- トップメニュー|検索

横浜市資源循環局

  1. ホーム
  2. 事業者の方へ
  3. 産業廃棄物
  4. リサイクル法

自動車リサイクル法について

  平成17年1月1日から「使用済自動車等の再資源化に関する法律」(通称:自動車リサイクル法)が本格施行されました。これに伴い、自動車ユーザーの皆様や自動車を取り扱う事業者の皆様には、様々な義務が生じてきます。


1 自動車ユーザーの皆様へ

 新車購入時などにリサイクル料金預託の義務が生じます。その後、中古車(下取りなど)として売った場合には車両価値金額とは別にリサイクル料金が、相手から受け取れます。
 廃車される場合には、引取業の登録をした業者 に使用済自動車(廃車)をお引き渡しください。


2 横浜市内の自動車関係事業者の皆様へ

 使用済自動車を扱う場合には、その業務内容によって、市長への登録又は許可を得る必要があります。なお、使用済自動車から再利用部品などの取り外しを行うためには、個人で行う場合においても解体業の許可を受けることが必要となります。また、並行輸入業者、中古車輸出業者の皆様は、下段の「4 自動車リサイクル関連ページへのリンク」より自動車リサイクルシステムのページをご参照ください。

(1) 登録・許可など申請手続きについて
   業種ごとに市長への登録、又は事前協議後に許可を得ていただきます。その後「自動車リサイクルシステム」への事業者登録を経て、業を行うことが可能になります。
   業の登録・許可の手引きと、申請書など様式等(Microsoft Word形式 又は PDFファイル形式)のダウンロードは、対象業種をクリックしてください。

業  種 業  務  概  要
引取業 登録制(5年ごと更新)
廃車とする旨の依頼を受けた引取業者は、その自動車のリサイクル料金の預託を確認し、ユーザーから「使用済自動車」として引き取り、引き取りをしたことの証明書をユーザーに交付します。
フロン類及びエアバッグの装備状況を確認して自動車リサイクルシステムにその情報を報告し、フロン類回収業者又は解体業者へ引き渡します。その後、解体された事実をユーザーへ通知します。
フロン類回収業 登録制(5年ごと更新)
エアコンなどからフロン類を回収し、自動車メーカーに引き渡し、使用済自動車を解体業者へ引き渡します。
※使用中の自動車用エアコンからの冷媒フロン類回収に関しては、「第二種特定製品が搭載されている自動車の整備の際のフロン類の回収及び運搬に関する基準を定める省令」に基づいた適切な取扱いをお願いします。この場合、フロン回収業の申請は不要です。
解体業 許可制(5年ごと更新)
タイヤ、バッテリーなどを回収し、再資源化又は適正処理をします。エアバッグ類を取り外し自動車メーカーへ引き渡します。
破砕業 許可制(5年ごと更新)
プレス、剪断などを実施し金属類を回収し、シュレッダーダストを自動車メーカー等へ引き渡します。

(2) 登録、許可などの担当窓口へのご案内
   登録には、必要な書類を整えて直接窓口にお越しのうえ申請してください。なお、手続きには規定の手数料を納付していただきます。
   許可の場合は事前協議を行いますので、申請をお考えの方は、まず、電話にてご連絡ください。

   【受付窓口】                              
    資源循環局 事業系対策部 産業廃棄物対策課 自動車リサイクル担当      
    横浜市中区住吉町1−13 松村ビル8階
    電話 045(671)4090   FAX 045(651)6805
    ご来庁される場合(地図はこちらです)(PDFファイル32KB)

   
【受付時間】
    月曜日から金曜日まで(祝日・年末年始を除く)
          10:00〜12:00、13:00〜16:30


 3 登録・許可業者名簿(平成29年7月24日現在)

   既に横浜市の登録又は許可を取得した事業者の名簿です。

   ● 引取業者(PDFファイル 486KB)    ● フロン類回収業者(PDFファイル 163KB)

   ● 解体業者(PDFファイル 126KB)    ● 破砕業者(PDFファイル 101KB)


 4 自動車リサイクル関連ページへのリンク

 
         自動車リサイクルシステム

         環境省                          

         自動車再資源化協力機構

         (財)自動車リサイクル促進センター (英語による説明あり)         

         用途地域確認(横浜市都市計画地図情報)