生利用されました。
ペットボトル ペットボトルや繊維製品などに製品化されました。 古紙 新聞、ダンボールなど、紙質ごとの製紙材料として再生利用されました。
小さな金属類 建築資材などの製鉄原料として再生利用されました。 古布 中古衣料として再使用されたほか、フェルトなどに再生利用されました。
粗大ごみ 建築資材などの製鉄原料として再生利用されました。

○関連情報

 分別収集リサイクル事業者一覧 (PDF:125KB)PDF

 分別収集品目資源化処理実績 (PDF:112KB)PDF

 分別ビデオ映像配信

 「紙」と「プラ」の分別徹底にご協力ください

 ミーオとイーオの分別ワンポイント